【高等科】ファッションのプロになりたい方に

1/21ページ
  • 2017.02.12

やりたいことがありすぎて、なに屋かわからないあなたへ

同じくらい超レアな人なのに、メダリストになるよりも、3つの分野でそれぞれ「100人に1人」になるほうが、はるかに難易度は低い。3つの分野にそれぞれ1万時間ずつ、時間と労力をかけさえすればいいのですから。 —藤原和博(『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』より)   “おしゃれの学校”のやまだみゆきです。   「やりたいことがたくさんあって、なんの専門家なのか言い切れない」 […]

パーソナル・スタイリストの条件

  “おしゃれの学校”のやまだみゆきです。 パーソナル・スタイリストをめざすかたに、適性について聞かれることがあります。   よくいわれるのは、ファッションに関する豊富な知識と経験とか、得意分野があるとか。 キホン、接客業なのでコミュニケーション能力が高いとか。 ビジネススキルがないと、「なる」ことはできるけど「つづける」ことはできないとか。 そしてつづけるためには、ファッショ […]

  • 2017.01.26

『シャーロック』考〜「人は見かけによらない」とは「自分の目は節穴」ということ

  “おしゃれの学校”のやまだみゆきです。   今年はシャーロック・ホームズ生誕130年なんだそうです。 で。海外ドラマでいまいちばんのお気に入りは『シャーロック』。     小学校の頃からホームズがだいすきでした。 デザイン学校の進級制作は、「シャーロッキアンのための会報誌」なんていうめちゃめちゃニッチなテーマでした。 洋服には情報がつまっている シャーロックのなにがすごいかというと観察眼と洞察 […]

【高等科】お客さまは誰ですか~ターゲットを絞る、またはペルソナ設定について~

  “おしゃれの学校”のやまだみゆきです。   ファッション起業のためのビジネス講座で、受講生のみなさんがつまずきやすいところに共通点があることがわかりました。 そのひとつが、いわゆる“ペルソナ設定”です。 単に“ターゲット”と言うこともあります。   ペルソナ(ターゲット)設定は、検索のため ここがすごく大ざっぱなんです。 「性別」「年代」「未既婚」くらいの属性は上がるけれど、その先がつづかない […]

【高等科】アパレル経験がないパーソナルスタイリストは、コレを読んでおきなさい

“おしゃれの学校”のやまだみゆきです。 きょうは質問にお答えします。 パーソナルスタイリストをめざすひとから、よく聞かれる質問のベスト5くらいに入るのがこれ。   「アパレル販売経験がないんですけど、大丈夫ですか」   わたしもありません。 「なる」「ならない」に関してだけ言うと、すごくカンタンで、「パーソナルスタイリスト」と名乗った瞬間になれます(笑)。   難しい […]

1 21