【美容科】ファッションとしてのメイク考

1/3ページ

第32回セミコン大阪—撮影用の講師メイクに必要なこと

“なりたい自分”をプロデュースする、やまだみゆきです。   10月1日、第32回セミコン大阪にオフィシャルサポーターとして参加しました。 100名満席。 ご来場いただいたオブザーバーのみなさま、ありがとうございました。   出場者のみなさま、おつかれさまでした。 今回は発表のレベルが高く、テーマがバラエティに富み、とても見応えのある大会でした。 オブザーバーのみなさまにも、お楽 […]

自撮り写真の加工は、どこまでなら許されるか?

プロフィール写真は、パーソナル・ブランドを構築するうえで、とても重要です。 必ずプロに撮ってもらうようにおすすめします。 そのために衣装をどう選ぶか、ブランディングをどうするかについては、ご相談を承っています。   プロフィール写真は、企業でいえば「ロゴマーク」のようなもの。 いわばオフィシャルな“あなた印”です。 一方で、日頃、SNSやブログにアップするあなたの写真は、もっとパーソナルなもの。 […]

「キレイ」と「イタい」の境目は、どこにあるの?

お客さまからいただく、いろいろな質問のなかに、こういうのがあります。   「若く見せたいけれど、『痛い』とは言われたくありません。 『キレイ』と『イタい』の境目はどこにあるんでしょうか」   失礼ながら、おもしろい質問だと思いました。 「言われたくない」ということは、誰かに言われることを心配してるわけですよね。 いったい誰に言われたくないんでしょう。     質問にお答えする前に、「痛い」の意味を […]

  • 2016.03.10

今年の花粉症対策―生活、美容のお助けアイテム 

全国1,500万の花粉症同志のみなさん、お元気ですか。 毎年恒例のシーズンがやってまいりました。 この季節はメイクどころではないですが、いや、だからこそ優秀なアイテムを使って、うまく乗り切りたいものですよね。 最近はお助けアイテムがたくさんあります。 ざっと並べてみましょうか。 まずはその前に・・・   その1 心がまえ:「完治」を期待せず、予防と体質改善で症状を「軽く」 いわゆる花粉症 […]

  • 2016.02.11

ビューティの仕上げは、白い歯!

20年くらい前に「芸能人は歯が命」っていう歯磨き粉のCMがありましたよね。 “一般人”にも、歯の美白が必要と気づかされた最初のできごとでした。     昭和世代は、歯が痛むと削る、抜く、で治療しました。 口の中には銀色の詰めもの。 これがすっごいコンプレックスなんですよ。 せめて被せものをしていない歯だけでも、芸能人なみとは思いませんが、くすみのない清潔感のある白さを保ちたいと […]

1 3