愛し合ってるかい。
—忌野 清志郎

 

k

 

こんにちは。
ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®の
やまだみゆきです。

 

 

某所にて東京在住の頃の
友人たちと再会。

 

 

一次会から二次会へ。

 

 

なかには2、3年ぶりのひとも。

 

いい仲間は、いつ会っても
昨日のつづきのように話せますね。

 

わたしたちはよく
「お変わりなく」とか
「変わらないですね」という表現を
いい意味で使います。

 

昔と変わらない=いつも元気。

 

昔と変わらない=いつまでも若い。

 

昔と変わらない=トラブルがない。

 

 

そういうニュアンスなんだと思います。

 

だけど、これだけ変化の激しい時代にあって、
昔と変わらないままというのは
後退じゃないのかな、という気もします。

 

あたりまえですが、
年齢を重ねるほどに健康上の問題は避けがたいわけで、
いつまでも健康を保っていられるとすれば、
相応の対策をしているからですよね。

 

あたりまえですが、
年齢を重ねるほどに社会的な重圧がのしかかり、
しがらみに絡みとられていくわけで、
順調であるとすれば、
それなりの忍耐とかなりの幸運のおかげですよね。

 

仲間どうしって、
そういうこといちいち確認しません。
だけど、顔を見ていると、なんとなくわかる。
きっと、みんなも自分を見て、そう思ってる。

 

 

みんなの健康と幸運を祈りながら。
本日も、アドバンストな一日を。