ビジョナリーパートナー、和仁達也先生の「パーソナルビジネスモデル構築2Days合宿セミナー」にスタッフとして参加しました。

 

今回は再受講になります。

以前、受講生として参加したときはサロンを始める前でした。

当時は事前に事業の大枠をつかんでおきたいという気持ちがあったんです。

でも、実感が伴わないというか、ピンとこないというか。

タイミングとして「ちょっと早かったかなぁ」という思いがありました。

サロンをオープンしてちょうど1年過ぎたいま、やっと「そういうことだったのか」という肚落ちをしたことが多かったです。

 

和仁達也先生

 

1日めは、あなたの価値を10倍に引き上げるセルフイメージの再構築

わたしが起業以前から悩みつづけているものに、自分ならではの肩書き(和仁先生はこれを“セルフイメージ”と呼んでいます)があります。

和仁先生なら、ビジョナリー・パートナー。

主催者である立石剛先生なら、パーソナルブランド・コンサルタント。

 

自分はなんだろう、とずっと考えつづけて、納得度80%くらいのところで、ずっと踏みとどまっていました。

わたしは職業でいえば、イメージ・コンサルタントです。

間違ってないけど、正解でもないとずっと思ってました。

 

ひとつは職業として認知度が高くないので、説明に時間がかかるのが煩わしいこと。

同業者が多いので、気が進まないこと。

そしてこれがいちばん大きいのですが—わたし自身がイメージ・コンサルタントやパーソナル・スタイリストの枠におさまりきらない活動をしていることです。

もともとクリエイティブ業界の出身なので、ときには撮影をしたり、パンフレットをつくったりしている。

取材やライティングもこなします。

 

バラバラなようで自分のなかでは、すべてつながっているのですが、その感覚はほかの方にはわからないでしょう。

「やまださんって、結局なに屋さん?」と思っている方もいらっしゃるはず。

なので「◯◯といえば、あなた」と言ってもらえる◯◯を考えつつ、3年たちました(起業前から漠然と考えていたのです)。

 

奥琵琶湖マキノ グランドパークホテルでの2日間

ところで今回で9回めになる琵琶湖合宿。

会場が近江今津の奥琵琶湖マキノ グランドパークホテルに変わりました。

レストランの窓のむこうには、プライベートビーチがひろがる絶好のシチュエーション!

 

スライド35

 

セミナールームだけでなく、湖畔でシンキングタイムがあったり。

 

スライド3

 

質疑応答の時間もたっぷり。

 

スライド2

 

もちろん、恒例の延長戦という名の懇親会(兼グループコンサル)も。

 

スライド1

 

延長戦は初のアウトドア開催でした。

わたしはふだんはインドア派なので、グランピングは初体験。

すごく雰囲気があったのですが、次回は必ず虫さされを持参しますー。笑

 

翌朝は早朝ヨガからスタート(わたしは寝坊←ダメ)。

 

スライド37

スライド40

 

お料理もとても美味しかったです。

海の幸に近江牛、さすが滋賀県。

 

KAVH4681

 

発想を変えるには、環境を変えることだとよくいわれます。

引越は大ごとですが、旅は比較的ハードル低いです。

大自然のもと、意欲と向上心のあるメンバーとともに学ぶことで、思考がクリアになるのかもしれません。

 

2日めは、継続的に収益を上げるビジネスモデルの構築

この合宿セミナーは、3回、4回を越えるリピーターが多いんです。

和仁先生によれば、ひとりで悶々と考えるより、グループで、あるいはグループのパートナーとフィードバックしあいながらまとめていくほうが、結果が出るのが早いからだとか。

 

スタッフなのでグループワークには参加しませんでしたが、セルフイメージの方向性やビジネスモデルを含め、いろいろなことが明確になりました。

自分自身の「ありかた」が定まるので、自然と「やりかた(やること)」が決まるのです。

 

スライド01

ご参加のみなさま、おつかれさまでした。和仁先生、立石先生、2日間、ありがとうございました。

 

ずっと課題だった「◯◯なら、あなた」と言ってもられるような◯◯は、帰宅して、録画していた大河ドラマ『真田丸』を観ながら、2日間の写真を整理しているときに、ふっと降りてきました。

 

「写真うつりの悪さで悩むひとが、いなくなったらいいなぁ」

 

いま、やっていることと、これまでにやってきたこと。

これからやりたいことは、“フォトジェニック”という言葉に集約できると気がつきました。

 

似合う服を着て、いつでも最高の笑顔で、お気に入りの写真が撮れる。

SNS時代の発進力として、写真うつりのよさは大きな後押しになるはずです。

今月、写真うつりのセミナーを開催するので、セミナーで学んだ“お困りごと”のリサーチをさっそく取り入れてみることにします。

やはりこのセミナーは再受講してこそ学びが深まるようです。

 

鼻に傷があっても、目の大きさが違っても、シミやシワがあっても、銀歯でも(笑)。ファッション、メイク、カメライター、グラフィックデザイン…クリエイティブ・ディレクターの経験を総動員したら、顔のコンプレックスはなくなり、加工で盛らなくても写真うつりがよくなりました。

 

「なりたい“あなた”になる講座0期生」のみなさんも、2ヶ月間の自撮りレッスンで、ご自身の笑顔に自信を持たれるようになりました。

初日のぎこちない笑顔を思えば大進歩です。

こちらの報告はまた改めて。

 

わたしも成果報告とさらなるステップアップのために、また合宿に参加したいです。

では、本日もアドバンストな一日を。

 

▼和仁先生の著書は、こちら。

▼セミナー中に紹介された書籍は、こちら。

headline4_BTE-1

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。