古書と雑貨とコーヒー “colombo cornershop” (本町)

こんにちは。

アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

スタイリング・レッスンをおこなっている心斎橋会場から本町方面に向かって。

散歩がてら歩いていたら、いいお店発見。

 

難波神社の裏、古書と雑貨のあるカフェなのか、コーヒーも飲める古書と雑貨の店なのか。

“colombo cornershop(コロンボ コーナーショップ)”は、そんなことがどっちでもよくなる、いい意味での“ゆるさ”が魅力。

 

スライド1

 

古書はデザイン、アート、ファッション関係が多い。

ひょっこり純文学も混ざってたりする。

そこらへんのセレクトがオーナーのセンス。

 

「こんなのある?」なんて聞くと、掘り出し物がわらわらと出てくる・・・

たとえば、ほら、“TAKE IVY”(※1)に遭遇!

 

スライド2

 

幻の初版、1965年発行。

当時500円。

 

2,000部刷って、1,000部はメンズショップに置かれ、残りが店頭に並んだそう。

このお店にある本にも静岡県にあるお店のショップスタンプが押印されていました。

 

和書なのにIVYの本家、アメリカで人気が出て、初版本が一時10万円 近くで取引されてたことも。

2010年には、初版を翻訳した英語版が堂々アメリカで出版。

 

そのせいかどうか、2011年に日本でまたまた復刻。

でも、初版とは写真がすこし違っていて、そのことがまた初版のレアな価値を高めているみたい。

・・・そんな1冊の本について、オーナーの綿瀬さんは数奇な運命をたどった友人のように話すのです。

 

写真が苦手で、照れてはるオーナーの綿瀬さん。古書ラブの楽しいおしゃべりに時間を忘れます。

 

あの“made in USA catalogue”も在庫ありです。

好きなひとにはたまらん感じ。

 

古い“anan”とか“POP-EYE”とか“平凡パンチ”とかは、編集関係のひとがものすごく熱心に探すことがあるそうです。

 

かつてのわが家の書棚かと目を疑うほど。このテーブルに置いてある雑誌たち、全部うちにありました・・・。タイムスリップしたのかと。

 

なるほどね、昔のファッション特集するときかな。

 

編集部にも、すごく古い号は在庫がなかったり、資料用として合本(※2)してあるのがどこかにあるはずなんだけどなー、わかんないや、みたいなことがあって。

そんな感じでデザイナーやスタイリストのお客さまが多いそうです。

置いてある商品もさることながら、この店そのものが撮影して絵になる感じ。

実際、ファッションカタログなどのロケ場所にも選ばれているそうです。

 

スライド6

 

店内でオーナーとおしゃべるしていると、コーヒーの注文がたびたび入ってきます。

お店の外にイスとテーブルがあって、コーヒーが飲めます。

オープンエア、みたいにカッコつけた感じじゃなく、本買ったし、ちょっと読んでいこう、という風情。

コーヒーの注文が入るたびに店内には香ばしい香りが。

 

コーヒーの注文が入る窓越しに難波神社が。

 

うちにも“Olive”や“BRUTUS”の創刊号が。

“anan”のいちばん古い号で、手もとにあるのは75号くらい。

 

新しい本を手放すのに迷いはないけど、古いのは躊躇する。

だってもう二度と手に入らないかもしれないから。

書評家の杉江松恋さんも、手放すのは新しい本からとおっしゃってたなー。

 

古書店に持っていって、古書店で新しいのを買う。

だからいっこうに減らない・・・

本好きの業の深さよ・・・

 

では、“本”日もアドバンストな一日を。

 

colombo cornershop

大阪市中央区南久宝寺町4丁目3−9

06-6241-0903

HP(online shop)/Twitter/instagram/facebook

 

data=RfCSdfNZ0LFPrHSm0ublXdzhdrDFhtmHhN1u-gM,y7Ux-T6XVHBgDh9-6f-He1aBCn9GmwX-Tv3JyzksKui9Es5f1dwy2CQ3WnIqPwNb2yyqX4r9oBrA8LcxVP6g9ZIr_Kjrc8RTGgEe4aQ5jcqAUWAcNpvBkjt5neBHDMMB

 

※1 TAKE IVY
石津謙介が日本にアイビーを普及させる目的で、当時VANの意匠室長だったくろすとしゆき、フォトグラファー林田昭慶らとともにニューヨークのアイビー8校を2週間で回り、大学生たちの服装をスナップした写真集。“アイビーのバイブル”とも呼ばれた。

※2 がっ‐ぽん【合本】
[名](スル)
1. 数冊の本や雑誌などをまとめ、1冊として製本すること。
また、その本。合冊(がっさつ)。
「合本された雑誌」
2 .分冊して発行した図書を、新たに1冊にまとめて発行したもの。
合冊。
—デジタル大辞泉より(https://kotobank.jp/word/)

 

■9月のスタイリング・レッスンは満席になりました。

ありがとうございました。

10月からの日程も近日アップします。

■資格をビジネスにつなげる、パーソナルコーディネーター入門講座

全1回 2時間(内容はすべておなじです。ご希望の受講日をお選びください)

10月  3日(土)14:00~16:00(残席1)

10月  7日(水)14:00~16:00

10月15日(木)14:00~16:00

10月20日(火)14:00~16:00

10月25日(日)14:00~16:00

10月30日(金)14:00~16:00

 

【会場】STYLE & PLAN サロン

(お申込みの方に個別でご案内します)

【受講料】5,400円(税込)

※各回2名/おひとりから開講

 お申し込み、お問い合せはこちらから

■イメージ・コンサルティング、9月16日開催のセミナーは受付中です。

お気軽にお問い合わせください

 

2 COMMENTS

miyuqui yamada

saneさん
コメントありがとうございます。
3時間ですか。
でもあっという間だったでしょう?
素敵な場所ですよね。
そのうち、ここでコーヒーミーティングしたいですね。

sane

山田さま、こんにちは。
講師養成講座でご一緒したミラクル実光(笑)です。

たまたまサイトを見つけました。すごいですね。
勉強になります☆

ちなみにこのコロンボカフェ行って、オーナーさんと気づけば3時間ぐらい
しゃべってました。素敵な場所ですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください