人生は、クリエイティブ・ディレクション:50代からの「おしゃれの学校」

大河の一滴〜『いだてん〜東京オリムピック噺』第42回 東京流れ者

大河ドラマ『いだてん』ブログをお送りしています。



選手村をなんとしてでも代々木にしたいまーちゃん。平沢さんが「安保闘争で悪化している日米関係は、代々木を返還することで改善できる」とライシャワー駐日大使に持ちかけ、了承は得るものの、立ち退き料は60億円。しかし、放送局を建てることでカラーテレビ特需を狙い、池田首相もついに首を縦に振る。金を出したら口も出す政府は、川島正次郎を初のオリンピック担当大臣に任命。まーちゃんの先行きに暗雲が漂う。なかなか盛り上がらない国民のオリンピック感情に火をつけるにはどうすればいいか、頭を抱えていたまーちゃんは、偶然見たテレビ寄席で「オリンピック噺」を演じていた五りんを広告塔にすることを思いつく。

この投稿をInstagramで見る

第42回「東京流れ者」ご覧いただきありがとうございます。 「米軍施設を返還するなら代々木でしょう。都心を返してこそのアピールです」 「お前ならやってくれると信じて託したんだよストップウォッチを」 「父がお世話になりました」 「オリンピックが来るまでに、私ぁ高座に上がれるかな」「大丈夫ですよ」 「…見つけたぞ岩ちん」 * #いだてん #東京流れ者 #田畑政治 #阿部サダヲ * #平沢和重 #星野源 #岩田幸彰 #松坂桃李 * #五りん #神木隆之介 * #古今亭志ん生 #ビートたけし

大河ドラマ「いだてん」(@nhk_idaten)がシェアした投稿 –


<あらすじ>
1961年。3年後のオリンピック開催に向け、開発が進む東京。田畑(阿部サダヲ)は、政府が埼玉県内で進める選手村建設計画を中止させ、競技場に近い都心部に場所を確保しようと奔走する。田畑の意を受けた平沢和重(星野 源)が、代々木の米軍基地を返還するようアメリカに訴えるが、それが大きな波紋を呼ぶ。政府によってオリンピック担当大臣に任命された大物政治家、川島正次郎(浅野忠信)が田畑に忍び寄る。(NHK公式サイトより)

ついに本筋と落語がつながる

クドカンのファンならわかっていたこととはいえ、この数回で、初回からの伏線がばんばん回収されています。小松勝が登場したあたりから、いずれ五りんと四三がつながることは予測できましたが、まーちゃんともつながるとは。

いや、クドカンのことだから「絶対つなげてくる」のは、わかってたはずなんです。ただ、どういう道筋で来るかがわからなかった。そうか、そうか、そうきたか。

五りんがオリンピックにこだわるのは、そこに自分のルーツを見るからです。満州で亡くなった父がオリンピックをめざしていたこと。母が金栗足袋の工場で女工をやっていたこと。祖母が当時の女性にしては珍しく、スポーツ好きだったこと。こういうことをりくちゃんから、あるいは祖父の増野さんから聞かされて育ったような気がします。

誰だって、自分のルーツは気になります。
「我々はどこから来たのか
我々は何者か 我々はどこへ行くのか」は、すべての人類にとって究極の問いですからね。ゴーギャンが描いたとおり。



「オリンピック」という手がかりによって、これから五りんがどこへ行くのか、見届けようじゃありませんか。

デザインというイノベーション

先週、「取り上げられたらいいなあ」と書いたピクトグラムは『いだてん紀行』で紹介されました。第2号ポスターも撮影風景が一瞬出てきました。

東京オリンピック第1号ポスターは、エンブレムをそのまま使用したものでした。その後、開催まで1年に1作ずつポスターが公開されます。ポスターは全部で4点あるのですが、毎年1作ずつ公開することで、大会への期待感を徐々に高めようとする意図がありました。

第3号ポスターは水泳、第4号ポスターは聖火ランナーが走る図柄で、これは『いだてん』のオープニングクレジットのシーンでも使われています。

ドラマではあまり触れられませんでしたが、このポスターはオリンピック史上、初めて写真を使用したポスターです。そう、1960年ローマ大会まで、オリンピックのポスターはすべて「絵」でした。しかも亀倉さんに言わせると「どれも絵描きさんがちょこちょこっと描いて作ったまずい絵ばかり」(野地秩嘉『TOKYOオリンピック物語』より)。

競技のリアルな迫力を伝えるには写真しかない。しかも大きく引き伸ばして耐えうるだけの「絵柄」は、スポーツ写真家には撮れないと亀倉さんは考えました。

もう十数年前になるが、私に東京オリンピックのポスター政策の依頼がきた。描写、表現は自由、ただしオリンピックそのものを、ずばりと表現することが条件だった。そこで私は陸上競技のスタートを主題にしようときめた。普通こういう場合はスポーツ写真家という人に依頼するものだが、私のカンでスポーツ写真の人ではポスターは作れないと判断した。私のねらいはスポーツ写真として優れていると同時に優れたポスター写真であるということである。ー亀倉雄策『美事な至言』(『早崎治広告写真術』収録)より


