なりたい“あなた”をプロデュースする、やまだみゆきです。

 

高槻商工会議所主催、河合さんのビジネスプレゼン講座第2回のテーマは、パワポで制作する紙資料について。

第1回のレポートは、こちら。

パワポで魅せる!ビジネスプレゼン力向上セミナー、第1回に参加して

 

画像は高槻商工会議所主催の「ビジネスプレゼン力向上セミナー」のチラシのメインビジュアル部分。全体はこちらでご覧になれます。

 

河合浩之さんといえば、おなじみセミナー冒頭の自己紹介パワポがこちら。

YouTube Preview Image

 

3人組で3回皆勤をめざしてます!

左はSEO対策の専門家・ホームページテックのマスカケさんこと香西さん、右はAK CONNECTの流れ構築プロデューサー、岩本あきらさん。

 

 

ピントのあまい3ショットだけど、ま、いっか。

 

紙資料“も”、つくれるパワポ

パワーポイントは、すごく誤解されているソフトだという気がします。

世のなかには「パワポ的」なる刷り込みというか、既成概念のようなものがあって、文字ごっちゃり、みたいな。

 

ちょっと大げさですが、こんな感じ。

あと、ちっこい文字でいっぱいの表入りとかもありますよね。

 

以前も書いたと思うのですが、パワポにまつわる不幸の根源のひとつは、紙資料(企画書とか提案書とか)の作成ツールとしても使われていたことが原因ではないでしょうか。

セミナーで河合さんもおっしゃっていたように、プレゼンの際に配布資料をつくることがありますね。

そのとき、スライドと配布資料、両方つくるのめんどくさい!

だから、スライドをそのまま紙資料にしちゃえ、みたいな。

あるいは、紙資料をそのままスライドにしちゃえ、みたいな。

 

スライド:プレゼンやセミナーの進行をスムーズにして、聴衆のその場の理解を助ける。

配布資料:進行しているプレゼンやセミナーの補足として、

1)プレゼン、セミナー中に、ワークなどの書き込み用に使用する。

2)プレゼン、セミナー中には説明できない詳細なデータ、出典などの裏付けに使用して、信憑性・信頼性を高める。

3)プレゼン、セミナー後に、内容を振り返るために使用する。

 

スライドと紙資料は本来の目的が違うのに、プレゼンする側の都合でいっしょにしちゃうので、

「見にくく、読みにくく、プレゼンターの説明に集中できない伝わらないスライド」

あるいは

「ポイントがどこに書いてあるのかわかりにくくて枚数が多く、かさばる紙資料」

ができたりします。

 

今回のセミナーでは、スライドのノート部分とスライド画面をワードに書き出せる機能の紹介がありました。

そんな機能あるんだー!

8630b81f-2c1b-413f-b322-5b1cbdd675cc

 

ちなみにワタクシのMac版Office2011にはその機能、ありません。

Windows版Office2010にはすでに搭載されていた模様

…ちょっとムカつく(笑)。

 

ノートの部分には、プレゼンやセミナーのシナリオを書くのに使います。

ここの部分を編集すると、レジュメを簡単につくれるようになりますよね。

これは便利だわー。

 

パワーポイントに限らないのですが、長く使っていてもよく知らない機能があったりします。

知っていても使いこなせていないとか。

 

あれこれ悩むより、プロのコツを聞いて取り入れると早いです。

フォーマットとかテンプレートとか。

と、いうことで今回、ご紹介するテキストはこちら。

 

いつかステージでプレゼンしたい??

…かどうかはわかりませんが、今回、講師の河合さんと縁あってバンドをやってます。

プレゼンするかどうかはともかく、ステージで(なぜか)ビンゴやってます。

世界で唯一のビンゴバンド、アンチョビーズ!

ということで、アンチョビーズのfacebookページができました。

下のバナーをクリックすると飛びまーす。

 

anchovies750

 

10月2日、大阪城野外音楽堂で開催される秋の大運動会、出場時間も決まりました(15:10〜15:50)。

ビンゴの豪華景品揃えてお待ちしてます!

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。