なりたい“あなた”をプロデュースする、やまだみゆきです。

 

さて、本日も人前に立つ3人の方に向けて書きます。

 

1. 自分の笑顔に自信が持てない方

2. 笑顔の心身に与える効果について知りたい方

3. 笑顔のたいせつさを伝えるために、アランを参考にしたい方

 

「笑うから幸福」なのか

笑顔について書いていて、『幸福論』にあるアランのことばを思い出しました。

 

幸福だから笑うのではない、笑うから幸福なのだ。

77章「友情」より

 

ここが有名ですよねー。

あまり知られていない、その前段はというと。

 

喜びを目覚めさせるには何かしらきっかけが必要である。赤ん坊が初めて笑うとき、その笑いは何かを表現しているわけではない。
77章「友情」より

 

おとなは赤ちゃんの笑顔に癒されます。

でも、赤ちゃんの笑顔って感情をともなってないんですね。

神経反射として顔の筋肉が収縮する生理的微笑といわれるもので、動物としての本能だそうです。

 

 

そう考えると笑顔に意味がなくていいし、つくり笑いで充分です。

むしろ、つくり笑いでなにが悪い!みたいな。

そして、こんなことも言っています。

 

もし暴君が私を投獄し、権力の崇拝を教え込もうとしたら、私は毎日一人で笑うという健康法を実践するだろう。運動で足腰を鍛えるように、喜びも鍛えてやらなければいけない。
77章「友情」より

 

なんと「毎日一人で笑うという健康法を実践する」とまで言っています。

もしや笑顔トレーニングの元祖か?!

 

goodabyo0 / Pixabay

 

じつは「笑うから幸福になる」理由についても、ちゃんと書いてありました。

 

不機嫌に対しては、笑うことが効果的である。だがそんなものに効果があると思う人はいないらしく、誰も試そうとしない。(中略)医者はその理由をよく知っている。ほほえみはあくびと同じように身体の深いところまで届き、喉、肺、心臓を次々に楽にするからだ。これほどすばやく、しかも快く効く薬は、どんな医者も持ち合わせていないだろう。こうして身体が楽になると、想像力が安らぎを与え、苦痛を取り除いてくれる。想像力が引き起こす病が本物であるように、この安らぎも本物である。
10章「気で病む男」より

 

笑顔が心身の健康に与える効果は、近年の研究で解明が進んでいます。

いろいろ言われる笑顔の効用をネットで調べると、ざっとこれだけのことが。

 

・表情ゆたかになる。

・ストレスを解消し、プラス思考になる。

・人間関係をよくする。

・アレルギー(アトピー)を改善する。

・顔のタルミやシワ予防になる。

・血流量が増加し、胃腸を活発化し、消化がよくなる。

・自律神経のバランスを整える。

・アルコールが分解されやすく、二日酔いになりにくくなる。

・脳卒中を予防する。

・心臓病を予防する。

・血糖値への効果が期待される。

・認知症を予防する。

・免疫力が上がる(NK細胞のはたらきが活発になるなど)etc.

 

参考:笑顔の効果!笑うことの素晴らしいメリット7つ

こんなにあった「笑顔がもたらす凄い効果」

笑顔が引き起こす16の神秘的効果!よく笑う人ほど幸せになれる理由

 

「なるほど」から「ほんまかいな」まで・・・

 

代謝や排泄、免疫力など健康増進系の理由は、笑うと血管がひろがって血流量が増えるから。

神経系は筋肉の動きと連動した“脳だまし”で、加圧トレーニングと似たような理屈でしょうか。

 

おもしろいのは各種の実験結果で、ほんものの笑顔でも、つくり笑いでも効果は変わらない点。

医学的には研究途上であるものの・・・

ここまでのところ、すくなくとも健康になる!

とは言えそうです。

 

笑顔トレーニング、あなどりがたし!

 

adriantarsukoff / Pixabay

 

笑顔は自ら「幸福」を選択する行動

さらに『幸福論』にはこんなことも。

 

不機嫌に立ち向かうとき、知性は無力であり、ほとんど役に立たない。私たちの身体のうち自分自身で制御できるのは運動を伝える筋肉だけなのだから、すぐに姿勢を変え、適切に身体を動かすことだ。たとえば、ほほえむ。
12章「ほほえむ」より

 

大事なことなので繰り返しますが、日本人は表情筋を20%しか使っていません。

アメリカ人は60%、ドイツ人は85%。

 

表情筋の省エネ体質は国民的課題だわ。

笑顔トレーニングとか顔筋フィットネスとかをやってみると、笑顔も筋トレだとわかります。

 

スライド1

 

トレーニングしてないひとは、フルスマイルを2分間キープできません。

1分もすれば頬がピクピクします。

最大級の笑顔と腹筋運動のクランチ、同じ2分ならどっちがキツいかやってみますか

(ということは笑顔のボディビルダーってすごいスキル高い)。

 

 

笑顔をつくっているのは表情筋。

筋肉だから、鍛えることができます。

アランが言っているように“自分自身で制御”できます。

 

最初はつくり笑いでも、それを契機にほんものの笑顔に変えられる。

すなわち自分の意志によって、ほんものの笑顔が象徴すること=幸福になる選択をするということです。

 

日々、笑顔で過ごすことが写真うつりの改善に

『幸福論』をざっくり要約すると、こういうことじゃないかと考えます。

 

A.しあわせって棚ボタじゃなく、自らの意志と行動でつかむもの。

B.行動のなかでも、“笑顔”はいちばんお手軽で効果が高い(*)。

A+B=日頃から笑顔でいる機会を増やすことが、幸福な日々へのパスポート。

 

それに加えて、

「プチスマイルをデフォルト」にすると表情ゆたかになり、いつどんなタイミングで写真を撮られても「いい顔」でいられるようになるでしょう。

 

というわけで、

笑顔は健康になるばかりでなく、幸福にもなる!

写真うつりもよくなる!

と断言し、わたしが『幸福論』のなかでもっとも好きなことばを紹介して、この小文の結びとします。

 

悲観主義は気分に、楽観主義は意志による。気分任せにしていると、人間はだんだんに暗くなり、ついには苛立ち、怒り出す。(中略)じつは上機嫌などというものは存在しない。正確に言えば、機嫌というものはいつだって悪いものである。だから、幸福は意志と自制の賜物と言える。
93章「幸福になるという誓い」より

※出典:『幸福論』(村井章子:訳)

 

広告4ol

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

*アランは、「笑顔」のほかに「あくび」もいいよ的なことを書いているので、ぜひ本文でお確かめください。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。