こんばんは、アンチョビーズのバックコーラス、ミーです。

 

 

この写真、リードヴォーカルみたいに見えますが、違います。

でも、てるてる坊主の高溝さんとの2ショットなので、お気に入り。

撮影してくれたちあきちゃん、ありがとう。

 

このあいだ、「あなたがラジオだとしたら、流し続ける2曲はなんでしょう」という診断ゲームをやったらこんな結果になりました。

 

音楽が好きなひとは、なにかしら気分を上げるためのBGMを持っています。

朝、仕事に向かうときに元気が出る曲とか。

落ち込んでるときに聞いたら、元気回復する曲とか。

講師なら、登壇するときに流す曲とか。

わたしは、プレッシャーがきつくなってきたとき、この曲を聞くとほっとします。

そういう歌詞です。

 

YouTube Preview Image

 

肩こりに聞く/効くBGM

中学生くらいの頃から、洋楽で好きな曲を勝手に訳して遊んでいました。

この曲ももちろんやりました。

ビートルズの曲は、たいてい「レノン、マッカートニー」でクレジットされていて、ふたりの共作ということになってます。

これは完全にポールの単独作品

1968年、ジョン・レノンとシンシアの離婚が決定的になったため、ふたりの息子・ジュリアンを励ますためにつくった、といわれています。

…ホントのところはわかりませんけど(いろんな説があります)。

 

いずれにしても、当時のビートルズの人間関係から、激励となぐさめの気持ちがこもった歌だということは確かです。

 

この曲で気に入ってるのは、なんといっても、“Don’t carry the world upon your shoulders”というフレーズ(ビデオの1’55”あたり)。

「ひとりでなにもかも背負い込むなよ」ってことですね。

歌詞からは世界を両肩に乗っけてる図が思い浮かびます。

ギリシャ神話のアトラスね、こんな感じ。

 

fig-184561

 

なにごとも、そこまでじゃないなーって思うんですよね。

 

じつはわたくしめ、仕事中に肩こりが酷すぎて首が動かなくなり、激痛で意識を失って救急車で運ばれたことがあります。

肩こりで死ぬことはありませんが、死ぬほど痛い目には遭います。

 

そんなわけで、「肩がこる、むしろこりすぎ」「プレッシャー半端ない」と思ったらこの曲です。

ポールもまさか東洋の片隅で、この曲が肩こり解消に使われてるとは思いもしなかったでしょう。

 

“Hey Jude”がイメージする“SUMMER”の世界観

もう一度、この曲のビデオで、メンバーの衣装を見てください。

 

YouTube Preview Image

 

ポールのジャケット、ジョンのシャツ、ジョージのドレスシャツ。

パーソナルカラーでいえば、SUMMERの色です。

リンゴのジャケットがSPRINGですが、白のストライプが入って、遠目だとパステル調に見えるので、この色をうまく着こなせるSUMMERの方は少なくないでしょう。

メンバーがSUMMERだというのではなく、この曲がイメージする世界観がSUMMERっぽいんです。

 

解説しますね。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

SUMMERの色イメージって、優しさ、エレガントさ、穏やかさ。

4シーズンのタイプのなかでは、いちばん“癒し”を感じる色グループです。

 

Unsplash / Pixabay

 

カードとかギフトパッケージとかお花の色とか。

誰かをなぐさめたい、リラックスさせたい、入院中のお見舞いに行く—そんなときはSUMMERの色グループから選ぶといいですね。

洋服はご自身の似合う色のなかから、SUMMERに近い「明るく、穏やかで、涼しげな」色を。

 

激励でも癒しより勇気づけたい気持ちのときは、オレンジや黄色、ピーチピンクなどSPRING系の色がいいですね。

 

「似合う色」だけじゃない!

パーソナルカラーの理論って、こんなふうに「色を効果的に使う」ためにも活用できます。

 

次回はもう1曲、クイーンの「ドント・ストップ・ミー・ナウ」!

これもいい曲なのよ♪

 

今後も奇特な方のリクエストを気長にお待ちしてます(笑)。

 

ミーのブログでDJでした。

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。