ファッションで「なりたい自分」を叶える、おしゃれの専門家。大人のおしゃれ迷子救済からパーソナル・スタイリスト起業支援まで。大阪・神戸、全国出張。

【おしゃれの学校通信】第9号 映画でセンスを磨く方法

夜分に失礼します。
まだ確定申告が終わっていない山田ミユキです、こんばんは。
 
 
映画はお好きですか。
わたしは大好きです。
 
 
映画はすばらしいおしゃれの教科書。
 
でも、タイトルを裏切るようですが、センスを磨こうと思ったり、仕事に活かそうとして映画を観たことはありません。
 
そういう下心はないんです。
映画を楽しんていたら、自然と映画と仲よくなれた。
 
 
そんな感じ。
 
 
映画と仲よくなるって、どういうことかというと。
 
たとえばなにか企画を考えているときに、以前観た映画のワンシーンやセリフがヒントになったりとか。
 
街を歩いている人のコーディネートを見て「あの映画の登場人物に似てる」とか。
 
帽子のかぶり方や小物の使い方を真似したりとか。
 
インテリアを真似したこともありました。
 
 
映画で観た世界をとても身近に感じながら生活しています。
そういう意味では、映画で生活のセンスを磨いてきたといえなくもありません。
 
 
どんな見方をしているかというと。
 
 
細部をよく観察します。
 
スクリーンに無駄なものはなにひとつありません。
すべて意味があります。
 
意味を考えながら観ています。
登場人物に感情移入しながら。
 
 
え、そんなことしてたら物語に集中できない?
 
 
そうそう。
映画というとネタバレを嫌う人がいますよね。
 
 
わたしはネタバレ大歓迎。
むしろ映画を観る前に、ある程度、内容を調べて出かけます。
でないと安心して観られません。
 
 
ネタバレが嫌いな人は、物語を純粋に楽しみたいんですよね。
だから先のことは知りたくない。
 
それも映画のひとつの楽しみ方です。
 
 
わたしにとってストーリーでドキドキすることは、あまり重要ではありません。
リアル人生が充分スリリングなので(笑)。
 
 
映画の世界観をまるごと楽しむには、あらすじを知っている方がより細部に集中できます。
そして細部にこめられたいろんな仕掛けを読み解いていくことが楽しいんです。
 
 
映画をより深く理解できるので。
 
 
いい映画は、観る前と後とでは、ものの考え方や価値観を変えてしまうことがあります。
もう観る前の自分には戻れない、みたいな。
 
 
そして、これからも前向きに生きていこうという気持ちにさせてくれます。
そういう気持ちになりたくて、また映画館に足を運ぶのかもしれません。
 
 
 
これから映画でセンスを磨いていきたいひとにおすすめの方法があります。
 
それは映画ログをつけること。
ブログを書いてるかたは、レビューをアップしてください。
 
 
いくつか書くうちに、自分なりの“映画観”みたいなものができてきます。
 
 
すると「あ、こういうことが好きだったんだ!」っていう発見があるんですよ!
 
世の中には山ほど映画がありますが、大好きな映画は限られます。
大好きな映画はその後、何度も見るはずです。
 
なぜならそこには自分の好きな世界が描かれているから、観ていて気持ちがいいんですよ。
 
映画を観るって、結局は自己投影であり自己発見なんです。
 
 
わたしは1985年の映画『ル・バル』を100回以上、観ています。
映画館にも12回足を運びました。
 
 
わたしは映像と音楽と衣装が美しい映画が好きです。
 
5月にまさに3拍子揃った『ファントム・スレッド』が公開されます。
日本版の予告編も出てるけど、オリジナルがあまりに美しいので。
 
 
 
タイトルデザインも秀逸。
全編絵画のようですね。
これまたわたしの大好きな凝り性の監督、ポール・トーマス・アンダーソンの作品です。
主人公はファッションデザイナー。
演じるダニエル・デイ・ルイスはこれが引退作といわれています。
 
衣装のマーク・ブリッジスはこの作品のために50着をデザインし、オスカーを受賞。
授賞式ではジェットスキーももらっちゃいましたー♡
 
 
 
5月末公開なので6月には久しぶりに映画お茶会をしようと思います。
どうかお楽しみに。
 
では、確定申告を仕上げます(あとちょっとなの)。
明日は朝イチで税務署いってきます!
 
 
【今週の1冊】
堀あいえ『スタイリッシュ・シネマとスケッチ・ノート』文化出版局
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4579211847/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4579211847&linkCode=as2&tag=infoclosetann-22&linkId=42a856cd61bf5f42783750f1e1eecc3b
 
映画のファッションと衣裳デザインにフォーカスしたレビューを集めた、ちょっとマニアックな1冊。
リストアップされている作品もとってもワタクシ好み♡
 
=========
 
【メルマガバックナンバー】
こちらからお読みください↓↓。
 
 
 
【募集中のメニュー】
 
■ISCAスタイリングパーソナルレッスン。
 
※スタイリングレッスン:10:30~13:00
※ランチ:13:00~14:00
(軽食をご用意します。実費をご負担ください)
※ショッピング同行レッスン(移動時間を除く)14:30~16:30
※上記以外の日程時間はご相談ください。
※スタイリングレッスンとショッピング同行レッスンを
別日に開催することも可能です。ご相談ください。
 
=========
 
【配信解除はこちらから】
(ワンクリック解除ではありません。ごめんなさい)
 
=========
 
お読みいただき、ありがとうございました。
ご意見、ご感想、ご要望などはこのメールにそのままご返信ください。
 
ではまた来週おめにかかりましょう。
アドバンストな1週間を。
 

 

**********************************************************



STYLE & PLAN

ヤマダミユキ

styleandplan@gmail.com
  • facebook
  • twitter
anchovies250

calendar

2018年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

archives

search

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

447人の購読者に加わりましょう

PAGETOP
Copyright © STYLE & PLAN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.