-info closet 3.0- presented by bolacha

デザイナーにセンスはいらないー「センス不要論」に要注意

コーディングの勉強のために、訓練校やオンラインスクールについて調べたり、資料を取り寄せたりしました。そのなかに「デザイナーにセンスはいらない」と書いてあるものをいくつか見かけたので反論します。

「センス不要論」は、受講生に不誠実

直接、書いた人にクレームをつけようかと思ったのですが、そういう問題ではないと気づきました。

というのは、同様のノリで「ファッションセンスがなくてもスタイリストになれる」「文才や文章のセンスがなくてもライターになれる」「センスがなくてもフォトグラファーになれる」といったランディングページやブログを次々と見つけてしまったからです。

どうやら「××のセンスがなくても○○になれる」というコピーの型が流行っているのでしょう。

こんなふうに断言してハードルを下げ、受講生を集めたり、サービスを売ったりする人に憤りを感じます。受講生やお客さまに対して誠実ではないからです。


センスが重要でないのは初心者だから

ものは試しで google検索したら「デザイナー、センス、不要」で 17,400,000件ヒットしました。せん・ななひゃく・よんじゅうまん!!

ちなみに「デザイナー、センス、必要」だと 4,640,000件。

ひと桁違いますね。
世の中、デザイナーはセンス不要であってほしい人のほうが多いということでしょうか。


センスが必要かどうかが気になるのは、デザイナーを職業として意識しているからだと思います。憧れたり、興味はあっても自分には無理そうと諦めていた人にとって「センス不要」は、チャンスを感じさせてくれる魔法のフレーズです。

たしかに初心者のうちは、センスの有無は大きな問題にはなりません。実践と経験を積みながら磨いていけばいいからです。

ところがわたしが目にしたのは、こういう結論だったんですね。

・デザインはアートではないからセンスはいらない。

・デザインはルールを守り、型を真似ればできるからセンスはいらない。

・デザインは慣れや努力、根気があればできるからセンスはいらない。


いやいや、これが通用するのは、アシスタントや新人の頃だけ。もちろんそんなことは書かれていません。

プロとして続けていけばいくほど、デザインセンスを磨き続けなければならないと痛感します。40年近いクリエイター人生で圧倒的にセンスがいい同業者を前に、何度打ちひしがれたことか…。

それでも仕事が好きだから「もっと勉強しよう! もっとセンスを磨こう!」と気を引き締めてきました。

「いや、自分にはまったくセンスがなく、ルールを守って型を真似てるだけだけど、努力と根気だけでデザイナーをやって何年も稼いでいる」と言う人がいたら、デザイナーより稼ぎ方コンサルタントになるべきです。きっと稼ぐ「センス」は抜群でしょう。

そもそも「センス」とはなにか

クリエイティブディレクターの水野学氏は、「センス」を以下のように定義しています。

「数値化できない事象の良し悪しを判断し、最適化すること」
(『センスは知識からはじまる』より)


さまざまな知識を蓄積することで「ものごとを最適化する能力」は磨くことができます。そのため、センスは特別な人に備わった才能ではなく、誰もが等しく持っていると氏は説きます。

「デザイナーにセンスは必要ない」と断言する人は、この引用も否定するのでしょうか。


ルールに忠実にモデリング(型の真似)を繰り返せば、ある程度の力量は身につきます。
ただ、真似から脱することができなければ、型どおりのデザインしかできません。
型どおりのことしかできない人に、大きな案件の提案やディレクションはできません。

それで満足ならデザイナーではなく、モデラー(※)です。だとすれば、その人がやりたいのはデザインではなく、やはり金儲けでしょう。

誤解しないでほしいのですが、金儲けが悪いと言っているのではありません。金儲けならモデラーより費用対効果のいい方法があるのでは、と言いたいだけです。
なにしろクラウドソーシングにはモデラーが多数参入し、デザイン単価が下がる原因になっています。おなじことが先にライター界隈で起こっていたことはご存知ですか。



「センス」も「適性」も、結果論にすぎない

「センス」の必要性を気にする人がほんとうに知りたいのは、自分はその仕事に向いているか、ではないでしょうか。もっと言えば、その仕事で稼げるか、成功できるかどうか…。スクールだろうと独学だろうと、学ぶ以上、モノにならなければお金も時間もムダと考えるのでしょう。

正直なところ、向いているかどうかはやってみなければわかりません。やってみたいけど、センスに自信がなくて尻込みしているのなら、まずは学んでみればいいと思います。
お金が不安でも、いまは無料動画コンテンツも充実しています。いきなりプロをめざさなくても、SNSやブログでアピールすれば、応援してくれる友人が見つかるかもしれません。ココナラのようなマーケットを活用する方法もあります。

どんな職業であれ、「センス」より「適性」より重要なのは、本人の「やりたい気持ち」です。「センスがない」「向いていない」と忠告されてあきらめるくらいなら、やっても長続きしません。
一方、「なにがなんでもやってみたい!」人は、センスがあろうがなかろうが、つべこべ言わずに飛び込んできます。


長年、デザインに関わってきて、わたしよりはるかにセンスがいいのに、仕事をやめてしまった人もいます。センスは一生かかって磨き続けなければならないので、継続するには努力が必要です。その努力を楽しめない人は、センスはあっても適性はないのでしょう。

そういう人はデザイン以外のなにかに適性があると思います。たとえ短期間でも「本気で」デザインに取り組んだ経験を、それからの人生に活かすことができるはずです。


結局、「センス」も「適性」も現役の人に対して、周囲が納得する「理由」のような気がします。
まだ始める前の人が気にするのは、早すぎるのではないでしょうか。

センスは絶対に必要だが、すべてではない

デザイナーにセンスは絶対に必要です。
でも、センスがあればプロになれるわけではないし、センスだけでやっていける仕事ではありません。

とはいえ、センスがなくても学び続けることでセンスを磨き、向上させることはできます。
それはプロとして当然の努力です。また、その努力を一生かけて楽しみながら続けていけるなら、本業であれ、副業であれ、趣味であれ、デザインに関わることで人生を実りあるものにできるでしょう。


「デザイナーにセンスは必要ない」と言う人をわたしは信用しません。そう言う人は言葉どおり「センスがない」か「ウソを言っている」からです。
その人がもし講師だとしたら、学んでみたいですか。その人に学んだら、どんなデザイナーになると思いますか。

センスに自信がない人にもデザインに興味を持ってほしいとか、学ぶハードルを下げるためなら「デザインを学ぶのにセンスは必要ない」とか「センスは努力しだいで身につけられる」と書き直すべきです。それが受講生やお客さまに対する誠意です。


では、本日もアドバンストな1日を。



※モデラー:筆者による造語。3DCGソフトでキャラクターなどを立体的に作るCGデザイナーである3Dモデラーとは別。


参考記事:
「センス」という名の”呪縛”を”武器”に変えるには?
~クリエイティブ・ディレクター水野 学氏に聞く、ビジネスにおけるセンスとデザイン(Business Leaders Square Wisdom)
【水野学氏】センスは知識でできている(GLOBIS知見録 2017.01.23)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください