枯れた花の美しさは、
仄々(ほのぼの)としていて旅愁がある。
女の枯れたのも、
こんなに風情があるといいなと思う。
—林 芙美子(『生活』より)

 

 

 

こんにちは。
ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®の
やまだみゆきです。

 

 

わが家のささやかな贅沢というと、
部屋のどこかしらに花を飾っていることかもしれません。

 


 

昔から「花より団子」といいますが、
食事がカラダの栄養なら、
花はココロの栄養。
わたしにはどちらも欠かせないのです。

 

 

どちらかを選ばなければならないなら、
3食を2食にして、花を一束買うでしょう。

 

IMG_4178

 

つぼみから少しずつ開いていくプロセスも楽しいし、
咲き誇るさまを愛でるのもまた楽し。

 

 

枯れかけでも、しおれても、
朽ち果てても風情があって。

 

 

 

花は花として存在するすべての時間が
美しいことを教えてくれます。

 

 

 

ひともおなじ。
すべての瞬間が美しい。

 

 

 

 

いま準備中のサロンには、庭の紫陽花を。

 

 

 

 

HP、すこしずつ手を入れています。
トップ画面のサービスメニューに
お買い物同行を掲載しました。
あわせて、お申し込み・お問い合せ用のフォームも設置しました。

これまでクローズドで行なっていたコンサルティングも
近日中にスタートの予定です。

 

 

サロンでは季節の花とともに
お客さまをお迎えします。

 

 

では、本日もよい一日を。