3月4日、ついに発売になった、『あっ、モデルかな?と思ったら私だった』は、もうお読みになりましたか。

 

これまで写真うつりがよくなるとか、写真の撮られかたとか、今回話題になっているように第一印象をよくするとかいったことについて書かれた本はありました。

だけど、ここまでまるごと、モデルの見せかた&魅せかたについて書かれた本はありませんでした。

 

まさに、美しくなりたい女性の新しいバイブル!

 

大勢に読んでいただきたいな。

美しい女性が増えたら、きっと世のなかはもっと素敵になるはず。

月乃さんが、これまでの記事を紹介してくださいました。

新刊についてのインタビュー記事がUPされています♡

 

月乃さん、ありがとうございました。

ここまでのインタビューは、こちらから。

 

『あっ、モデルかな?と思ったら私だった』著者・豊川月乃さんに聞く(1)

『あっ、モデルかな?と思ったら私だった』著者・豊川月乃さんに聞く(2)

 

今回は、“人生を変える方法”を中心にうかがいました。

 

自分を変え、人生を変える

変化を恐れるのは人の常。それを乗り越えるから成長できる

—うまく変化しながら、きれいを更新してきたので、いまの月乃さんがあるわけですね。

月乃 変わるときにはいつも恐怖を感じますよ。

「先生なんだから怖くなんかないでしょう」と思われてるかもしれないけど、新しいことに挑戦するときやステージが上がる予感がするときは、すっごく怖いです。

それはきっと、これからも永遠につづくんだと思う。

その恐怖感とどう折り合いをつけて先に進むか—なんですよね。

だけど、怖いと感じるときは、自分が変わるチャンスでもあるんです。

ホメオスタシスといって、人間にはもともと心身ともに現状を維持しようとするはたらきがあるから、変化を恐れて当然なんです。

だったら、怖いときほどゴーサインだって、自分に言い聞かせて一歩を踏み出すわけですよ。

—怖いときこそゴー!ですか。それは勇気がいりそうですね。

月乃 わたしが尊敬してる先輩や先生方も、変化は怖いっておっしゃいますから。

きっと誰でも怖いし、一生怖いんですよ。

それを乗り越えるから、ご褒美としていい方向に変わったり、大きな飛躍ができるんでしょうね。

大きく飛躍するときほど、恐怖も大きいですし。

それにね、怖いと思っても、想像するほど怖いことは起こらないものなんです。

 

160309

 

「動きのテクニック」×「メンタル」=???

—そういえば、『心配事の9割は起こらない』っていう本がありましたね。

月乃 心配するのは、万一のために心の準備をしておきたいからだと思うんです。

だけど、起こってもいないネガティブなことにエネルギーを奪われて動けなくなるなんて、もったいないじゃないですか。

モデルのように人前に立つ人は、心の持ちかたが振舞いにすごく影響するんです。

ネガティブだったり、気持ちが下向きだったら、素敵に見せたくても伝わらないんですよ。

どうしてモデルに服を着せて歩かせるかわかります?

洋服を美しく見せるだけだったら、パーフェクトボディのマネキンに着せればいいんです。

でも、生きて、動いているモデルに着せるのは、その洋服を着た女性のライフスタイルを垣間見せたいからなんです。

「あんなふうにかろやかに歩く女性は、きっと仕事帰りにお花を買って、彼と待ち合わせて」・・・というストーリーを見る人に感じさせるから、「あのワンピースを着たら、わたしもそんな女性になれるかも!」ってなるんです。

それはマネキンにはできないことですよ。

 

モデル&ビューティースクール sen-se でのレッスン風景 写真提供:sen-se

 

