人生は、クリエイティブ・ディレクション:50代からの「おしゃれの学校」

ブログに問い合わせが入らなかった、こんな失敗

いまだから言いますが、フリーになって間もない頃、信じられない失敗をしたことがあります。

いまは入れていないのですが、問い合わせフォームに一時期、電話番号を入れていました。
お客さまから問い合わせをいただいて、書かれていたメールアドレスに返信したら、戻ってきちゃったんです。

で、これからは万一のために携帯電話の番号も書いてもらおうと思って、記入欄をつくりました。
お客さまに電話を書いていただくのだから、こちらも書いたほうがフェアだとおもって書いたのですが、なんとその番号が間違っていました。

そしてその間違いにわたしは約1年、気づきませんでした…。


いやー、電話入らないはずだわ。


たいていの問い合わせはメールでおこなっていたので、おそらく大丈夫だとおもうのですが…
ただ、もしかして間違って書いた番号に電話がジャンジャンかかってたら、申し訳なくて。
いや、むしろまったく間違い電話がかかってなかったら、すごいショックなんですけど…。

い、いちおう勇気を出して調べてみたら、その電話番号は使われていなかったので、ことなきを得たのですが。


ひとりビジネスとかフリーランスって、チェック機能が働きません。
なんでも自分でやらなきゃいけない。

自分でつくったもの、書いたものはあとで必ず読者目線、お客さま目線で見直せといわれます。
そう、見直したにも関わらず、気づかなかったのが問題なのですが。


こういううっかりミスは、本人の思い込みが邪魔して、そうそう防げるものではありません。
ただ、時間をおくとクールに見ることができます。
大事な更新や公開をしたら、翌日もう一度、落ち着いて見直すように習慣づけるようにしています。
家族や信頼できる友人に頼んで、見てもらうのもいいでしょう。


あと、音読したり、テストでスマホサイトをチェックするのも有効です。
スマホサイトは文字中心なので、文字校正に集中しやすいので。

それでもミスは完全になくなりませんが、以前より慎重になりました。
ブログネタもひとつできた(笑)。

わたしの失敗が誰かの転ばぬ先の杖になればさいわいです。

では、本日もアドバンストな1日を。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください