人生は、クリエイティブ・ディレクション:50代からの「おしゃれの学校」

プロフィール

山田 ミユキ miyuqui yamada(撮影:枠谷結也)

クリエイティブ・ディレクター(広報)/イメージコンサルタント
※グラフィックデザイン、撮影、ライティング、ファッションスタイリングに関わる仕事とそのコンサルティングやセミナーを開催しています。

1960年、兵庫県西宮市出身。

文化服装学院スタイリスト・ファッションコーディネーターコース修了(通信教育部 年間優秀賞/学院長賞受賞)。
大阪デザイナー専門学校グラフィックデザイン学科卒。

スタイリングを担当したクライアントのコンテスト勝率8割、「セミナー講師、服装」検索日本一。

子どもの頃から、おしゃれが大好き。じつはいじめられっ子で人間の友だちはできず、母のファッション雑誌とバービー人形が最初の友だちでした。
学生時代は教科書よりファッション雑誌を読む時間のほうが長く、ファッション広告やファッションカタログをつくりたくて、広告クリエイターに。

スライド07

化粧品、ファッション、流通業界のクライアントを多く手がけ、さまざまなパンフレットや機関誌・広報誌の編集やアパレルのVMD戦略にも関わりました。2,500人以上(うち約1,000人は海外有名ミュージシャンや日本の芸能人、文化人、一流企業の経営者を含む著名人)に取材し、記事を寄稿。プレゼン回数も数百回超。

’92年、日本上陸間もないパーソナルカラーを学び、’92〜95年、外資系化粧品メーカーのイベントチームでワークショップの企画、運営、実施を担当。全国2,000名以上の女性にアドバイスを行ないました。

2014年よりフリーランス。現在は、某外郭団体で広報の仕事のかたわら、自身のプレゼン、講師経験を活かして、イメージコンサルタント、広報・編集物のデザイン、ライティングから撮影をおこなっています。講師として、ファッションブランディング、メイク、フリーランスの広報発信にかかわるセミナーも開催しています。

学生時代は陸上と演劇と美術部をかけもち。ダンス(バレエ、ジャズなどおもに洋舞)が趣味でしたが最近はすっかり遠ざかっています。白鳥の湖ははるか遠く、駝鳥の沼…というか。なんとかせんといかん。

【趣味】
・読書:かつては2万冊の本を所蔵、自宅は「しまうま御殿または新大阪図書館(笑)」と呼ばれる。転居の際、大半を処分し、現在は書庫を借りています。アート・写真集など厚くて重い本が多いのが悩み。好きな作家は円城塔とトマス・ピンチョン、サラ・パレツキー。座右の一冊は『風姿花伝』。
・ダンス(バレエ・ジャズ)、映画・ステージ鑑賞、音楽は洋楽ロックで、1969年の“スルー・ザ・パスト・ダークリー”以来、ローリング・ストーンズ(とくにキース)のファン。

【セミナー実績】
・大阪旬報店会様
・株式会社ツヴァイ様
・サンミュージックアカデミー大阪校様
・一般社団法人日本パーソナルブランド協会様
・ラピスアカデミー様
・伊勢丹新宿店様
・千葉そごう様


【カバーデザイン実績】

  

お問合せはこちらから

特定商取引表示
プライバシーポリシー