“おしゃれの学校”のやまだみゆきです。

 

質問です。

 

いま、あなたがお使いの名刺ですが…

 

1. 渡すときにワクワクしますか。

2. 名刺にまつわる素敵なエピソードがありますか。

3. 世界にふたつとない、お気に入りのデザインですか。

 

「はい」と答えてくださったかたは、ここから先は読む必要ありません。

そうでなかったかたは、お耳を拝借。

 

交流会などで、ちょっと残念な名刺をいただくことがあります。

名刺は連絡先がわかればじゅうぶん、という考えなのかもしれませんが、とてももったいない。

起業家、個人事業主、フリーランスにとって名刺はもうひとつの“顔”。

ご本人に悪気はなく、「ただ気づいてないだけ」だと思うので、よけい残念なんです。

 

残念な名刺その1 手づくり感が惜しい

パワーポイントとプリンタがあれば、一般の方でも名刺を手づくりできます。

ただし、使いこなせないと見栄えよく仕上げるのは難しいのが実情ではないでしょうか。

そのうえ印刷がかすれていたり、紙がペラペラだったり、カッターで切り間違った跡が残っていたりすると、仕事のほうもアマチュアかなと思われてしまいます。

 

名刺は91×55mmの小さな面積ですが、いざデザインしようとすると、書体や色のセレクトから余白のバランス、レイアウトなど配慮すべきことがかなりあります。

すべて自分でなんとかしようとせずに、せめてキレイなテンプレートを使いましょう。

 

デザイン百貨店   www.creators-design.com

 

Zazzle名刺ストック www.zazzle.co.jp

 

とはいえ、無料テンプレート最大のデメリットは、誰かとかぶる危険性があることです。

テンプレート豊富なサイトでも、同業種や同業界だと選ぶデザインが似たり寄ったりに。

そして、同業者と同じデザインの名刺を交換することくらい、気まずいことはありませんよね。

 

もちろん起業初期や副業などで、ツールにお金をかけたくない気持ちはわかります。

準備段階を過ぎたら、ぜひ自分にふさわしいオリジナル名刺を持ちましょう。

 

残念な名刺その2 小さな文字が多すぎて読めない

名まえと電話番号だけという名刺も愛想なしですが、自分をアピールする情報がぎっしり入った名刺も残念です。

 

わたしは老眼より近視が強くて、文字が小さすぎると拡大鏡を使わないと読めません。

マルタン・マルジェラの拡大鏡はお気に入りですが、いつも持ち歩いているわけではないので。

 

 

自分が「伝えたい」想いもたいせつですが、ひとりよがりにならないようにしたいもの。

…自戒をこめて。

 

残念な名刺その3 個性的すぎる

印象に残らない名刺も困りますが、印象が強すぎる名刺も扱いに困ります。

たとえば、サイズが規格外で大きすぎるものや分厚いもの。

名刺フォルダに入りません(涙)。

 

adnovak / Pixabay

 

別に保管すると、かんじんなときに見つからなかったり…

保管するわたしにも責任があるのですが。

つくる前にちょっと考えてほしかったな、という気持ちは残ります。

 

ほかにも小冊子形式や組み立てると立体になるものなど、個性的な名刺はたしかにいただいてうれしいんです。

ただ、杞憂かもしれませんが、「あのひとの名刺、おもしろいよ!」という評判がたつと、名刺交換“だけ”を目的にやって来るひともいるのではないかと…

 

それでよければ構いませんが、とっておきたくなるのは「名刺」だけで、あなたの仕事に直接つながることがなければ、発想がちょっとズレているような…

 

名刺をプロに依頼するほんとうのメリットは、名刺ではない

昨年から、服装を含めた外見のトータルなイメージづくりの一環として、名刺デザインをおこなっています。

ブログのヘッダーがグリーンで、ご自身のスタイリングもグリーンのジャケットが定番なら、名刺もグリーンを基調にするべきです。

「服装はネイビー系」、「名刺はグリーン」、「ヘッダーはオレンジ」とそれぞれ単独で考えたら、バラバラの印象を与えます。

人の目にふれるもののヴィジュアルを統一すると、あなたの印象もブレなくなります。

とくにスタイリストやカラーリスト、イメージコンサルタントなど、外見にかかわる仕事をしているかたは、ツールにも気を配ってください。

 

