スタイリングからクリエイティブまで、あなたの強みを“見える化”する、アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

セミコン当日、わたしには大事な役目がありました。

それは、グランプリの最後に流すエンディングムービーの編集です。

 

スライド33

 

エンディングムービーは、その日のできごとをスライドショーにしたもの。

セミコン出身のボビーさんが歌うセミコンの応援歌“誰もが輝く未来に”をバックに、出場者とコメンテーターのみなさんを紹介します。

 

1日のさまざまなシーンを振り返っていただくことで、そのとき感じたことを改めてかみしめていただく。

 

きょう、ここに集った一人ひとりが輝き、また人と社会を輝かせる存在になれるように、というメッセージをこめて、協会からオブザーバーの方へのプレゼント、という位置づけです。

立石剛代表理事からは、

「会場のみんなの気持ちをひとつにする」

というコンセプトをいただいて、準備を始めました。

 

スライド41

 

いま、セミコンは全国8都市で開催されています。

大阪ではこれまでたびたびエンディングムービーが上映されてきました。

東京、高松、広島でも何度かおこなわれたことがあるようです。

 

幸い好評でしたので、パワーポイントを使って、ストーリー性のあるミニムービーを作ってみたい方の参考にもなると思い、ノウハウを公開します。

大きくは以下の2点。

1)ショートムービーの「ストーリーのまとめかた」

2)短時間で作業するポイント

 

スライド42

 

プレゼンテーションやセミナー冒頭、締めに使うと、演出上ひじょうに効果的です。

また、披露宴などのセレモニーにも応用できます。

 

パワーポイントやキーノートといったプレゼンソフトは大きな可能性を持ったソフトです。

34年でざっと1,000回以上のプレゼンにかかわりました。

いまだに「さすが!」と唸るほど使いこなしている人は、残念ながら少ないのが現状です。

 

ダメなコンテンツがいいスライドでいいプレゼンになることはありません。

でも、いいコンテンツがダメなスライドでつまらないプレゼンになった例は山ほど見てきました。

 

スライドは、あなたの外見の延長です。

きょうから数回にわたって公開します。

参考にしていただければ幸いです。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。