—『sen-se』のレッスンで、最後に先生方がウォーキングのお手本を見せてくださいますよね。

ほんの数分ですけど、毎回いろんなストーリーを感じるんです。

もちろん、そう感じさせるようにウォーキングできる先生方がすごいんですけど、歩いている姿からどんなドラマを感じるかは生徒の感性の問題ですよね。

美しさを感じる力を磨くことができるのも『sen-se』のレッスンだなと思いました。

月乃 わたしがとても尊敬していて、ウォーキングを習った宮川真衣先生は、コートを着て歩くと、落ち葉を踏む音が聞こえるようでした。

若い頃は「あんなモデルになりたい!」と思って研鑽しましたね。

今回の本には、わたしが19歳でモデルになってから学んできた立ちかた、指先の使いかた、身体の軸の作りかたなど、知っておいて損はないテクニックをご紹介しています。

ひととおりマスターすれば、たくさんの人にきれいだと思ってもらえるようになるでしょう。

こうした「動きのテクニック」と「メンタル」のかけ算で、モデルの美しさが完成します。

いくらうまくターンやウォーキングができても、それだけでは足りない。

メンタル的なものが加わって初めて、キラキラ輝く存在になれるんです。

 

IMG_30032s

 

変わりたいなら、まず外見を変える

—メンタル的な部分については、これまでの本をお読みいただくとして(笑)。

月乃 そうですね(笑)。

身体と心はつながってるので、内面と外見、どちらも大事なんです。

ただ、どんなに内面がきれいでも外見を構っていなければ、他人には伝わらない。

第一印象は外見で決まりますから。

—内面が変わっても、他人にはわかりにくいですもんね。

ヘアスタイルとかファッションとか、外見が変わるとすぐわかりますが。

月乃 そうなんですよ。

「変わりたい!」と思うなら、手っ取り早いのはまず外見を変えることですね。

それでほめられて自信がついたら、ますますきれいになっていきます。

先に外見を変えると、それに引っぱられて内面も変わっていくんですね。

相乗効果が加速するんです。

 

ウォーキングのほか、撮影レッスンも。写真提供:sen-se

 

—『sen-se』がほかのモデルスクールと違うところは、どういう点ですか。

月乃 思い切ってちょっと大きなことを言わせてもらうなら、「モデルを育てているだけじゃなく、人生を変える学校」をめざしています。

レッスンでは動きのテクニックだけでなく、生きかたやライフスタイルをお伝えしてるつもりです。

自分のモデル経験を通してたくさんのモデルを見てきたせいですが、モデルとして売れっ子になればしあわせなのかというと、必ずしもそうだと言い切れない面があります。

一方で仕事はそこそこだけど、プライベートが充実してて、しあわせそうな子も・・・。

どっちがいいかと言うと、いちがいに言えないんですね。

それぞれの価値観の違いもあるので。

華やかな仕事だから、誤解されてることも多いですしね。

金遣い荒そうとか、恋愛関係が派手そうとか、夜遊びしてそうとか・・・

—モデルは早朝ロケも多いし、連日夜遊びしてたら美肌は維持できないんですけどね。

月乃 プライベートで苦労しているモデルは意外と多いですね。

わたしは後輩に女性としてもしあわせになってもらいたいんです、モデルとして成功するだけじゃなくて

だから『sen-se』は、レッスン以外にカウンセリングの時間をたくさんとってます。

一人ひとりがめざすモデルとしての目標としあわせに対する考えをすりあわせたうえで、どうすればいいかを一緒に考えていくんです。

 

 

わたしはモデルではないけれど、sen-seで月乃さんと出会えたおかげで、今回、貴重なお話をうかがうことができました。

 

=『あっ、モデルかな?と思ったら私だった』購入特典のおしらせ=

この本の内容で、実際の動きを見ていただきたい部分が映像特典になっています。

くわしくは、本のp190をご覧ください。

 

=豊川月乃さん出版記念セミナーのおしらせ=

■大阪
3/12 (土)
時間:10:10~11:50
料金:3240円
会場:大阪市立生涯学習センター 5階 第4研修室

■名古屋
3/20 (日)
時間:15:30~17:00
料金:3240円
会場:スタジオZOO

■東京
3/26 (土)
時間:11:15~13:00
料金:3240円
会場:アットビジネスセンター渋谷東口駅前 404号室

くわしい内容とお申し込みはこちらから。

 

次回は、最終回。

“著者”としての月乃さんをクローズアップします。

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。