スキルを掛け合わせて自分をメディアに

【No.25】Take five.– 5分休憩

 

Take five 5分休憩

ジャズが好きな人なら、“Take Five”というと、デイブ・ブルーベック・カルテットの名曲を思い出すはず。
この曲が5拍子(正確には4分の5拍子でじつに演奏者泣かせ)であることと、「5分待って」をかけた粋なネーミング。

JUJUさんが歌う“Take Five”。
アール・デコを意識してか、途中でオスカー・シュレンマーのトリアディック・バレエのシーンが挿入されます。

 

ミュージシャンやダンサーが登場する映画やドラマで、リーダーや演出家が「ちょっと休憩しよう」というときに、“Let’s take five.”などと言っています。
昨日も、トニー賞の授賞式のオープニングナンバーで、司会のジェームズ・コーデンが“Everyone,Take five.”と言ってましたよね。
ライブなのに!
つーか授賞式の最中だから!

ということで、明日はオープニングナンバーを取り上げます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください