%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e9%9b%86

 

“おしゃれの学校”のやまだみゆきです。

さて、みなさんはどんな名刺を使ってますか。

 

わたしはビジュアルについてはワンストップサービスができるので、

[コンサル→スタイリング→ヘアメイク→撮影→名刺デザイン]

てなことも可能です。

 

ただし、

目的は「名刺をつくる」ことではありません。

「望む仕事をゲットする」

「なりたい自分になる」


そのツールとして有効活用するため
です。

なぜなら、名刺だけが「初対面の相手の懐にリーチできる唯一のツール」だから。

とはいえ、ほとんどは名刺交換をしたら、次に見るのは捨てるときだったりしませんか。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-13-17-05-06

 

「8(エイト)」という便利な名刺管理アプリがあります。

名刺交換したら、写真を撮ってこのアプリで管理するようになったので、すごくラクになりました。

だけど、撮影するとき、「誰だったかな」と思い出せないひとがいます。

それどころか「これはないよなー」なんて名刺だったりすると、仕事をお願いする気になれません

自分の分身である名刺に配慮できなければ、コミュニケーションにも配慮できないのではと不安になるからです。

 

記憶に残らなければ、永遠に連絡はこない

経験則ですが、経営者、個人事業主、フリーランスのファッションと名刺には共通点があります。

正統派ファッションの方の名刺は、オーソドックスなデザイン。

職業を推定できない個性的な服装のひとは、名刺も独特。

ぶっちゃけ服装がいい加減なひとは、名刺もいい加減です。

服装はイマイチだけど、名刺は一流企業の社長のよう

…なんてひとは今のところお目にかかったことがありません。

 

考えてみれば当然ですよね。

目立ちたくないひとは地味な服を好むし、持ち物も控えめな色やデザインを好みます。

ファッションやデザインの知識がないと、「無難で」と考えてしまう。 

でも、服装も名刺も、仕事に対する姿勢や想いを詰めこむことができる最強販促ツール。

これをうまく使わないなんて機会損失もいいとこ。

しかも名刺は、相手の手もとに残ります。

 

「これは捨てられない」と思わせる名刺は、あなたの存在を相手の記憶に残すことができるでしょう。

すべてはそこからです。

 

condesign / Pixabay

 

あなたの名刺、これだけは必ずやっておくべし

1)プロフィール写真を入れる

もうね、40代後半になったら顔となまえが一致しないのよ。

だからって10年前の写真とか、ヤセてた頃の写真とかはダメ

ホームページやブログ、facebookのプロフィールなどに使っている写真だとなおいい。

あなたを探しやすくなります。

 

というか、名刺やオウンドメディアで使う写真は統一しましょう。

まったくおなじ写真でなくていいんです。

おなじシーンで撮っているバリエーションであればOK。

 

重要なのは、単に「きれい」「好印象」なだけでなく、あなたが「何者かわかる」写真ということ。

シェフならシェフ帽、ドクターなら白衣。

カメラマンならカメラを、美容師ならハサミを、ソムリエならワインボトルを持って。

アーティストや作家系の方は作品を背景にしてもいいですね。

ミュージシャンなら楽器を、パフォーマーや運動系のインストラクターならウェアを着けてポーズをとって。

 

IT系はパソコンの前で、サロンオーナーは施術中、講師ならセミナー中の写真を。

わたしはセミナーの写真を使い、実際にセミナーの仕事の依頼がありました。

 

11

 

パーソナルスタイリストは、コーディネートを見せている写真が多いけど、ショッピング同行やお客さまにスタイリングしている写真を使うといいです。

仕事をしてるときの表情って真剣だし、魅力あるんですよ(われながらそう思う。笑)

「こんな感じのいいひとなら、見立ててもらいたい!」

と思ってもらいましょう。

 

13497532_1129165740462612_4282711696063668175_o

 

同様のことはコンサルタントや士業、セラピストの方にも言えます。

コンサルやセッションをしているシーンをプロに撮ってもらってください。

「おお~、イケてる!」って自分のことを見直します(保証します)。

 

写真はプロに撮ってもらって、自然なリタッチ(修正)をしてもらってください。

こればかりは自撮りはダメです。

アプリで加工とか証明写真なんて論外。

 

あなたは「プロ」なんだから、あなたを伝える写真にも「プロ」のクオリティを求めてください。

それがプロの流儀です。

 

2)キャッチフレーズを入れる

あなたがなんの専門家かわかるように。

1行20字ちょい程度がいいです。

一瞬で読めて、意味がわかるのはそのくらいだから。

ちなみにグーグル検索だと見出しは30字くらい。

 

一時的に2位に落ちましたが、また最近になって1位に浮上しました。あの北岡秀紀さんの『コンサル大学』を抑えてるということは、質・量ともにグーグルに認められたということでしょうか。SEO対策もいろいろ変わりますが、中身の濃い記事を頻繁に更新するというのが王道ですね。来年は検索1位の記事をもっと増やします(シークレットモードで検索)。

 

