わたしは日曜が嫌い。
誰も働かないから。
—ココ・シャネル

わたしは正月が嫌いです。
街が機能しないから。

好きなことを仕事にすると、仕事と遊びと休みの線引きが難しくなります。
仕事は半分遊びであり、遊んでいるときも仕事のネタ仕込みをしていたりします。

もちろん、遊んでるときに
「これを次の仕事に活かしてやる!」
なんて邪なことは考えません。

むしろ、100%遊びに集中しています。
100%遊びに集中するからこそ、気に入ったところは細部まで覚えてしまう
んでしょうね。

すると、誰かのスタイリングをすることになったとき、
映画『シャレード』でオードリーが着ていた、ジバンシィの赤のスーツのイメージ、
帽子と肘まである手袋が白で・・・とか。

 

aa813958c1fcc1d662a824e0b35d8243ffa71379.36.2.9.2

 

『巴里のアメリカ人』でレスリー・キャロンがストレッチしながら本を読んでたシーンで着てた、白い衿が超かわいいモノトーンパンツルック。
帽子とバレエシューズが現代にも通用するセンス。
黄色と黒のコントラストがかっこいい。

56164f39e5d62c856daa9025c0ba7bd5

みたいに脳内データベースから、google並に0.44秒で検索されるわけです。

緊張とリラックスがほどよくブレンドされているとき、ひとはもっとも集中できるといわれています。
これをアスリートはゾーン、パフォーマーやアーティストはフローと呼んだりします。
好きなことに夢中になってるときは、まさにフローでしょうね。


好きなことを仕事にできるだけで幸運です。
だから、休むことに無頓着になるのかもしれません。
はたらくことが遊びであり、はたらきながらアタマのどこかが、ときどき休んで(リラックスして)いるんでしょう。
〆切で時間的に追われているときは、さすがにストレスを感じますが・・・

ただ、執筆や創作がパソコンに向かうという動作を強いるようになって、10数年・・・
長時間、おなじ姿勢をつづけることは肉体的にさまざまな悪影響をもたらします。
その点だけは気をつけなければ。

 

Unsplash / Pixabay

 

今年やるべきことのトップに健康診断を入れなければなりません。
眼科と婦人科と歯科の定期検診も。
どんなしあわせも健康を無視して実現しません。

さて、明日からは平常営業に戻る方が多いのではないでしょうか。

では、本日もアドバンストな一日を。

2016年1月のファッション・ランチョン
1月26日(火)10:00〜12:00
会場:天満橋アワヒニ
会費:6,000円(税込)
軽食、スイーツ、ドリンクつき
※今回よりテキストを配布します。
※お誕生月の方にはプレゼントがあります。
お申し込みの際にお知らせください。
もちもの:スカーフ、ストール、お顔が写る大きさの鏡

お申し込みはこちらから。