Fotownetrza / Pixabay

 

あまり大きな声で宣伝してはいないのですが。

一般のお客さまだけでなく、イメージ・コンサルタントの方やパーソナル・スタイリストの方向けにプライベート・レッスンをおこなっています。

たとえば、一般の方向けのメニューがスタイリングレッスン。

母の日スペシャルも受付中です。

 

=スタイリング・レッスン「母の日キャンペーン」=

母の日、お母さまにスタイリングレッスンをプレゼントしませんか。

通常、パーソナルス・タイリングレッスン+ショッピングクルーズ
母の日スペシャル(48,600円→43,740円)10%OFF税込
・16タイプパーソナルカラー分析、体型分析、ファッションイメージ分析、リップカラーアドバイス(2時間30分)
・ミニトレンドセミナー(20分)
・ショッピングクルーズ(2時間)
・オリジナルアドバイスシート
・1ヶ月メール相談無制限
・30色カラーファン別売(3,240円)税込
・ランチ代自己負担

※お母さまにミニブーケのプレゼントつき
※お嬢さまのご同席も歓迎します。

お嬢さまもいっしょにレッスンを受講される場合
上記と同様の内容をお二人で
(レッスンおふたりで3時間 48,600円×2=97,200円→82,620円)15%OFF税込

開催日程:
4月24日(日)10:30〜
4月25日(月)10:30〜
4月29日(金・祝)10:30〜
4月30日(土)10:30〜
※上記以外の日程でご希望の方は、ご相談ください。
(母の日までに開催の場合、上記金額で承ります)
会場:STYLE&PLANサロン(お申し込みの方に個別でご案内)
※お客さまのご自宅に伺うことも可能です。ご相談ください(ショッピングクルーズを別日開催にする場合があります)。

お申し込み、お問い合せはこちらから

 

先日もプライベート・レッスンをおこないました。

一般の方からすれば、スタイリストやイメージ・コンサルタントは、ファッションの先生です。

とはいえ、先生にも悩みはあります。

 

教える立場になると、なかなか相談できないんですよね。

とくに実績がすくない頃は不安もいっぱい。

おなじ養成講座出身の同期生とは話もしやすいですが、おなじようなことで悩んでいたりします。

いっしょに「困ったね」と顔を見合わせて解散、ということが実際にあると聞きました。

困ったら、一度お声がけください。

 

Fishing

langll / Pixabay

 

魚の釣りかたを教えます。魚もちょっぴりさしあげます

さて、どんなことをお教えしているかというと。

お一人おひとりのお悩みに、ピンポイントでご回答しています。

 

たとえば、45~50歳くらいのお客さまに、メイクを教えたいイメージ・コンサルタントがいらっしゃいました。

このくらいの年代になると、女性雑誌などが紹介しているメイクが似合いにくくなります。

わたしは外資系化粧品会社時代に2,000人以上にメイクをしましたが、45歳以上になると、若い方とはお悩みがまったく違うんです。

 

「アイシャドウを入れると老ける」

「チークを入れたら頬がこける」

「ほうれい線でファンデーションがヨレる」

「シワにファンデがたまる

 

 

若い頃にはなかったお悩みに効く、具体的な方法をお教えしています。

それとともに「基本が通用しないときの考えかた」を伝えます。

 

また、スカーフ講座を開催する方には、アレンジのレッスンをおこない、配布用のオリジナル・テキストをPDFファイルでお渡ししています。

ここでもお伝えするのはアレンジ方法だけでなく、それを思いつく考えかたのヒントです。

考えかたがわかれば、自分で応用することができますよね。

 

“先生”と呼ばれる立場の方に必要なのは、その応用力です。

 

kaboompics / Pixabay

 

学びつづけることが教えるための唯一の資格

わたしの応用力は、広告・編集の撮影現場で身についたものです。

ファッションカタログやアパレルメーカーのポスターや広告制作に携わっていると、想定外が日常茶飯事。

届くはずのアクセサリーがない、商品が急に追加される、靴のサイズが間違ってる・・・

うろたえていては撮影できません。

 

わたしはディレクターとしてスタイリストさんに指示を出す立場でした。

臨機応変、電光石火で対応せざるをえなかったので、応用力が鍛えられたんだと思います。

 

先生のためのプライベート・レッスンは、予備校や私塾のようなものかもしれません。

講師のように教える立場の方は、学びつづけなければ、教えられません。

時代は変わっていくし、新しい技術や情報も増えていくからです。

 

教えるための引き出しを増やそうと、資格をとる方もすくなくありません。

もちろん必要な資格はとらなければなりませんが、学びつづける姿勢こそ講師に必要な資格です。

 

これからも共に学びつづけましょう。

 

IMG_3706

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

※パーソナル・スタイリストやイメージ・コンサルタント、カラーアナリストが資格を活かして、副業・起業するためのノウハウをお教えする、パーソナル・コーディネーター®認定講座は、こちらから。

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。