メルマガの差出人は18字、見出しは23字。

キャッチフレーズは日頃から20字程度でまとめる習慣をもちましょう。

多少長くなって、文末の「です、ます」が切れても意味が取れれば大丈夫。

いろいろ応用が利いて便利です(笑)。

 

3)肩書きはシンプルに

検索される肩書きは「日本語」なんだそうです(グーグルの人の話)。

たとえば「ヘアメイクアーティスト」じゃなく「美容研究家」なんですって。

「スタイリングディレクター」じゃなく「服飾専門家」。

…ちょっと…いやだいぶ違う(笑)。

ということで、わたしの場合は「おしゃれの学校校長」がギリギリ。

 

img_9321

 

肩書きはポジションとともに変わります。

造語でもオリジナルでもいいけど、ひとりよがりにならないように、伝わるものを考えましょう。

1行がベストだけど、補足をつけても2行まで。

 

究極はそのひとの“肩書き=なまえ”ですね。

あなたが何者か、名刺を渡すひとがすでに知っていたり、プロフィール写真が専門性を語っていれば、肩書きはいらない。

 

でも、世のなか、ビジュアルに強い人間ばかりじゃありません。

あなたらしい「オリジナルな肩書き」を聞いて、あなたを思い出す言語感覚が強いひともいます。

そういう意味でも、肩書きって大事です。

 

あなたのステージを上げ、フィールドをひろげる名刺

さて従来、STYLE&PLANとしてもお受けしている名刺制作(スタイリング、撮影&デザイン)ですが。

今回、異なる分野のプロの力を結集して、名刺プロジェクトをおこないます。

 

●日 時:2017年2月26日(日)新月

①10:00〜12:30

②12:00〜14:30

③14:00〜16:30

●募集人数 限定3名さま
(ご希望の時間帯をご指定ください。先着順)

●場所 心星ポラリス(阪急御影駅・徒歩1分)
神戸市東灘区御影2-2-12 カサ御影601

●料金 120,000円

早期割引:100,000円(2016年内にお申込みの方)

●お問合せ fortune.sakura@gmail.com  080-3136-4189

 

button07_moushikomi_04

 

■2017年の開運リーディング/三九碧(さくら)
この名刺が「ただの名刺」ではないのは、宇宙ビジョン作家・三九碧さんの2017年、開運ポイントのコンサルつきだから。

セッションを受けたうえで、肩書きやキャッチフレーズを見直してみて。

三九碧さんの開運名刺は、「仕事の単価が上がる」「ビジネスパートナーが見つかる」と評判です。

マーケティング的なことは左脳担当ですが、考えすぎて混乱することもありがち。

おなかに溜め込んでる「ほんとはこうしたい!」「こうなりたい!」をぜひ引っぱりだしてもらってください。

(※リーディングの内容は名刺とは別にお渡しします)

 

■プロフィール写真撮影/青山智圭子(あおやま・ちかこ)

「プロ」としてのあなたを伝える写真は、プロフィール写真の専門家、青山智圭子さんが撮影。

智圭子さんは「スマイルセッション」のインストラクターでもあります。

事前にポージングと表情のレッスンがあるので、撮影が苦手な方も安心。

ここで教わったことは、今後も撮影の機会があるたびに役立ちます。

自然なリタッチつきの撮影データも7枚お渡しします。

名刺だけでなく、ブログ、HP、会社案内などにお使いください。

(※写真データは撮影2週間後にお渡しします)

 

 

■ヘアメイク、スタイリング&ディレクション(名刺デザイン)/やまだみゆき

当日、着用される衣装は事前相談に応じます。

また、撮影用にポイントメイクとヘアアレンジをおこないます。

名刺デザインは、数種類のパターンからお好みのものを選んでいただき、カスタマイズしたセミオーダーとなります。

(※名刺データをPDFで3週間後にお渡しします。印刷ご希望の場合は別途お見積もりします)

 

button07_moushikomi_03

 

リーディング、プロフィール写真撮影、ヘアメイク、名刺デザイン…ふつうは、すべて別々に依頼するんじゃないでしょうか。

異業種のプロが集まると、いろいろおもしろいことを考えますね(自分で言うか)。

 

もともとこのプロジェクトは、わたしが三九碧さんの名刺を制作したら、名刺を渡したひとはもちろん、彼女自身の希望が叶ったり、夢がどんどん実現していったことがきっかけです。

それについてはまた次回くわしく。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

広告4ol

 

いま、募集中のメニューはこちら▼

■随時開催/あなたの資格で自立できる、パーソナルコーディネーター®ビジネス認定講座

■スタイリング・グループレッスン+ショッピングクルーズ(グループショッピング)
2017年1月18日(水)10:30〜16:30

   1月22日(日)10:30〜16:30

   2月15日(水)10:30〜16:30

   2月19日(日)10:30〜16:30

※パーソナルレッスンは、開催希望日を第3希望までお知らせください。
※出張レッスンにも対応いたします(交通費が加算されます)。
※上記以外の日程をご希望の方は、お問い合わせください。

スタイリングレッスンについて、くわしくはこちら

お申込は、こちらから。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。