ファッションで「なりたい自分」を叶える、おしゃれの専門家。大人のおしゃれ迷子救済からパーソナル・スタイリスト起業支援まで。大阪・神戸、全国出張。

【おしゃれの学校通信】第8号 センスがよくなるレッドカーペットの見方

こんにちは、
「おしゃれの学校」の山田ミユキです。
 
メルマガも8号になりました。
 
3月4日、アカデミー賞授賞式が開催されました。
日本時間だと5日ですね。
 
ものすごく楽しみにしてたのに、あいにくの雨と風でライブ中継の電波がズタズタで音も映像もボロボロでした(大号泣)。
 
でも観ましたけど。
 
うちの地域って共同アンテナだったんですね。
それでCATVのチューナー経由で受信することに。
夜にはきれいな画像で観ることができました。
 
 
こんなのがあるかどうかわかりませんが、わたしはレッドカーペットオタクです。
授賞式も好きですが、ドレスを眺めるのが楽しい。
 
ドレスって、お洋服の最高峰だと思うんです。
とくにオートクチュールは着るアート作品。
 
きれいだと思うけど「自分には関係ない」「目の保養として楽しい」、それで終わってしまうともったいない。
 
レッドカーペットは「おしゃれのヒントの宝庫」です。
 
 
単に美しいドレスを見るだけなら、美術館に行けばいい。
オートクチュールのドレスは一般庶民には手が届きませんが、美術館には展示されているので。
 
でも、服は人が身につけて動いて初めて生命が吹き込まれます。
着る人も輝く。
 
レッドカーペットは、ファッションショーと違って、若くてやせたひとばかりが登場するわけではありません。
 
高齢のひともいれば、太ったひともいる。
平均的な日本人より小柄なひとも。
 
いろんな体型、外見のひとがいるんです。
でも、みんな素敵!
だからすごく勉強になるんですよ。
 
 
仕事柄、コレクションのレポートや動画はチェックしています。
すると、あのドレスを実際にはあんなふうに着るんだな、ということがわかります。
 
たとえば、ケイト・ボスワースのオスカー・アフターパーティの装い。
 
 
これはディオール・クチュール2017年春夏のドレス。
 
 
 
オリジナルのベルトがありません。
ケイトはショパールのジュエリーをつけてるので、もしかしたら提供されたのかもしれないですね。
それと彼女は身長165cmとアメリカ人としては中くらい(アメリカ女性の平均身長は163cm)。
背を高く見せるには、ポイントが上にあったほうがいいのも確か。
 
 
わたしはオリジナルのほうがいいと思うけど、ポイントは1ケ所でいいよね、と思ったりするわけです。
 
 
なぜこの色にしたの?
なぜこのデザインにしたの?
なぜこのジュエリーなの?
こうしたらもっとバランスがいいんじゃない?
この感覚をカジュアルな服装に取り入れるなら、どこをどうする?
 
 
そうやって考えながら見ることが、トレーニングになるんです。
大事なのは自分なりの“仮説”を立てること。
 
 
センスを磨くには「いいものを見ろ」といろんな人が言います。
どうせ見るなら最高峰がいい。
 
レッドカーペットは、ワーストドレッサーでさえ楽しませてくれるという意味では充分。
 
ただただ心から、おしゃれって楽しい!
ドレスアップって、なんて心をはずませてくれるんだろう!
 
 
そんな感じでレッドカーペットを眺めています。
 
オスカーでアワードシーズンは一区切りですが、5月はメットガラ!
夏にはカンヌやトニー賞、秋にはエミー賞もあります。
 
映画のプレミアにもレッドカーペットはありますので、まだまだお楽しみは続きます。
ブログでもご紹介していきますね。
 
また、ドレス選びの買物同行も行なっています。
ぜひお声がけください。
 
 
・今週の1冊
Red Carpet: Hollywood Fame and Fashion 著:Frank Trapper  
 
新刊の洋書。
長年レッドカーペットの最前列で撮影を行なっているカメラマン、フランク・トラッパーによる250点以上のレッドカーペットドレスの写真は壮観です。
レッドカーペットドレスの歴史はハリウッドの映画の歴史でもありますね。
 
 
=========
 
【メルマガバックナンバー】
こちらからお読みください↓↓。
 
 
 
【募集中のメニュー】
 
■ISCAスタイリングパーソナルレッスン。
 
※スタイリングレッスン:10:30~13:00
※ランチ:13:00~14:00
(軽食をご用意します。実費をご負担ください)
※ショッピング同行レッスン(移動時間を除く)14:30~16:30
※上記以外の日程時間はご相談ください。
※スタイリングレッスンとショッピング同行レッスンを
別日に開催することも可能です。ご相談ください。
 
=========
 
【配信解除はこちらから】
(ワンクリック解除ではありません。ごめんなさい)
 
=========
 
お読みいただき、ありがとうございました。
ご意見、ご感想、ご要望などはこのメールにそのままご返信ください。
 
ではまた来週おめにかかりましょう。
アドバンストな1週間を。
**********************************************************



STYLE & PLAN

ヤマダミユキ

styleandplan@gmail.com
  • facebook
  • twitter
anchovies250

calendar

2018年7月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

archives

search

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

447人の購読者に加わりましょう

PAGETOP
Copyright © STYLE & PLAN All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.