アート

1/3ページ

『池田重子コレクション 日本のおしゃれ展−最終章』

きものは豪華でなくても優雅であればいい。 立派でなくても洒落たものであればいい。 −池田 重子     日本一の着物コレクターとして知られる池田重子さん。 冒頭のことばは、和装に限らず、おしゃれ全般に通じます。     いまは、これさえ着ていれば誰でもおしゃれに見える服などありません。 これさえあれば一生モノという服もありません。 1着数十万のハイブランドな […]

『ポール・スミス展 HELLO MY NAME IS PAUL SMITH』

街は京都3大祭の祇園祭でにぎわっておりましたが。 こちらのブログは京都3ヶ所美術館巡りでございます。 最終回は『ポール・スミス展 HELLO MY NAME IS PAUL SMITH 』。     ポール・スミスといえば1998年に東京、神戸、福岡を巡回した企画展『Paul Smith True Brit』がありました。 わたしは神戸展に行きました。 会場は開館2年めを迎えた神戸ファッション美術 […]

『ダリ展』

天才になるには天才のフリをすればいい。 —サルバドール・ダリ     ダリの回顧展としては10年ぶりだそうです。 作品展数は約200点で、規模としては過去最大。   昨年、『マグリット展』をご紹介しました。 ダリもマグリットとおなじくシュルレアリスムを代表する画家のひとり。 作品より、ポスター画像のような独特の風貌がおなじみですよね。   ちなみに、上の写真、どちらか […]

『イラストレーター 安西水丸展』

  安西水丸さんに京都でイラストを習っていた頃のこと 安西水丸さんが亡くなって、もう2年なんですね。 きょうは単なる想い出話なので、あまり実のあるネタはありません。 “ファンから見たカリスマ”みたいな話です。   ちょっと自慢しますが(またかよ)、わたくし、水丸さんにイラストを習っていたことがあります。 正確には、水丸さんがメンバーだった「パレットクラブ」のイラスト教室に通っていたのです。   1 […]

  • 2016.06.24

『ル・テアトル・ディオール』

なりたい“あなた”をプロデュースする、やまだみゆきです。     阪急百貨店うめだ店で開催されている「ル・テアトル・ディオール」を観てきました。 「ディオール劇場」なんて、おしゃれ好きなら聞いただけでときめきますね。     会場は9つのブースにわかれ、それぞれには1/3サイズで再現された、メゾンを代表するドレスやスーツが飾られています。 その数、50数体。       “パリ”“大舞踏会”“ニュ […]

1 3