もし、できることなら、私がブルージーンズを発明したかった。

—イヴ・サン=ローラン

 

こんにちは。

ファッション・プランナー/スタイリング・カウンセラー®のやまだみゆきです。

 

前回の小物編はこちら。

デニムを“ジーパン”と呼ばせない着こなしとは(1)

 

せっかくのトレンドですから、いつもは着ないアイテムにチャレンジするチャンスです。

流行というだけで、ひとの眼はおおらかになっているから

わたしも以前、脚が短く見えるような気がしてずっと避けていたクロップトパンツを爆発的に流行したとき試してみて、

「ああ、これは足首の細さを強調することで脚をきれいに見せるアイテムなんだ」

とわかって、苦手意識がなくなりました。

 

そこで得た確信↓

トレンドは、着こなしの幅をひろげるためにある!

ダメージデニムでもワイドパンツでも、履いてみたかったけど、これまで敬遠していたアイテムがあったら、試すきっかけにしてください。

 

1.シャツ

今季はシャツブームでもあります。

 

デニムは綾織の生地ですが、シャツにすると分厚いので、おなじ綾織のダンガリーや平織のシャンブレーがシャツ地に使われることが多いです。

ダンガリーはラフでカジュアルな感じ。

シャンブレーは品のよい、霜が降ったような色調が特徴。

好みやボトムスに合わせて選ぶといいでしょう。

 

今年は白いフレアのロングスカートをよく見かけますね。

デニムのシャツとは、とてもさわやかなコーディネートになります。

ヒールを合わせれば女らしく、スニーカーやスリッポンを合わせればカジュアルに着こなせます。

 

今年はシャツをそのまま伸ばしたようなデザインのワンピースも出ています。

脚に自信があればそのまま着ればいいですね。

ハーフパンツとかダメージジーンズとか、これまで試したことがないボトムスに挑戦するとき、チュニックがわりに合わせてみてもいい。

 

写真出典:asos.com

 

上の写真はデニムのシャツワンピースの典型です。

今年はすとん、とそのまま着るのが気分ですが、ウエストにベルトをしてもいい。

前ボタンを開いて、羽織りとして着ることもできます。

マキシ丈なら、さらに抵抗なく着られるでしょう。

 

2.ワイドパンツ

ガウチョ、キュロット、バギー、タイプはいろいろあれど。

共通しているのは、すそ幅が広いこと。

本来、背が高くて脚が長い方向けのデザインです。

そんな方がハイヒールを合わせて、地面すれすれまで、たっぷりの長さで履くと、もう誰も真似できないオンリーワンのスタイルになります。

 

今年は丈もすそ幅のひろさも、いろいろなデザインが豊富に揃っています。

遠目にはスカートに見えそうなものも。

そんなデザインなら、身長が高くなくても短い丈のトップスを合わせることで、着こなしやすくなります。

 

また、下の写真のようにカシュクールシャツなど、ウエストをしばるタイプのデザインなど、くびれを見せる着かたを心がけてください。

女性らしいシルエットを意識したほうがうまく着こなせます。

 

写真出典:asos.com

 

ゆったりしたキュロット、すそ幅の広いガウチョパンツといったデザインを探してみてください。

おなかまわりが気になる方はウエストゴムやギャザー、タックが入っているものを選ぶと、体型カバーにもなります。

流行は、これまであまり着ることがなかったものに挑戦するチャンス。

今季なにか新しいものにトライするなら、これでしょう。

 

3.オーバーオール

これもサロペット、カバーオール、ジャンプスーツ、コンビネゾン、オールインワン、ロンパー・・・

いろんな呼び方があります。

要は“つなぎ”。

デニムのサロペットは、体型でいうと女性らしいグラマータイプのかたには、あまりおすすめできません。

あなたのいちばん魅力的なところを隠してしまうので。

 

サロペットはどうしても作業着っぽく見える、子どもっぽくなる、わたしたちの世代だと「イルカ」を思い出す・・・みたいなことに。

 

「なごり雪」がヒットしたのは75年。

中学生くらいだった当時、わたしもダッフルコートやセーターとあわせて普段着として着ていました。

このレコードジャケットのイルカみたいに。

 

おとな世代がオーバーオールを着るなら。

ダボっとしたものより、ややタイトなほうが女らしくておすすめです。

ブラウスと合わせるのも今年ふう。

カジュアルにコーディネートするなら、パールのピアスやネックレスと合わせるなど、子どもっぽくならないようにします。

 

写真出典:shop.nordstrom.com

 