プロに依頼するメリットは、単に「デザインがカッコよくてオリジナル」、「キャッチフレーズを考えてくれる」だけではありません。

 

プロフィール写真を撮影すると、自分の魅力やアピールポイントに気づくでしょう。

これまでなんとなく撮っていたSNSの写真が、明日から変わるかもしれません。

つまり発信力がアップするわけです。

 

ヘアメイクを整えてもらうと、メイクやお手入れのコツがわかります。

服装のアドバイスは、起業家としての印象づくりに役立ちます。

ファッション・ブランディングはわたしの専門。

名刺をつくる機会に、外見のブランディングもおこないましょう。

「外見」が決まると、「覚悟」が決まります。

 

また、名刺に入れる内容を整理する過程で、これからの仕事のありかたが明確になってくるでしょう。

プロといっしょに名刺をつくるのは、起業コンサルを受けることとほぼ同義。

これらが最大のメリットです。

 

 

さて、2月26日に、3人のプロが「開運名刺コラボ」をおこないます。

事業や進路に迷いがあるかたは、三九碧(さくら)さんのリーディングで決意が確かになるでしょう。

あなたの魅力を引き出すのは、青山智圭子さんの表情レッスンとポートレート。

ヘアメイクとスタイリングはわたしがお手伝いします。

 

名刺のデザインは8パターンからお選びください。

オリジナルデザインにカスタマイズします。

ちなみに名刺のフォーマットには、三九碧さんの“魔法陣”を使っています。

 

「予約困難なアーティストのコンサートのチケットが当選した」

「結婚できた」

「仕事の単価が上がった」

「仕事が忙しくなった」

「ほしかったものを、プレゼントされた」

 

…と、いわれる開運名刺です。

デザインは当日しか公開しません。

ぜひ確かめてくださいね。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

いま、募集中のメニューはこちら▼

■2017年2月26日/未来が叶うリーディング&写真で【新月の運気アップ&開運名刺コラボ】残席1
※コラボのお申込・お問い合せは、こちらから。

■ISCA スタイリングカウンセラー®入門講座+個別相談
パーソナルスタイリストになりたいかたに、仕事についてお伝えします。
 3月18日(金)講座 10:00〜12:00  個別相談 12:00 〜(マンツーマン60分、グループ90分)
・ 定 員:2名(1名より開催)
・ 受講料:16,200円(税込/入門講座受講料:5,400円、個別相談 10,800円 いずれも税込)
・会 場:SRYLE&PLANサロン(場所は個別におしらせします)※お申込はこちらから。

■随時開催/あなたの資格で自立できる、JPCAパーソナルコーディネーター®ビジネス認定講座

■ISCAスタイリング・グループレッスン+ショッピングクルーズ(グループショッピング)
3月12日(日)10:30〜13:00(ショッピングクルーズ付 〜16:30)
3月16日(木)10:30〜13:00(ショッピングクルーズ付 〜16:30)
・レッスン受講料:グループ(定員3名) 10,800円、パーソナル 32,400円(いずれも税込)
・ショッピングクルーズ料金:1,0800円(パーソナル対応の場合は、16,200円(いずれも税込)
※ショッピングクルーズを開催する場合はランチを挟みます。ランチ代は別途となります(自己負担)。
・レッスン会場:SRYLE&PLANサロン(場所は個別におしらせします)
・ショッピングクルーズ:ZARA梅田店(予定)

※出張レッスンにも対応いたします(交通費が加算されます)。
※グループレッスンは最低催行人数2名とし、人数に達しない場合は次回に繰り越しとなります。
※上記以外の日程をご希望の方は、お問い合わせください。

※スタイリングレッスンのお申込は、こちらから。

■ファッションブランディング・プチコンサル
・費 用:10,800円(60分/税込)

※同業者との差別化のため、ファッションでブランディングしたいかた
※セミコン、オーディションなどの勝負服のご相談(勝率8割以上)
※ヤマダミユキに会ってみたい方
※Skypeでも可能。※日程応相談。お申込はこちらから。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。