“おしゃれの学校”のやまだみゆきです。

 

当時、神戸に勤務していたわたしにとって、1月17日は特別な日です。

当時、東京在住だったわたしにとって、3月11日もまた特別な日です。

 

先日、神戸に行く機会がありました。

 

 

ランチのときに神戸ファッションマートを通ったのですが…

このすぐ近くにあるファッション美術館前のホールで、いまNHKで放送中の朝ドラ『べっぴんさん』のロケが行なわれたんです。

万博でファッションショー開催という設定で。

 

あの震災から22年。

神戸も変わりました。

 

そう思ったときに、大阪万博って終戦から25年後なんです。

わたしは1960年うまれ。

戦後からまだ15年しかたっていなかったと改めて気づきました。

いまなら、15年とか20年といった時間の感覚がわかります。

その“重さ”も…

 

 

『べっぴんさん』だと、わたしは万博のファッションショーに登場した子どもたちと同世代かな…

ああいう時代だったと思うと、戦後わずか25年であの万博を開くなんてすごい。

わたし、かわるがわる全国の親戚に連れられて8回、観に行きましたから。

 

さらに震災から22年で神戸のあの街並…

いくら技術が進歩してるとはいっても、やっぱりすごい。

 

 

神戸の震災の後、わたしは一時的に仕事に対するモチベーションがすごく落ちました。

仕事がしたくなくなったのではなく、生死がかかっているときに、美とかファッションとかの意味がわからなくなったんですね。

 

いまはもう揺らぐことはありません。

 

が、東北の震災が起こったとき、東京でかつての自分のような疑問や悩みを抱えたひとたちがいっぱいいました。

あれから6年、そんなひとたちもわかってるはずです。

 

美しいものはひとを癒したり、元気づけるチカラがあること。

美しいものはただ存在するだけで意味があること。

美しいものにふれたり、つくったりする仕事をしているだけで大きなよろこびであること。

 

震災にはつらい想い出もありますが、生き残った者は生きていかなければなりません。

こういうとベタだけど、好きな仕事ができてほんとうにありがたい。

これからも自分にできることで役に立っていきたいです。

 

きょう、3.11とyahooで検索すると1人10円が寄付されるキャンペーンをやっています。と、いうことでタイトルに「3.11」と入れてみた。よければアクセスしてみてください。画像をクリックするとyahooに飛びます。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。