ストラップを片方はずすのも流行ってますね。

おしゃれに見せるなら、労働着っぽくしないこと。

ブラックデニムなら着こなしやすいでしょう。

 

それと、デニムの着こなしは、靴がポイントです。

凝ったデザインのサンダルやブーティなど、個性的なものを合わせると攻略しやすくなります。

 

デザイン性の高いコンビネゾンは、ワンピース感覚で着られます。

1枚で決まるので、コーディネートに悩まなくてすみます。

そのぶん、アクセサリーを工夫してみてください。

 

背中が大きく開いていたり、ジップアップで前あきを調整できるなど(写真参照)、セクシーなものも。

いわゆるオーバーオールがスレンダーな方向きとすれば、グラマータイプにはこちらをおすすめ。

ボディラインを引き立てるものを選んでくださいね。

 

 

写真出典:shop.nordstrom.com

 

4.ボトムス

いろんなデザインやシルエットが出ていて、最近の流行はひとつにくくれません。

まずは体型に合ったものを探してみてください。

 

膝丈スカート

膝丈は比較的体型を選ばず、似合いやすい。

膝の形がきれいなひとは前スリット入りがいいですね。

今年はシャツも流行しているので、白シャツと合わせるだけでも、それなりのコーディネートになります。

それだとフツウすぎるので、サングラスや靴、バッグなど小物に凝ってください。

 

写真:asos.com

 

上の写真は白シャツなので、靴はハードなイメージのグラディエーターサンダルですが、ダンガリーやシャンブレーなどデニム・オン・デニムで揃えるならもっと繊細なデザインのほうがバランスがとれます。

たとえばレースアップ(編み上げ)とかね。

 

テーパードパンツ

テーパードとは“先細り”という意味。

おなかまわりが気になるかたは、ハイウエストでおなかやおしり、太ももがゆったりめ、足首に向かってほっそりしているテーパードパンツがいいでしょう。

太ももにゆとりがあるので、スキニーが苦手なかたにはとくにおすすめです。

すそは短めか、折り返して足首を見せたい。

カラダのなかの細いパーツを見せるのは、着こなしの鉄板ルールです。

 

 

ダメージ

大人がダメージデニムを履くときに注意したいのは、汚く見せないこと。

パンツはズタズタでも、トップスやジャケットはかっちりしたものにするとか、明るい色、澄んだ色を使うとか。

きれいめのトップス、ワイルドなボトムスでギャップをつくる感じにします。

 

moda_en_la_calle_street_style_milan_paris_nueva_york_londres_onion_looks__536910797_800x1200

写真出典:www.vogue.mx

 

パールのアクセサリー、上品な腕時計など、ちょっといいものを使う。

若造にはできない余裕を感じさせましょう。

初めて挑戦するかたは、ダメージ控えめのものやダメージありのホワイトデニムあたりを。

 

スキニー

美脚効果の高いスキニーはもはや定番ですが、今年は濃いインディゴブルー、フルレングスが特徴。

一方でホワイト、ベージュ、ピンクなどカラーデニムも揃っています。

 

写真出典:asos.com

 

よくシャツはウエストインにするか、出すかが論争になります。

最近は前はインにして、後ろは出すみたいな折衷案も(写真参照)。

着こなしで年代がわかったりするので、定番アイテムをいまふうに着るのって、案外難しいです。

「定番なら安心」と安心しないように。

 

ボーイフレンドデニム

男の子が履くみたいな、やや大きめでダボッとしたシルエット。

今年はふたつ折りくらいして、足首を見せて履きます。

 

tendencias_moda_en_la_calle_street_style_verano_2013_boyfriend_jeans_pantalones_mezclilla_denim__4315_800x1200

写真出典:www.vogue.mx

 

ダメージデニムをキレイに履くように、ボーイフレンドデニムは女っぽく履くからファッションになります。

パンツのシルエットが大きいので、トップスはコンパクトにまとめてください。

褪せた色のデニムなら、写真のように白やライトグレイなど淡い色、薄い色を組み合わせるとやさしい雰囲気にまとまります。

 

フレア

’70年代はベルボトムといったんですよね。

膝からすそに向かってひろがったデザインで、脚のラインがきれいに見えます。

 

flares_monoton_201601

写真出典:blogs.nordstrom.com

 

トップスと色を合わせ、床すれすれまでの長さにしてハイヒールを履くと、脚長効果最強です。

ただし、絶対にその日は靴を脱ぐところには行かないように・・・

 

最後に!

試着の際は、鏡に映して、全身のバランス・チェックをお忘れなく。

 

次回はカラーコーディネート編です。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。