人生は、クリエイティブ・ディレクション。

女性講師にえりなし(ノーカラー)ジャケットをおすすめする理由

神は細部に宿る。 (出典不詳)
  今回、お客さまにおすすめしたジャケットがたまたま、えりなしのVあき白のジャケットでした。 わたしは女性の講師やカウンセラーの方に、えりなしジャケットをよくおすすめします。 えりなしジャケットの最たるものといえば、シャネルジャケットですね。 シャネルジャケット誕生のドキュメンタリービデオがシャネルの公式サイトで試聴できます。 こちらから。   1950年代に登場以来、レディースファッションには欠かせないアイテムです。 ジャケットはもともとメンズのもの。 えりをなくし、仕立てやカッティングを極限まで削ぎ落すことで、活動的でありながら、女性らしさを感じさせるのが、えりなしジャケットのいいところ。 きちんとして見せたいけれど、あまり堅苦しくはしたくない。 女性らしさも印象づけたい、というときには、まず、えりなしジャケットをおすすめします。 えりなしでもVあきなのか、丸えりなのか、無地なのか、色ものなのか、素材感でも印象は変わります。 たとえば、先日の古谷さんと田中さんのジャケットも、一見よく似ていますが、ブランドも、デザインもシルエットも丈感も色も、もちろん素材も違います。  

左が田中さん、右が古谷さんに選んだもの。田中さんのはオフホワイト、ダブルカラー、カフスが折れるタイプ。フラップ(雨蓋)ポケットのついた凝ったデザイン。古谷さんのはピュアホワイトに近く、丈も短く、九分袖で細身のつくり。Vあきのとじの位置が低め。ポケットなしのシャープなデザインです。印象が違うでしょ?

もしふたりがお互いのジャケットを取り替えたら、古谷さんのコーディネートからはエッジーさがなくなり、田中さんのコーディネートはちょっと近寄りがたい雰囲気になるでしょう。 古谷さんのジャケットはシンプルでシャープなシルエット。 カッコいいタイプです。 田中さんのジャケットはもうすこしボディラインに沿っていて、えりあきや袖口などより女性らしさを感じます。 おふたりの“なりたい”個性の方向性の違いがジャケットの小さなディティールの違いにそのまま表れています。 逆に、バリバリのキャリアを印象づけたいなら、やはりテーラードジャケットです。 業界や業種によっては、えりなしでもカジュアルだといわれることもあるでしょう。 テーラードジャケットを持っておくにこしたことはありません。 テーラードも典型的なものから、すこしラフでカジュアルなものまで、いろいろなデザインのものが出ています。 もちろん、セミナーの形式やテーマ、講師自身のめざす方向によって、ジャケットを必ず着用するべきとは思いません。 ただ、1着で講師らしい雰囲気を醸し出すには、ジャケットほど便利なアイテムもありません。 まずは店頭で試着をしてみるところから、始めてみてくださいね。   では、本日もアドバンストな一日を。

4 COMMENTS

miyuqui yamada

さくらんぼさん
どういたしまして。

miyuqui yamada

成沢まつ枝さん
コメントありがとうございます。
そうですね。
ご自分の方向性に合うブランドを見つけるのは、いい方法です。
ただ、ひとつのブランドにもいろんな傾向がありますし、
ブランドも数年でデザイナーが変わることがあります。
まず、ご自分の方向性を明確にされることが最優先、最重要です。
古谷さんも田中さんもそこが明確でしたので、
どんな“アイテム”にすればいいか、すぐイメージできました。

さくらんぼ

ありがとうございます

成沢まつ枝

白ジャケットの
ご説明、わかりやすいです。

この違いは、ブランドの違いなら、自分の方向性の
ブランドを、見つければ、いいと言うことですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください