手に入れたいものにふさわしい服装さえしていれば、人生でほしいものは、何でも手にすることができる。

—イディス・ヘッド

 

こんにちは。

アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

セミナー開始前に名刺交換・自己紹介禁止だったり、名探偵になったり、コピーライターになったり、覚えるより忘れるほうがノウハウの中心だったり、講師のイメージ同様、言行一致をめざしてフツーじゃない構成を考えました。

 

おかげさまでNPBでの「イメージアップ服装術」セミナー、無事終了しました。


ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

また開催にあたり全面的にお力添えいただいた協会理事長の立石剛先生、理事の戸田美紀さんにもお礼を申し上げます。

 

当日スタッフとしてご協力いただいたキャリアカウンセラーの山川かおるさん、webデザイナーの大石真也さん、ありがとうございました。

また、この連続セミナーのメンバーである伊藤薫さん、ターキー立松直文さんもありがとうございました。

一番バッターの重責を果たせて、安堵しています。

 

いただいたアンケートを拝見すると、予想どおり、服装のセミナーなのに、「おしゃれ」「着こなし」の話が出てこなくて、驚かれたようでした。

 

ご回答ありがとうございました。

 

服装のお困りごとの多くは、予算を除けば、「おしゃれ」「着こなし」など表面的な問題と捉えられがちです。

 

服装は内面と深くつながっています。

「自分は何者か」わかっていないと、いつまでたっても「今の気分」でしか服を選べません。

一般の方ならともかくセミナー講師のように「人前に立って話をする」、クリエイターのように「プレゼンで仕事を獲る」、あるいは「コンテストで勝ちたい」方なら、それでは不充分です。

 

お客さまに

「あなたから話を聞きたい」

「あなたから買いたい」

「いっしょに働きたい」

「賞を贈るにふさわしい」

と言われる装いであることが重要です。

 

そのためには、

1)あなた自身のメッセージを明確にする

2)届けたいお客さまに響く装いにする

必要があります。

 

 

この2点を掘り下げていくために、5つのワークを通して、「なりたい自分」にふさわしい服装を考えていただきました。

 

5つのワークは、わたしが実際にクライアントにヒアリングしながら、「なりたい自分」像を引き出しつつ、コーディネート提案をするステップを順序だてて分解したものです。

 

たしかにファッションや服装は、センスがあるほうが有利です。

センスがある方とは、ロジックを“感覚的に”理解できている方のことだからです。

逆に言えば、ロジックを理解できれば、そこそこセンスアップは可能です。

なぜなら色や形や素材ついての感覚や感情は、ある程度、人類に共通しているからです。

これを固有感情といいます。

 

たとえば、青を冷たく、赤を熱く感じるとか。

直線を男性的に、曲線を女性的に、シルクをソフトに、レザーをハードに感じる、といった具合に。

ですから、何かを伝えたければ、メッセージを“ヴィジュアル”に変換すればいいわけです。

このひと手間が、案外、ロジカル(論理的)な作業なんです。

 

 

ファッション・イメージとは、「色と形と素材」の印象の合わせ技。

自分のメッセージをファッションに翻訳する力があれば、ふさわしい服装をしたあなたがそこに立っているだけで、より多くの人に“瞬時にして”想いを伝えることができます。

これは、人前に立つ方にとって、大きなアドバンテージになります。

 

セミナーですべてをお伝えできたとは思っていません。

実際には肌色や骨格・体型の分析、さらに細かいヒアリングをして、ヘアメイク、ファッションアイテムも含め、総合的に判断していかなければコンサルはできません。

また、ファッション・イメージのサンプルとして典型的な例をあげました。

でも、ファッションの経験値が少ない方だと、店頭で販売されているたくさんの服から、ご自身にぴったりの1着を見分けるには、それなりのトレーニングが必要でしょう。

 

プレゼンの勝ち、コンテストの勝ちがゴールではないように、セミナーも開催して終わりではありません。

そして本当にたいせつなことはいつも「勝ち」の先にある目的です。

 

みなさんが結果を出せるように、ご要望のあった「フォローセミナー」やコンサルを一度受けた方の「復習会」なども考えていきたいと思います。

ブログでの発信も続けます。

コメントをいただければブログでもできる限りお答えするようにします。

みなさんのメッセージが服装でもっと伝わるように、わたし自身も進化していくつもりです。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。