人生は、クリエイティブ・ディレクション:50代からの「おしゃれの学校」

今こそ全国民に問います、大河ドラマって何〜『いだてん〜東京オリムピック噺〜』第16回 ベルリンの壁

画像キャプチャ:NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』公式サイト

 

 

大河ドラマ『いだてん』ブログをお送りしています。

第16回、日本のプロアスリート第1号、金栗四三が始動。

スポンサーは婿入り先、住まいはコラボ先でもあるランニングシューズメーカーの2階。

絶好の条件のもとでベルリンをめざしますが…。

一方、破門された孝蔵は師匠の死を牢の中で知りますが、最悪の状況のなか、ついに噺家として覚醒します。

<あらすじ>

1914年、教員になる道を捨て、足袋の播磨屋に居候しながらプロフェッショナルのランナーとしてベルリンオリンピックを目指し始めた四三(中村勘九郎)。野口(永山絢斗)や徒歩部の後輩と共に、水しぶき走法など、より過酷な状況でも走り続ける修行に励む。そのころ、旅の師匠・小円朝(八十田勇一)に一座を追い出された孝蔵は、無銭飲食をして警察に逮捕される。獄中で偶然目にしたのは円喬(松尾スズキ)死去の記事。牢名主ろうなぬし(マキタスポーツ)に芸を見せろと挑発されながら、孝蔵は円喬に教わった噺をこん身の力で披露。師匠との悲しすぎる別れが、彼を噺家として奮い立たせる。四三が練習に打ち込む一方で、ヨーロッパでは第一次世界大戦の規模が拡大していた──。

NHK公式サイトより)

クドカンは伏線の名人ですが、師匠・円喬との駅での別れが、今回の伏線になっていたとは。

そのやりとりが『文七元結』のお金のやりとりのシーンと重なり、円喬が演じる『文七元結』と孝蔵のそれが重なる。

二重三重の重なりとその種明かし、なにより森山未來の鬼気迫る演技に唸った今回でありました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

大河ドラマ「いだてん」さん(@nhk_idaten)がシェアした投稿

さらに孝蔵の落語にシビアな評価をしたガキンチョ・“マーくん”が、のちの主役・田畑政治だったとは。

マーくんもカラダが弱くて水泳を始めたんですね。

四三もカラダを鍛えるために走り始めたわけで、ネガティブスタートだったことが主役二人に共通していたことがわかります。

いろいろなことが時空を超えて、人々をつないでいます。

その横糸はスポーツ(オリンピック)なんだけど、縦糸は時代なんですよね。

始まった当初から「話が行ったり来たりして、わかりにくい」「登場人物が多すぎる、しかもみんな地味」とか、いろいろ不服が聞こえてくる、今年の大河。
 
わたしのまわりではこのドラマを評価する人の方が多いんですが、いずれにせよ一致しているのは「大河らしくない」ということ。
 
 
「ねーねー、オカムラー。
なんで大河ドラマは、“大河”っていうのー?」
 
ということで、森田美由紀ならぬ山田ミユキは知っています。
 
「“大河小説”にあやかったから〜」でした!
 
わたくし、2012年に大河ドラマ50年特別展を運営したので、そのとき確認したのでございます。
で、大河小説とはなんぞや。
 

たいが‐しょうせつ〔‐セウセツ〕【大河小説】

一個人や一群の人々の生涯や歴史を、時代の流れとの関連のなかでとらえていこうとする壮大な長編小説。1920年代、フランスに始まる。ロマン=ロランが自作「ジャン=クリストフ」を大河にたとえたことに由来する。マルタン=デュ=ガールの「チボー家の人々」、デュアメルの「パスキエ家の記録」など。コトバンク、デジタル大辞泉より)
 
 
これのドラマ版というわけ。
NHKも最初からそう呼んでいたわけではなく、言い出しっぺは1964年1月5日付の読売新聞。
それが「うまいこと言う!」と一般の間でも定着して、NHKが公式に「大河ドラマ」と打ち出したのは1977年3月、シリーズ15周年記念番組オンエア時。
ここにも書いてるけど、ぜひ「NHKたぶんこうだったんじゃないか劇場TKG」で再現してほしい。
 
で、なにがいいたいかというと。
大河小説は必ず時代とセットになって描かれます。
その時代だからこそ、そういう物語がうまれ、人々はそう生きた、と。
感情移入しやすいので、わたしたちは“人”に注目してしまうけど、大河を読み解く鍵は“時代”にあるんですよね。
 
 
大河小説の由来となった小説『ジャン・クリストフ』は、3世代・約100人が登場。
作者のロマン・ロランはフランス人にもかかわらず、ドイツ人を主人公にしました。
それは、ロランが19世紀末から20世紀初頭にかけて、ドイツとフランスが普仏戦争や第一次世界大戦で敵対した時代を生きたことと無縁ではありません。
主人公の精神的な成長と封建主義から市民社会の台頭という転換期にあったヨーロッパ社会の成熟が重なって読めるのは、おそらくそのためでしょう。
 
 
来年が東京オリンピックなもので、サブタイトルに引っ張られていましたが、『いだてん』が描こうとしているのは、明治・大正・昭和へ続く近代日本史そのものではないか。
 
そういう視点でこのドラマを観ると、地味で名の知られていない人物だからこそ、時代の流れに翻弄される。
するとかえって時代の特性が際立つんじゃないの?
 
となると、「大河らしくない」どころか「大河そのもの」じゃん!
 
 
…てなことを発見した平成最後の日だったことよ。
まあ、作品全体が遠大な落語、つまり“噺”であることは、志ん生を登場させた時点でわかってましたが(なので、最終的にはどんなオチか、いまから楽しみなんだけど)。
視聴率はこれ以上、サゲないようにしてほしいものですが。
 
 
 

【今回のタイトル:ベルリンの壁】

 

建造物がタイトルになるのは、お江戸日本橋に続いて2回めですかね。

いまは壁画のアートギャラリーになっているそうなので、美術作品として考えれば『小便小僧』も含めて、3度目になります。

 

ベルリンの壁の代表的な作品といえば、これでしょう。

 

 

ロシアのアーティスト、ドミトリー・ヴルーベリの作品で『神よ、この死に至る愛の中で我を生き延びさせ給え』。

 

 

もとになったのは、1979年のドイツ民主共和国(旧東ドイツ)30周年の記念祝賀会で交わされた、旧ソ連のブレジネフ書記長との旧東ドイツのホーネッカー議長のキス。

社会主義国家では、首脳同士が特別な歓待の証として、頰ではなく口に接吻をすることは特殊なことではないそうです。

 

 

“兄弟愛の接吻”と呼ばれていて、“Bruderkuss”で検索すると、当時の報道写真が出てきます。

 

 

ちなみに2016年、米大統領選中に、プーチン大統領とトランプ候補(当時)のキスのグラフィティアートがリトアニアで描かれました。

それは、この作品のパロディなんですけど、リトアニア人の不安は的中しちゃったわけで。

 
そっちの画像は“Make Everything Great Again”で検索してみてください。
こういうアートがうまれる自由な時代と社会がつづくことを願わずにいられません。
 
 
いずれの国の人たるを問わず、苦しみ、闘い、ついには勝つべき、あらゆる自由なる魂に、捧ぐ。
ーロマン・ロラン『ジャン・クリストフ』第一巻より

ネタがつきない『いだてん』、来週もますます楽しみです!

では、本日もアドバンストな1日を。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください