スキルを掛け合わせて自分をメディアに

【No.4】Pleasure to meet you. –お目にかかれて、うれしいです。

Pleasure to meet you. お目にかかれて、うれしいです。

「はじめまして」というと“Nice to meet you.”が一般的ですが、もっと丁寧で、目上のかたやビジネスでも使えます。
ロックの歌詞もラフなのばっかりじゃありません。
返すときは、“Pleasure to meet you, too.”と“too”をつけます。

動画はローリング・ストーンズの『悪魔を憐れむ歌(Sympathy for the devil)』。
このフレーズはサビの冒頭で出てきます。
何度も出てくるので聞き耳を立ててみて。
悪魔が慇懃無礼に自己紹介する感じ、伝わってます?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください