ウェル・エイジング

1/2ページ

自撮り写真の加工は、どこまでなら許されるか?

プロフィール写真は、パーソナル・ブランドを構築するうえで、とても重要です。 必ずプロに撮ってもらうようにおすすめします。 そのために衣装をどう選ぶか、ブランディングをどうするかについては、ご相談を承っています。   プロフィール写真は、企業でいえば「ロゴマーク」のようなもの。 いわばオフィシャルな“あなた印”です。 一方で、日頃、SNSやブログにアップするあなたの写真は、もっとパーソナルなもの。 […]

「キレイ」と「イタい」の境目は、どこにあるの?

お客さまからいただく、いろいろな質問のなかに、こういうのがあります。   「若く見せたいけれど、『痛い』とは言われたくありません。 『キレイ』と『イタい』の境目はどこにあるんでしょうか」   失礼ながら、おもしろい質問だと思いました。 「言われたくない」ということは、誰かに言われることを心配してるわけですよね。 いったい誰に言われたくないんでしょう。     質問にお答えする前に、「痛い」の意味を […]

  • 2015.07.26

母の手に、できてしまったシミをなかったことにしてみた

母親はどれだけ年をとっても、
中年になった子どもたちのなかに進歩の兆候を見いだそうとする。
—フロリダ・スコット・マクスウェル     =information=8月7日(金)に第3回ファッション・ランチョンを開催します。くわしくはこちら。お申し込みはこちらからどうぞ。     おはようございます。アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。   […]

  • 2015.06.30

「若づくり」「イタい」と言われたくないあなたに

所詮ファッションは目の錯覚と思い込みの自己満足—地曳 いく子(『服を買うなら、捨てなさい』より)   =information=7月10日(金)、11日(土)に第2回ファッション・ランチョンを開催します。くわしくはこちら。お申し込みはこちらからどうぞ。       こんにちは。ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®のやまだみゆきです。 &nb […]

  • 2015.05.28

“おしゃれなリーディンググラス”とそれ以外の老眼対策

ええ、これは老眼鏡よ。でも恥ずかしくなんかないわ。わたしとヤリたがる若いセクシーな男の子だっているし、とびっきりのいい女だもの。—サマンサ・ジョーンズ(“SEX and the CITY” S6 ep12『運命の人を求めて』より拙訳)         こんにちは。ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®のやまだみゆきです。   見栄をはるわけで […]