先日、パーソナルカラーWINTERの方は、ベージュを着ると地味で垢抜けない雰囲気になりがちです、と書きました。

 

苦手な色の克服法(1)〜WINTERの人がベージュのコートを着る場合

 

SUMMERの方も、なんの工夫もなくベージュを着ると、くすんで疲れた雰囲気になりがちです。

 

ベージュって、パーソナルカラーではSPRINGに分類されます。

SUMMERとSPRINGの共通点は、“色の明るさ”。

そこを活かせば、SUMMERらしく上品に着こなせます。

 

ということで、SUMMERっぽくトレンチコートを着こなす方法を考えました。

SUMMERの人は、やわらかく、おだやかにまとまるグラデーション配色が得意

そのテクニックを使います。

 

苦手な色を着こなすコツ

大事なことなので繰り返します。

ボトムスにはどんな色を使っても大丈夫、コーディネート全体の配色のバランスに注意しましょう。

トップスのように顔うつりに影響するものやワンピース、コートなど広い面積で、苦手な色を着るときは、以下のことに気をつけてください。

・必ず似合う色でメイクする。
 →リップは濃いめに。

・顔の近くに似合う色を使う。
 →赤、ピンク系は血色を与えるのでおすすめ。

・素材とデザインは似合うものを選ぶ。

 

SUMMERの色はソフトなので、多色づかいをしてもうるさく、下品になりません。

むしろ、同系色の色の変化を楽しむことで、よりシックで洗練された魅力を醸し出すことができます。

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

 

おなじブルーベースでもWINTERはカラフルで強い色が多いので、多色づかいをすると眼がチカチカします。

そこが大きな違いです。

 

なんちゃってオールホワイト

一昨年の春夏に注目されたホワイト・オン・ホワイト。

全身、白系でまとめるんですが、秋冬にもいいんですよね。

濃い、暗い色の人が多いので、人ごみでパリッと目立ちます。

SUMMERの人は多色づかいが得意なので、白系も意図的に色のズレを楽しむコーディネートに。

微妙に色が違うシルクウールのストールとシャツ感覚のラップドレスです。

白の面積が多いとベージュも俄然クールになります。

パンツ派なら、白いシャツやセーターとボトムに白の細身のパンツを合わせてもいいですね。

 

アクセントはシルバーのボディバッグ。

おとなの女性がきれいめの服で斜めがけしていいのは、小さなボディバッグだけ。

たとえばiPhoneと口紅だけ入るくらいの。

それより大きいと、昭和の行楽ルックになっちゃうので気をつけて。

 

ブリーチデニムと合わせる

デニムは完全にトレンドを超えた定番になりましたね。

ブリーチデニムがいちばん似合うのはSUMMERの方です。

Tシャツもライトブルーで水色のグラデーション。

 

img_91882

 

SUMMERには、カカオブラウンやローズベージュといった茶系の仲間の色もあります。

トレンチのベージュをそれらと組み合わせて使ってもいいですね。

 

darius_garza / Pixabay

 

買ったものの、着こなしが難しい服ってありませんか。

違和感だったり、思い込みだったりしますが、ちょっとしたコツで“解除”できます。

体型とイメージ診断で似合う服を知るレッスンを来年から定期開催します。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。