なりたい「あなた」をプロデュースする、やまだみゆきです。

 

さて、基本的に人前に立つ方を意識しつつ、きょうも3人の方のために書いてみます。

 

1. ブログがなかなか続かない講師やコンサルの方

2. イマイチ言い切る勇気がない講師やコンサルの方

3. 人前に立つとき、オーラがほしい方

 

セミコンの翌日は、「NJEブログセミナー19期生・1周年おつかれさん会」です。

講師の裕さんこと板坂裕治郎さんは、先日のセミコンでコメンテーターを務められました。

 

撮影:かんばやしちあきさん

 

19期生にはセミコン出身者が多く、講師やコンサル、インストラクターも多い。

シェア会、懇親会でも自然とセミコンや講師としての心がまえ的な話題が出ました(そうでないのもかなり多かったけど)。

 

裕さんがブログセミナーで徹底して言うのは、次の3点。

 

Ⅰ. まいにち1年間書きつづけると人生が変わる

なぜ、まいにち更新なのか。

・確実に更新することが、お客さまへの信頼になる

・まいにち書きつづける同業者はすくないから差別化になる

・まいにち書くことでネタを探すようになり、それが仕事の幅を広げることになる

・記事が蓄積されて、集客ができるようになる、など・・・

 

ちなみにわたしの変化は、こんな感じ

 

裕さんのセミナーでは、おおむね半数の受講生が1年継続を達成するそうです。

ほぼまいにち継続派も加えれば、もっと多い。

19期生の達成率は約6割。

 

一般的なセミナー受講の場合、行動に移し、「変わる」レベルまでいくひとは4%くらいとか。

裕さんのセミナーでも昔はそうだったらしい。

だとすると、ミラクルの領域ですよね。

 

なんとか1年つづいたので卒業証書をいただきました。

手渡しなところが、体育会系で古風な裕さんっぽい。

読み上げたときは「冗談やろ」と思ってましたが、ホンマでした。笑。

 

わたしは書置き、時間戻しの常習犯。

最大の借金は12億ならぬ12日分。

これを1ヶ月ごしでチャラにしたことが。

しかも最近は3日に1回ペースの更新に。

でもブログはこれからもつづけるし、やることが明確になったので、まいにち更新は卒業させてもらいます。

 

スライド2

 

さて、継続できる理由はコミュニティ方式にあります。

 

NJEブログセミナー受講生は、各期生のコミュニティ(facebookの秘密のグループページ)があって、そこに投稿します。

同期生が読んでくれて、「いいね」やコメントがつく。

これが励みになるんですね。

日々のブログ更新のおかげで、お互いにコラボしたり、お客さまになったり・・・オンとオフを超えた交流がうまれます。

 

わたしも個人事業主ですが、ひとり事業とか弱小零細家内事業は、できることに限界があります。

そんなとき心強いのが仲間の存在です。

 

ブログセミナーはセミナーであると同時に、コミュニティなんですね。

裕さんいわく、コミュニティ方式を取り入れるようになってから、受講生の継続率が格段に上がったそうです。

なので、何度チャレンジしてもブログがつづかない方は、裕さんのセミナーを受講するといいですよ。

 

Ⅱ. 専門家として書く

なんでブログを書くかというと、もちろんお仕事につなげたいからですよね。

その場合、たいせつなのが「専門家としての視点」

 

仕事にしたいわけだから自分になにができるかを明確にしなければいけません。

あれもこれもできるでは、なにを頼んでいいかわからない。

だから◯◯のプロとして書く。

書く以上は言い切ります。

「受講生の人生を変える!」くらいの勢いで断定します。

 

ブログを書きはじめた頃は、ここがちょっと弱いひとが多いんだそうです。

もし間違ったらとか、批判されたらどうしようと怖いんですね。

 

でも、とにかく断定してみる。

まいにち書くうちに案外反論はすくないことがわかります(裕さんいわく「オマエらのブログなんか、たいして読まれとらんけん」)。

 

むしろ、思い切って書いたときのほうが反応がいい。

セミナー講師には「ほんとうに思っていることを話す」ことが求められますが、ブログもおなじです。

ほんとうに思っていることを書くんです。

 

コンサルをしていて気づいたカンタンなノウハウをひとつお教えします。

ご自分のブログを読み直して「思います」「思いました」が何ヶ所あるか数えてください。

もしあれば、それらを断定に換えましょう。

 

たとえば・・・

 

「〜だと思った」→「〜だった」

「大事だなと思いました」→「大事なんです」

「していきたいと思います」→「します」

「これでよいと思う」→「これでよい」「これです」

 

歯切れがいいでしょ。

「思います」では個人の感想の域を出ません。

専門家として言い切れるようになると、ことばに力があふれ、勢いをもちはじめます。

それが自信として伝わります。

存在感やオーラをつくっているのは、自信です。

 

ブログに「思う」と書いてしまう方は、お話ししていてもそうおっしゃることが多いんです。

自信がないから言い切れないのですが、言い切ることを繰り返すうちに自信がついてきます。

逆に、自信があっても昔からのクセで「思う」と言ってしまうと、頼りなげに伝わってしまいます。

まず、書きことばから「思う」をなくす習慣をつけましょう。 

 

ちなみに間違ったら潔く訂正すればいいんです。

それも専門家の矜持です。

 

Ⅲ. ただ書くのではなく“NJE理論”をベースにする

NJE理論というのが、このセミナーのキモ。

これだけはネタバレ禁止なので、どんなに検索しても出てきません。

 

なので、機会があればぜひ裕さんのブログセミナーを受講して、あなたも人生を変えてください(最近はアナウンスすると速攻で満席になるらしい)。

 

と、いうふうに結果を出した受講生が裕さんを宣伝するようになるんですよね。

それがまた裕さんのバリューアップになるわけです。

受講生が結果を出せば、コミュニティも盛り上がります。

裕さんのブログセミナー、小5塾の受講をとおして、いちばん学んだのはじつはココ!

 

というわけで、いま準備中の新講座はコミュニティ型です。

book広告olのコピー

 

NJEブログセミナー19期生お疲れさん会参加者(*1年達成)

※お疲れさん会について書かれた方は当該ブログをリンク

梅田妙さん(現在継続中)

勉強会ナビゲーター菜都実さん*

田中千鶴さん*

筒井千浪さん*

中田あいさん*

三好佐代子さん*

動画参加:秋田智紀さん*

 

ブログはこれからもつづけます。

では、本日もアドバンストな一日を。

 広告3ol

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。