スカーフレッスンに参加してくださったみなさんが、さっそく実践中!

いろいろなアレンジを楽しんでいらっしゃいます。

 

カラーやスタイリングの仕事をしていると、差し色を使いたいとき、小物で変化をつけたいとき、いちばんにおすすめするのがスカーフ。

じゃあ、どんなスカーフを選べばいいの?

どう使えばいいの?

どのアレンジが似合うの?

・・・というところまでは突っ込んでお話できないことが多いんです。

 

無地なら、パーソナルカラーの似合う色をおすすめできますが。

スカーフといえば、個性的なプリントも魅力のひとつ。

そして世のなかにはパーソナルカラーの理論に合わないプリントのほうが多いんです。

それをどう攻略すればいいのか。

 

また、お顔だちや体型、骨格によっても似合う柄いきは変わります。

マンツーマンでお話できるから、腑に落ちるところがたくさんあると思います。

それに、スカーフというと、海外旅行のおみやげや贈り物としていただくことも多いですよね。

とてもいいものなのに、色柄がまったく好みでないという残念なことも起こりがち。

 

でも、あわてないでほしいんです。

 

洋服と違って、スカーフはそのままの形で身につけることはほとんどありません。

使いかたしだいでお気に入りの1枚に変わる可能性もあるんです。

ワークショップではそんな説明をまじえながら、おひとりおひとりに合ったアレンジをご紹介しました。

 

さっそく実践してくださっている方をご紹介しますね。

 

M.Oさん

facebookで紹介されていたコーディネートをご紹介します。

 

1601021202

 

パーソナルカラーリストでもあるMさんは、カラーについてはすでにじゅうぶんな知識をお持ちです。

照れ屋さんで最初は顔出しの写真が撮れないようでしたが、プロフィールの撮影会でのこの笑顔、素敵ですよね。

レッスンの日にも着用されていた愛用のストール、とてもお似合いです。

 

スライド1

 

【今日のスカーフコーディネート】

苦手だったことにも
チャレンジ


パーソナルカラーではない


セーターもスカーフも


明るい色の面を出すチョーカー結びで


セーターもスカーフも
活かすことが出来ました

 

そうなんです、調和する色や柄を目立つように使うことで、印象が変わります。

うまく使っていらっしゃいますね。

ソフトでしなやかな素材がやさしい表情にふさわしい方です。

首まわりにふんわり巻くと、女性らしさがとても引き立ちますよね。

 

 

三九碧(さくら)さん

セーターの色とスカーフの1色を合わせたり、スカーフにアクセサリーをからませたり、髪に巻いたりと、すでにスカーフ上級者のさくらさん。

スライド1 スライド2

ロールネック風のアレンジは、ほっそりした首の長さを活かすにはピッタリのアレンジです。

 

スライド3

 

こんなふうにスカーフというよりインナーみたいなアレンジができると、着こなしの幅がひろがりますね。

 

 

スカーフのアレンジや扱いに関することもお問い合わせください。

スカーフ1枚あれば、洋服何枚分も活躍しますよ。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。