02

パーソナルカラー分析やコンサルなどで、SPRINGやAUTUMNのお客さまから、「黒を着たいんです」とよく言われます。

一方、WINTERやSUMMERのお客さまからは、「ベージュを着たいんです」と…

黒やベージュでカシミアやファーのコートをお持ちだったりすると、おいそれと断捨離する気になれませんね、わかります。

 

パーソナルカラー理論だと、SPRINGやAUTUMNの色グループに黒はありません。

WINTERやSUMMERの色グループには、“典型的な”ベージュがありません。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%996

 

とはいえ黒やベージュは定番色として根強い人気があります。

また、ここ数シーズンはトレンチコートが人気ということもあり、WINTERのわたしも掟破りでベージュのコートを買ってしまいました。

黒のトレンチも持っているのですが、バーバリーに代表されるメンズライクなカッコよさは、由来である「塹壕」の土を感じるベージュならではの魅力です。

 

trench

 

着てみたいけど、パーソナルカラーがWINTERやSUMMERであることを理由に、ベージュのトレンチの購入を躊躇する方が何人かいらしたので、「苦手色を克服する」をテーマにエントリを2本書きました。

 

【中等科】苦手な色の克服法(1)〜WINTERの人

【中等科】苦手な色の克服法(2)〜SUMMERの人

 

わたしもカラー分析をおこなっているので、ほんとうによくこの質問を受けます↓。

 

「パーソナルカラー以外の色は、着てはいけないのでしょうか」

もちろんそんなことはありません。

これについても、以前、エントリを書いています。

 

似合わない色は、着ないほうがいいの?

 

今回は、ちょっと角度を変えて、自分のシーズンタイプ(色グループ)以外の色を着ていい理由について説明します。

この仕事をしていると必ず聞かれるので、ご自分なりの回答のしかたを考える参考にしてくださいね。

理由は3つあります。

 

好きな色をより素敵に着こなすために

ひとつは、人間は自由だからです。

誰だって好きな色を好きに着ていいんです。

とはいえ、好きな色が似合う色とは限らないのもまた事実

おなじ着るなら素敵に着こなしたい。

好きな色が似合う色でない場合は工夫して着ればいいだけです。

そのためにお客さまは、あなたのアドバイスを頼りにされているんです。

 

パーソナルカラーは提案のひとつ

もうひとつは、パーソナルカラー理論は、たくさんある色彩調和論のひとつに過ぎないからです。

パーソナルカラー理論にはあてはまらないけれど、美しい配色方法はたくさんあります。

パーソナルカラーがすべてではありません。

パーソナルカラーを理解したうえで、お客さまにとって、もっとも望ましい提案をおこなうのがプロの仕事です。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

 

限られた選択肢でも最大の効果

最後に身もフタもないけれど、現実的な事情です。

そもそもお店に並んでいる洋服は、パーソナルカラーが考慮されていません。

お店に並ぶのは、“売れる色”です。

たとえば、SUMMERの人に似合いやすいパステル系は春や初夏などの一時期以外は、なかなか出まわりません。

一方でニュートラルカラーと呼ばれる黒、白、茶、ネイビー、グレー、ベージュは、季節や年度を問わず、比較的入手しやすいですよね。

これらは流行にとらわれず、つねに需要があります。

 

それは、ニュートラルカラーはビジネスウェアの色でもあるからです。

ヴァイオレットやコーラルピンクは美しくて、SPRINGの人を魅力的に輝かせますが、個人事業主やフリーランスならともかく、この色のスーツやセットアップでキャリアアップできる業種は、とてもとても限られています。

 

store-1338629

 

似合う色を知っていても、お店で売られていなければ、あるもののなかから選ぶしかありません。

似合う色を選ぶのではなく、入手できる色を自分に似合うように着る必要があるわけです。

 

主役は色や理論ではなく、「着るひと」

90年代初頭、わたしが初めてパーソナルカラーについて学んだ頃、自分のシーズン(色グループ)ではない色の洋服を着て出席したら、服を着替えるように言う先生もいました。

理論に忠実なのは実践家として結構なことですが、幅広く深く色彩について学ぶと、「似合う色しか着てはいけない」という発想は、結果的にパーソナルカラーはもちろん、色彩の世界の豊かさ、すばらしさからお客さまを遠ざけてしまいます。

日本人はもともと生真面目な人が多いので、「それしか着てはいけない」と思い込んでしまわない、アドバイスの仕方が必要です。

 

markusspiske / Pixabay

 

とはいえ、カラー分析を受けるお客さまは「なにを着ればいいか」知りたいわけです。

 

パーソナルカラーは、色を選ぶ優先順位をつけるために活用していただきましょう。

主役はお客さま。

理論にあてはめるのはナンセンス!

わたしはお客さまに、このようにお伝えしています。

 

「どんな色も、あなたらしく着こなすために、パーソナルカラーを活用してくださいね」

 

…ではどんなふうに着ればいいか。

次回はパーソナルカラー理論をベースにしつつ、色グループにとらわれない配色を考えるコツについて説明します。

 

本日もアドバンストな一日を。

 

パーソナル型ファッションビジネスのプロ、またはなりたい人に、現在募集中のメニュー
(パーソナルスタイリスト、カラーアナリスト、イメージコンサルタント、ライフオーガナイザーなど)

※クリックすると当該ページに飛びます。
起業のノウハウを知りたい方にパーソナルコーディネーター®ビジネス認定講座

ブランディングやお困りごとの相談にスポットコンサル

Print

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。