写真うつりの悪さで悩むひとをなくしたい。

なりたい“あなた”をプロデュースする、やまだみゆきです。

 

自撮りをするなら、持っておくといいもの3点を紹介します。

 

1. 三脚

2. リモートシャッター

3. セルカレンズ

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

 

いわば、三種の神器ですね。

 

全身や集合写真を撮るには、三脚 

三脚は携帯用で持っておきましょう。

全身を撮るとき、集合写真を撮るとき、とても便利です。

100円ショップにもありますが、そこそこお金を出せば、やはりそれなりのものがあります。

脚をねじって、いろんなところに取り付けられるとか。

取り付ける部分の角度を調整できるとか。

脚を数段階にわけて長く伸ばせるとか。

そもそもデザインがカッコいいとか。

 

スマホをしっかり固定できて、安定感のあるものを探してくださいね。

もちろん、気に入ったデザインで。

わたしのは、iPhoneケースとおなじGIZMON製です。

ロゴシールは剥がしてしまいましたが(メーカーの方、ごめんなさい)。 

 

ポーズの自由度がひろがる、リモートシャッター

三脚を使うなら持っておいてほしいのが、リモートシャッターです。

三脚を立てたら、セルフタイマーで撮る方が多いんじゃないでしょうか。

わたしも以前はそうしてました。

 

でも、しんどいのね。

カメラと立ち位置の間を行ったり来たり。

タイミングが合わなくて撮り直しとか。

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991

 

リモートシャッターなら、スタンバイできればスイッチ押すだけでいい。

小さいものなら写真に撮っても目立たないしね。

わたしはほぼ500円玉サイズのi-Selfieを使ってます。

残念ながら廃番になってしまったようですが、コンパクトなタイプの類似品は入手できます。

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%991 

リモートシャッターの代用品としては、iPhoneの場合、イヤホンがあります。

ボリュームボタンをシャッターとして使えます。

標準のカメラアプリには必ず使用できますが、それ以外のアプリの場合は動作確認したうえで試してくださいね。

 

iPhone7では、とうとうイヤホンもコードレスになりました。

それはそれでいいけど、シャッターボタンはどうなるのかしら。

というわけで、リモートシャッターは、やっぱり持っておくといいですよ。

 

画角も、iPhoneカメラの可能性もひろげる、セルカレンズ

最後のひとつは、セルカレンズ

ちょっと前にセルカ棒が流行りましたが、往来では危険ということで禁止する商業施設も出てきました。

 

こちらはクリップ式のレンズになっていて、スマホのレンズ部分にはさんで使うだけ。

スマホの標準カメラでは撮れない世界が撮れます。

とくにワイド広角と呼ばれるレンズで自撮りをすると、こんなに違う。

 %e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%995

 

ちなみに立ち位置もiPhoneの構え方や角度もおなじ。

シャッターもリモートシャッターで切りました。 

こんなに入る範囲がひろがります。

何人かで横並びになって自撮りをするときや背景に大きな建物などを入れたいときにいいですね。 

どうしても歪みが出ますが、それがおもしろい効果になるような撮りかたを工夫しましょう。

 

現在、「セルカレンズ」として発売されているものは、魚眼、マクロ、ワイド広角がセットになったタイプが多い。

クリップレンズはカンタンに取り付けられて、写真の見えかたを大きく変えられるので、とっても楽しいです。

自撮り用ではないけど、GIZMONには、キラキラ光らせたり、ボケをつくったり、いろんな効果が楽しめるフィルターが揃ってます。

カメラアプリでは物足りないひとなら、きっと楽しめるんじゃないかな。

 

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%e3%82%992

 

ガジェット、大好き。

これらにイヤホン、充電用バッテリ、ライトニングケーブルなどを、アレキサンダー・ワンのポーチにまとめて持ち歩いてます。

 

iPhoneケースにもこだわりたい 

自撮りをするなら、iPhoneケースも個性的なものを。

 

qxmount_img_05

画像出典:GIZMON

 

鏡ごしに撮ることもありますよね。

わたしはあまり好きじゃないんですが、そういうシチュエーションになったとき、スマホがファッションの一部になっているとステキ。

ここ数年、ずっとGIZMIN iCAを愛用してます。

いまは下段中央のNikonFモデル。

なかなかiPhone6用が出ないので(やっと二眼レフ風デザインのソフトケースが出ましたが)、機種変更しませんでした。

本末転倒だー。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。