そこで亀倉さんが写真家として起用したのが広告写真家の早崎治さんでした。
じつはこの撮影に亀倉さんは立ち会っていません。現場に入ると、現場の苦労がわかってしまい、できあがった写真を冷酷な目で選ぶことができなくなるからです。

「撮影の前日、フォトディレクターの村越さんは一生懸命、スケッチを描いていました。亀倉先生はああやれ、こうやれと言うのだけれど、口で言っただけではカメラマンにイメージは伝わりません。それで、村越さん早崎カメラマンに渡して説明するための精密なスケッチを描いていたんです。村越さんは弟が銀座で画廊をやっていた人で、絵が上手でした。その人が何枚も何枚も下図を描いていたのを昨日のことのように覚えています」ー細谷巌(『東京オリンピックと「コカ・コーラ」第4回 あの「傑作ポスター」はいかにして生まれたか』より)


撮影場所は、神宮外苑の旧国立競技場国立競技場。まだ寒かった3月末日。
撮影に臨んだメンバーは、早崎さんとフォトディレクターに指名した村越襄さん、サブカメラマン3名、アシスタント1名、ストロボ会社のメカニック1名の計7名。

モデルは日本人陸上選手3名(うち1名は第16回メルボルン大会に出場した潮喬平選手)立川空軍基地に勤務する、元・陸上競技選手のアメリカ兵3名。

当時のカメラは連写ができないため、暗い背景で一瞬のダイナミックな動きを静止したかのように撮影することは、物理的、技術的、体力的にも困難を極めました。

「いったいどうやって撮ったんだ」と世界中が驚いた撮影方法は、この本にくわしいので、興味のある方はどうぞ。


誰もが一度見たら忘れられない迫力あるシーンですが、実際のところ、自然に「よーい、ドン!」で一斉にスタートして、あの映像にはなりません。現場では手前の選手の姿勢をわざと低く、奥側の選手はスタートラインより1メートル前方からフライング状態で走らせることで、奥行きのある構図をつくっていました。



何度も何度もやり直し、スタートの瞬間を30回以上繰り返したといわれています。
ドラマではわずか数秒のシーンですが、ストロボの設置とチェック、テストに5時間以上、撮影に3時間かかっています。


翌日、現像されたポジフィルムを見ると、どれも期待した「絵柄」になっておらず、早崎さんと村越さんは落胆して、再撮を覚悟したというエピソードが残っています。ふたりがセレクトした60枚のなかから、亀倉さんが選んだのが、この1枚でした。


1960年頃、日本においてデザイナーは「図案屋」と呼ばれ、デパートのポスターやチラシを作る人、くらいの認識しかありませんでした。いまでも、デザインのことを「装飾すること」くらいにしか考えていない人も少なくないかもしれません。

デザインとは「情報を整理して最適な視覚化をすること」です。デザインは問題解決のためのツールのひとつなんです。

1964年東京オリンピックのアートディレクターだった勝見勝さんやデザイナーの亀倉雄策さんが行ったのは、単にポスターやエンブレムの提案ではありません。大規模な公共事業を包括的にビジュアルコントロールすることで、一般社会に貢献できることを示しました。

たったひとつのエンブレムによって「日本で開催するオリンピック」であることを伝え、たった1枚のポスターによって「期待感」を醸成する。ピクトグラムによって、言語を超えたコミュニケーションを可能にする。そして、それらが統一されたコンセプトのものでコントロールされている。それによって関わる人々の意識を同じ方向に向けることができる。

それがデザインによる問題解決です。

「僕の功績はシンボルマークをデザインしたことではない。作ろうと提案したことだ」ー亀倉雄策(野地秩嘉『TOKYOオリンピック物語』)


いま、ロジカルなビジネス理論やマーケティングに疑問を感じた経営者の間で、デザイン思考を取り入れたり、アートを学ぶ人が増えています。コレクターとして名高いZOZOの前澤有友作社長、アートに造詣の深いファーストリテイリングの柳井正社長やストライプインターナショナルの石川康晴社長などの発想に注目が集まっています。あ、並べてみたら全員アパレルだった(笑)。

それは、理論だけでは市場が成長しないことに気づいた人たちが、改めて「感性」や「感覚」の大切さを見直したからではないかと思います。もちろん「デザイン」も「アート」も、万能ではありませんが、それらと「ロジック」や「マーケティング」のバランスが大事なんですよね。

こういう本も売れています。


こちらもおすすめ。



ところで、今回役名は出ていませんでしたが、早崎治さんを演じておられたのが細川洋平さんです。


早崎さんはおしゃれな方で、ドラマどおりの黒縁のメガネをかけたダンディなポートレートを見たことがあります(だからすぐわかった)。
1993年、60才のとき、取材中の不慮の事故で亡くなられました。後輩に慕われる親分肌で、いまも多くのお弟子さんが写真家として活躍しておられます。もっとも名前の知られている方に篠山紀信さんがいます。

