人生は、クリエイティブ・ディレクション:50代からの「おしゃれの学校」

イエベ/ブルベに決着 なかがわやすこ『もう迷わない! 38歳からのパーソナルカラー』

JPFCA代表理事であり、グラデーションカラースケール®️の考案者である、 なかがわやすこさんが初めての著書『もう迷わない!38歳からのパーソナルカラー』を出版されました。

この本は表題どおり38歳以上の女性向けに書かれた一般書ですが、ぜひともパーソナルカラーを生業にしている方、めざしている方、アパレルやブライダル、メイクなどの隣接業界に従事している方に読んでほしい。
一般の方であれば、パーソナルカラーに疑問や不満を抱いている方。

その疑問と不満を解消するのに、この本がきっとお役に立ちます。


パーソナルカラーの問題点

パーソナルカラーは、とてもユニークで実践的な色彩理論です。
でも、ちょっと「取扱注意」な部分があるんですね。

まじめにこのシステムに取り組んでいたら、必ずそこにぶち当たるでしょう。

もちろん、実用的な効果を研究し、注意しながら使いこなして、活用できていればいいんです。

でも、答えが出ないまま悶々としていたり、うまくアドバイスできなかったり。
あるいは、まだ「取扱注意」点にぶち当たっていないとしたら。

厳しいようですが、それは表面的にしか取り組んでないか、日本に上陸した8090年代の古いシステムのままで立ち止まっているということです。

それではあまりにもったいない。
パーソナルカラーならではのメリットもたくさんあるからです。


パーソナルカラーにはいくつかの流派がありますが、もっとも一般的でよく知られているのは、4シーズン法。



パーソナルカラーは、うまくタイプにあてはまる人には、このうえなく便利で効率的です。

一方、タイプにあてはまりにくい人には混乱をもたらすかもしれません。
とくにSUMMERとSPRING、SPRINGとWINTER などイエローベースとブルーベースが同じくらい似合う人をどう判断するか。

そうした「取扱注意」点やこれまで診断を受けた人の「悶々」を解決したのが、グラデーションカラースケール®️です。

 

パーソナルカラーの目的

流派はいろいろあれど、パーソナルカラーの目的は同じ。
「一人ひとりを輝かせる色を見つけ、その人をより魅力的にする」こと。

では「一人ひとりを輝かせる色」とは。
「誰もが持っている、その人が得意とする色域」のこと。


意図的に「似合う色」とか「イエローベース」とか「シーズン」とか、パーソナルカラーっぽい用語を使いませんでした。

そこにとらわれすぎているから躓くんです。

手段が目的になっていないか。
本質を取り違えていないか。

どんな仕事でもうまくいかないときはそうですね、自戒をこめて。

 

パーソナルカラーの原点を教えてくれる、グラデーションカラースケール®️

グラデーションカラースケール®️は、「パーソナルカラーっぽさ」にとらわれず、「誰もが持っている得意な色域」をお客さまにもわかりやすいように提示できるツールです。

グラデーションカラースケール®️は、その名の通り、色が段階的に変化していくことがわかる帯状の長い布。
140cmなので、一般的なドレープの3倍くらいの長さ。
その範囲の中で、自分の得意な「色域」がどこにあるかを、見てすぐに確認できます。


色は段階的に変化します。
AUTUMNの濃いサーモンピンクからWINTERのフューシャピンクの間には、無限の諧調があります。
色の専門家なら誰でも知っていることですが、従来のパーソナルカラーには、それがわかるツールがありませんでした。

そのため、お客さまが混乱する一因になっていました。

 

タイプわけはシンプルでわかりやすいし、占いのようなたのしさもあります。
でも、人の肌色の変化はもっと微妙で繊細なもの。

どんなにていねいに分析して細分化しても、分類する限り、必ずタイプとタイプの中間的な人がいて、迷子になる可能性があります。

でも、全体を表した大きな地図の中で「自分はここ!」という位置がわかれば、迷いませんよね。


グラデーションカラースケール®️は、パーソナルカラーを判定する色の4つの属性別に4種類(色相:イエローベースまたはブルーベースのアンダートーン、明度、彩度、清濁)計6枚。

それらの大きな地図のなかで、あなたの座標がそれぞれどこにあるかを示してくれます。
その座標の組み合わせが、あなただけの、あなたを活かす「色域」です。

 


本来、パーソナルカラーとは“パーソナル”なもの。
タイプは「あなた」という1タイプだけです。

そこがパーソナルカラーの原点であることを、グラデーションカラースケール®️は再確認させてくれます。

 

本のカバー裏が4種のスケールのうちのベースカラースケールになっています。

実物の約1/3ほどのお試し版なので、本を読んで大まかなところがわかったら、実際に診断してもらうことをおすすめします。

 

この本で1点残念なことは、ブックデザインそのものはステキだけど、書店に並んだとき、パーソナルカラーの類書と区別がつきにくいところ。

グラデーションカラースケール®️でデモンストレーションすれば、すぐにわかるんですけどね。
(写真は2017年のJPCAのファッションイベントで、デモンストレーションをする榊原杏奈さん)

 

もう一度学ぶべきか

どんな手法を使おうと、ベストカラー、ベターカラー、NGカラーを判断できたら、お客さまへのアドバイスは可能です。

パーソナルカラーの不完全さを補いながら、すでに自信をもってお客さまにアドバイスができているのであれば、再勉強するかどうかは本を読んでから検討されるとよいとおもいます。


ただし、これから学ぶ必要がある方は、グラデーションカラースケール一択です。

ベースになるアンダートーンを判断してから、ベストカラー、NGをカラー選ぶ際に、既存のドレープを使うので、結果的には4シーズンのトレーニングもできるはずです。

グラデーションカラースケールを学んでおいて間違いはありません。

 

念のため、わたしはJPFCAのインストラクターではないので、本診断はぜひ著者のなかがわやすこさんやインストラクターにご依頼ください(ロゴをクリックするとJPFCAのサイトに飛びます)。


この本の出版を機に、パーソナルカラーがさらにひろく、かつ有効活用されることを願ってやみません。

 

では、本日もアドバンストな1日を。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください