Wokandapix / Pixabay

Wokandapix / Pixabay

 

“おしゃれの学校”のやまだみゆきです。

 

買い物に行くとき、服を選ぶ基準をお持ちですか。

予算、用途は基準ではなく“条件”です。

 

条件にあったものが2着あって、迷ったらなにを判断の基準にしますか。

たいていのひとは、「好み」で服を選びます。

「服に好みなんかない」とおっしゃるかたも、嫌いな服は着たくないでしょう。

 

それは当然です。

「好み」で服を選ぶことは間違いではありません。

問題は、好み“だけ”しか選ぶ基準がないことです。

 

家のなかなら、それでいいでしょう。

でも、自分のなまえでビジネスをしている起業家や経営者、講師のかたが外に出るときは、それでは不充分なんです。

その前に…

 

好きな服が、なぜ似合うとは限らないのか

パーソナルカラーや骨格などのファッション診断を受けると、好きなものと似合うものが違う結果になるかたが少なくありません。

買い物に行くと、「ショップスタッフに好きじゃない服ばかり勧められる」とおっしゃるかたも。

 

そういうかたは、自分に足りないものを服に求めて、好きになりやすい傾向があります。

ライターの雨宮まみさんの『女の子よ、銃を取れ』に、ドンピシャのエピソードがあります。

まさに彼女自身がそうだったんですね。

 

雨宮さんはセクシーな女性に憧れがあり、彼女が“セクシーだと思う”、好きな服を買っていました。

それが似合うし、自分らしいと思っていたからです。

 

でも、仕事でひとに会う機会が増え、落ち着かない気持ちになることが増えたそうです。

しかも、予想外なことに「怖い人」「難しい人」という、間違った印象を与えていることに気づきました。

そのとき初めて「相手にどんな印象を持たれているか」を意識したそうです。

 

好み「だけ」で服を選んではいけない理由

そもそも“ブランド”とは、自分ではなく、相手のアタマのなかにあるものです。

 

「◯◯といえば、あなた!」

 

と、思わせるチカラが、あなたのブランド力です。

なので、◯◯に当てはまるものを決め、意図的に身につけることで、自らブランド力を向上させることが、ファッション・ブランディングです。

 

ファッション・ブランディング

ファッション・ブランディングがめざすのは「A」のポジション。「B」のポジションは、いわゆる「おしゃれなひと」。

 

雨宮さんは、その後の友人のアドバイスで彼女の“知的”な面を引き立たせる素敵なワンピースを見つけます。

 

「好き」という主観だけで服を選ぶと、本人の魅力を引き立てるというより、「コンプレックスを隠す」「自分に足りないものを服で補おうとする」方向に走ってしまう危険性があるのです。

 

それでは、どうすれば主観の落とし穴にはまらずに、自分に似合う、好きなものを見つけられるのでしょうか。

 

「好き」と「似合う」をすりあ合わせるのがスタイリングレッスン

ISCA(国際スタイリングカウンセラー協会)のスタイリングレッスンでは、「好き!」というあなたの心と、体型、肌の色、顔だちや雰囲気といったあなたの外見的な要素がピッタリはまるポイントを探します。

さらに「こう見られたい」「こうなりたい」という希望をかなえるスタイリングをご提案します。

 

ISCA

 

たいせつなのは、レッスンによって「自分で服を選ぶチカラがつく」ということ。

1回のレッスンで完璧にマスターするのは難しくても、ショッピングクルーズで実地検分したり、レッスンを繰り返すうちに、自分に必要な服がわかるようになります。

なので、リピーターも多いレッスンなんです。

2月の受講を受け付けています。

 

■スタイリング・グループレッスン+ショッピングクルーズ(グループショッピング)

   ※1月の募集は終了しました。

   2月15日(水)10:30〜13:00(ショッピングクルーズ付き 〜16:30)

   2月19日(日)10:30〜16:30(ショッピングクルーズ付き 〜16:30)

※受講料:グループ(3〜4人) 10,800円、パーソナル 32,400円
※ショッピングクルーズ(アドバイス付きグループショッピング)1,0800円(パーソナル対応の場合は、16,200円)
※ショッピングクルーズを開催する場合はランチを挟みます。ランチ代は別途となります(自己負担)。

 ・スタイリングレッスンについて、くわしくはこちら

※パーソナルレッスンは、開催希望日を第3希望までお知らせください。
※出張レッスンにも対応いたします(交通費が加算されます)。
※上記以外の日程をご希望の方は、お問い合わせください。

上記に関するお申込は、こちらから。

 

ところで、自分に欠けているものをファッションで補おうとすること自体は、あながち間違いではありません。

それもファッションの効果のひとつだからです。

ただ、自分の気持ちにこだわりすぎて、ほんらいの魅力を見落としてしまったり、おしゃれを楽しめなくなってしまってはソンだと思いませんか。

 

次回は「似合う」とはどういうことかについて考えてみましょう。

では、本日もアドバンストな一日を。

 

いま、募集中のメニューはこちら▼

■プチコンサル
※パーソナル型のファッション起業をお考えの方、勝負服のご相談、ファッションでブランディングする方法を知りたい方
※ヤマダミユキに会ってみたい方
※Skypeでも可能。※日程はご相談ください(1月は、あと1枠)

10,800円(60分/消費税込)

■随時開催/あなたの資格で自立できる、パーソナルコーディネーター®ビジネス認定講座

■2017年2月26日/未来が叶うリーディング&写真で【新月の運気アップ&開運名刺コラボ】

※上記に関するお申込・お問い合せは、こちらから。

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。