イルサルトの末廣徳司さんから、『淀屋橋ウォーカー』をお送りいただきました。

自社メディアとして発刊されている『カッコイイオヤジ養成講座』の番外編です。

36号だそうです。

 

達筆な手書き文字を印刷したレターとともに、なっちゃんと池ちゃんが表紙に!

 

スライド5

 

いつもはイルサルトのオーダースーツをビシッと着こなした男性がメインですが、今号は2人の女性スタッフがイルサルト周辺の美味しいお店をご案内。

 

誌面で紹介されているパン屋さんの『パンデュース』は、なっちゃんこと植木菜摘さんもブログで紹介されています。

今度、お店に伺ったら帰りに寄ってみようかな。

個人的には『ゼー六』のアイスが懐かしかったです。

ぜひ、『淀屋橋ウォーカー』の続編をお願いします。

 

 

 

さて、すこし前に中之島周辺の近代建築をご紹介しましたが、イルサルトのある船場ビルディングも“大大阪時代”を象徴する名建築のひとつ。

外観はあっさりしているのですが、エントランスをくぐり抜けると・・・

 

スライド3

 

一転、明るいパティオ(中庭)に。

 

スライド2

 

このパティオを外廊下が囲み、テナントが配置されています。

パリのアパルトマンみたい。

 

 

淀屋橋ウォーカーには紹介されていませんでしたが、船場ビルディングの近くにある『五感』がお気に入り。

スイーツが有名ですが、季節の野菜キッシュが好きです。

こちらも大正時代に建築された旧報徳銀行が入っていた、新井ビル。

 

スライド1

 

もうちょっと暖かくなって花粉も落ち着いたら、カメラを持って散策に出かけたい。

 

スライド6

 

5月には安井武雄設計、あの大阪倶楽部に潜入予定。

わくわくするな〜♪

 

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。