「名もなき人」などいない

年末、やろうと思っていることがあります。それは録画しておいた『いだてん』の第1回を見直すこと。


クドカンは最初にたくさん球を投げておいて、最終的にはきれいに回収する名人ですから、今回の大河でももちろんその手法です。きっと初回では見落としたことがたくさんあったはずです。

それにしても初回から出ていたタクシーの運転手に名前があったとは。いや、角田晃広さんが演じていることは知っていましたよ、第6回も「タクシー運転手」でクレジットされてましたからね。

でも、「森西栄一」さんという実在した「聖火リレー踏査隊員」とは思いもしませんでした。

まあ、それを言うなら、twitterで森西さんの娘さんが「私の父です」と書き込みをされて、森西さんのその後の消息を知ることになるとも思いませんでした。


ちなみに、タクシーを運転する際に着用されていたネクタイは、ご遺族の方から提供された、森西栄一さんご自身のものだったそうです(※注1)。

この踏査隊、森西さんを含む6人だったそうで、役名はありませんが、ドラマにはちゃんと6名が登場していましたよね。

名もない人なんてほんとうはいない。誰もが名前も家族もある、その人だけの歴史をもったひとりです。一人ひとりは小さな一滴かもしれないけれど、多くの一滴が集まって大河となる。現代史を描く大河ドラマは、自分も歴史の「一滴」であることを考えさせてくれます。


今回のサブタイトル/東京流れ者

世界中どの地域にも作詞・作曲者不詳のままで、いまも歌い継がれている民謡が残っていることを考えると、音楽はもともと誰かが作った曲をみんなで歌ったり演奏することでひろがってきたカルチャーだということがわかります。1960年代のヒットソングにもそういうのがあって、西の横綱が『朝日のあたる家』で、東の横綱がこの『東京流れ者』だと、わたしは勝手に認定しています。まずは西の横綱『朝日のあたる家』↓。

『朝日のあたる家』は世界的にヒットしたアニマルズが有名ですが、ボブ・ディラン、ジョーン・バエズ、ウディ・ガスリー、ベンチャーズはじめ錚々たるミュージシャンが持ち歌にしています。浅川マキやちあきなおみは日本語に訳して歌っています。高田渡の曲名は『朝日楼』で、タイトル直訳(“The House of Rising Sun”)。

『東京流れ者』も、竹越ひろ子、渡哲也が同時期にヒットを飛ばしていますし、小林旭、梶芽衣子、藤圭子、西田佐知子などによって歌われています。

メロディは同じだけど、歌詞はバージョン違いが存在します。渡哲也は高月ことば作詞のテイチク盤と川内和子作詞のクラウン盤があり、松方弘樹はタイトル、歌詞の異なる『関東流れ者』を歌っています。

『朝日のあたる家』も、もともと女性視点の歌詞だったのが、ヒットしたアニマルズバージョンでは男性視点に変わっているなど、やはり歌詞のバリエーションがいくつかあるんですよね。そういうところも共通しています。

著作権がなかった時代、音楽はいまとは違うやり方でシェアされていたことは確かです。

デジタルの時代になって、著作権も音楽のシェアのしかたも変わってきています。これからも変わり続けるでしょう。


『東京流れ者』のヒットにともなって、1966年には映画化もされています。主演は渡哲也と松原智恵子。『東京流れ者』というと、映画の主題歌である川内和子の歌詞がおなじみかもしれません。

監督は、鈴木清順。耽美な映像で知られるだけに、いわゆるヤクザ映画であるにもかかわらず独自の映像美学の原点がすでに見受けられます。海外にもファンが多く、ダミアン・チャゼルの『ラ・ラ・ランド』やタランティーノの作品にも影響を与えているといわれています。


次回は『ヘルプ!』。
ビートルズのいない世界を描いた映画『イエスタディ』でも、主人公最大のピンチの場面で演奏するナンバーですが、次回はまーちゃん史上、最も難しい選択を迫られるアジア大会。二・二六事件のときは緒方社長がいたし、ベルリンまでは治五郎さんがいました(まあ、いまも“声と波動”でいるようなもんだけどさ)。でも、もう、まーちゃんを守る盾になる人はいないんですよね。この難局をまーちゃんがどう乗り切るのか。

ネタが尽きない『いだてん』、次回も楽しみです。


参考:
注1:<いだてん>タクシー運転手を演じた角田晃広が再び出演!「こんなにがっつりと戻れるとは思ってもいませんでした」(ザ・テレビジョン 2019.11.10)

オリンピック・メモリアル vol.2  1964年東京オリンピックポスター   国立競技場:三上孝道(日本オリンピック委員会)
東京オリンピックと「コカ・コーラ」第4回 あの「傑作ポスター」はいかにして生まれたか(コカコーラ株式会社 2018年8月7日)
デキる人がこぞって”趣味はアート”と言うワケ(BLOGOS 記事:PRESIDENT Online  2019年09月05日)
アートはユニクロの経営に生きるか? 柳井正が「才能」に投資する理由 (Forbes Japan 2019年3月14日)
世界の経営者たちはなぜ「アート」を学ぶのか 「直感力」を磨くことが仕事で重要になる根拠 ニール・ヒンディ (東洋経済オンライン 2018年11月21日)

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください