なりたい“あなた”をプロデュースする、やまだみゆきです。

 

先日、高槻商工会議所に遠征して、河合さんのビジネスプレゼン講座を受講してきました。

 

画像は高槻商工会議所主催の「ビジネスプレゼン力向上セミナー」のチラシのメインビジュアル部分。全体はこちらでご覧になれます。

 

講師はMicrosoft MVP for Power Pointを2011年より連続受賞されている、河合浩之さん。

セミナー冒頭の自己紹介パワポがこちら。

 

今回は、豪華3回連続講座。

第1回9/15【頭づくり編】中小企業に必要な顧客視点

第2回9/27【紙資料編】企画書・チラシ制作の極意

第3回10/11【スライドプレゼン編】プレゼン表現のテクニック

 

hwst2136

 

セミナー講師やプレゼンターにとって、パワーポイントやキーノートといったスライドは、欠かせないツールになりました。

 

わたしがこうしたスライド資料制作ソフトを使うようになったのは、2005年頃だったと記憶しています。

AppleのiWORK’05にバンドルされていた、キーノート2.0あたりから。

クライアントとデータをやりとりする関係からパワーポイント中心になりましたが……

じつは最初はスライドよりも紙資料をメインに作ってたんですよね。

 

パワポを使ったプレゼンには文字だらけで辟易するのがありますが、あれは紙資料(企画書)の延長でスライドを作ってしまうからじゃないでしょうか。

 

パワポの概念を変える—表現

一方で。

こちらはいかがでしょう。

 

 

これみんなパワポですからっ!(なんでわたしが偉そうに。笑)

 

キレイ!

動く!

音が出る!

キラキラ光る!

 

これ、すごく大事です。

でも、ほんとうに大事なのは“そこ”じゃない。

なんのための見映えか。

それは、「ほんとうに伝えたい大事なことを伝わりやすくするため」ですよね。

 

だって、

キレイ!

動く!

音が出る!

キラキラ光る!

と、プレゼンを興味を持って見て、聞いてもらえますよね。

伝えたいことに合った適切な仕掛けで、伝えたいことの“真意”が心に残ります。

 

プレゼンで、セミナーで、いちばんに決めるのは「なにを伝えるか」

そこが決まれば、あとはどんなふうに

キレイにするか。

動かすか。

音を出すか。

キラキラ光らせるか。

を考えればいい。

 

伝えることを決めたら、見せかたが決まるというのは、たとえばこんなこと。

画像は使わないで、「文字」だけでおもしろさを伝えられないか(これもセミナーで紹介されましたね)。

 

 

河合さんはほんとうに出し惜しみされない方で、セミナーが終わると使用したパワーポイント資料を“ごっそり”渡してくださいます。

素材集も「これでもか」というくらいのてんこ盛り。

たとえば、さっきの自己紹介も、この本にメイキングが。

 

デモ映像の作例はこの本に!

 

 

「こんなのレベルが高すぎる!

わたしが知りたいのは写真の背景を消す方法なの!」

という方には、こちらの本がお役立ち。

やりたいことで引ける超実用本。

わたしがセミコンに出場した頃に新刊で出て、使い倒した1冊。

河合さんがつくられたパワーポイントを分解し(個人的に“解体ショー”と呼んでいる)、アレンジして自分のスライドに転用したり流用したりしてきました。

ちなみにどんなふうに解体すればいいかは、これらの著書を読めばわかります。

 

それまで自己流でパワポを使っていたわたしが、教えられるくらいパワポを使えるようになたのは、間違いなく河合さんとその著書のおかげ。

河合さんの家の方向に足を向けて寝られません。

いつかお礼のかわりに「河合さん全著書レビュー」をやってみたいと思います(迷惑だったりして)。

 

img_8137

 

パワポの概念を変える—ポインタ

パワポの操作にはレーザーポインタが使われます。

いま、河合さんが使われてるのはこちら。

コクヨのフィンガープレゼンター『黒曜石』です。

ふつうのポインタを使っていると、動きが制限されちゃうんですね。

これだと指につけられるので、両手がフリーになります。

購入はぜひ、わたしのアフィリエイトリンクから(笑)。

 

わたしも使っていたのですが、セミナー前に指につけたまま待機していたら、どこかでぶつけたのか(記憶にない)、パーツが外れて壊してしまいました。

当日は予備のポインタを使ったのですが(講師は必ず予備を用意しておきましょう)、次はこれを使ってみようと思います。

 

neyya(ネイヤ)のスマートリングです。

これも河合さんが以前facebookで紹介されてたのですよね。

イメージコンサルタントなので、デザイン重視です。

現在、海外から到着待ち。

これも届いたらレビューしますね。

 

バンドの概念を変える—宣伝

ということで、ここからが本題なのですけど……

 

その河合さんと縁あってバンドをやってます。

世界で唯一のビンゴバンド、アンチョビーズ!

この日、いっしょにセミナーを観に行ったマスカケさん(写真右端)もいっしょ。

わたしはいるだけですけど……

 

 

10月2日、大阪城野外音楽堂で開催される、秋の大運動会に出ます!

 

観に来てね♪

 

では、本日もアドバンストな一日を。