人はなぜ真冬になるとダウンベストに袖を通さなくなるのか

人はなぜ真冬になるとダウンベストに袖を通さなくなるのか


IMG_8717

 

パーソナルスタイリストのシェリーさんがダウンベストを真冬にも使うにはをテーマにエントリしていらしたので、相乗りしてみる。

 

「うわっ、めっちゃ寒っ!」って日はダウンコートだけど。

「うわ、寒ぅ~」くらいの日ならダウンベスト+レザーとかウールのコートやマントとか。

クローゼットの中でそこそこの容積を占めているダウンベスト。

真冬もそれなりに働いていただかなくては。

しかも外は寒くても、屋内は空調が効いていて暑い、なんてこともあります。

脱ぎ着して調整できるようにしておくのは、着こなしというより一種の健康対策なのかも。

 

ジャージ的なものはあまり着ませんが、トレーニングやダンスのレッスンには当然着ます。

というか、その格好にいろいろ重ねます。

スタジオに着いたらパパパッと脱いでスタンバイOKな感じ。

合理的でしょ(→めんどくさがり、とも言う)。

 

ダウンベストをライダースの上に着る 

さて、そんな感じでパンツonパンツ+ライダースとダウンベストです。

左はダウンベストをオンにした場合。

 

ダウンベストはインにすることも考えて、最初から薄手のものを選んだほうがいい。

そして少しショート丈がおすすめ。

スカートにも合わせやすいからです。

 

トップスはできるだけコンパクトにして、バランスよく見せましょう。

ダウンベストをインにしたほうが体感的にはあったかいのですが、着ぶくれしないように薄手のものを選んでください。

 

ダウンベストをライダースの中に着る

右はダウンベストをインにした場合。 

じつは某所の売場企画で昨年秋に提案したスタイルだったりします、メンズだけど。

ちなみにライダースジャケットはメンズのS。

レディスのSより肩幅があって袖丈が長いので、わたしの体型にぴったりでした。

 

本格的なミリタリーものなら、メンズのサープラス(軍の放出品)が狙い目。

関西なら神戸高架下、東京なら中野ブロードウェイには、女性ひとりでも入りやすいお店が揃ってます。

 

さて、シェリーさんがパールのネックレスを合わせたように。

ユニセックスな着こなしのときは、必ずどこかに女らしさを感じる小物を合わせたい。

 

ハードなアウターにフェミニンなワンポイント。

わたしはTOPSHOPの大きな変形フープピアスを使いました。

 

ダウンベストは大勢の人が持っている定番アイテムのひとつ。

定番アイテムはいじり甲斐があるので、「まさかこうは着ないよね」みたいな重ね着も試してみると、意外とイケたりします。

 

まだまだ寒い日が続きます。

ダウンベストをいろいろ活用してみてくださいね。 

 

*シェリーさんのブログはこちら

 

 

スタイリングのコツカテゴリの最新記事