3枚の布は洋服30着分の値打ちがある

(『四季のおしゃれスカーフ』より)

 

スカーフのアレンジテクニックを紹介したエルメスの小冊子やカード。四角の小冊子はエルメスのスカーフ講座に参加して入手。講師のナタリー・ベルジュロンさんが日本語堪能でびっくり。エルメスのスカーフに関する著書もあり。

 

スカーフといえば、“エルメス”。

今回は小ネタ集。

ふつうに小ネタを並べてもつまらないので、クイズ形式にしてみました。

では、どうぞー♪

 

第1問 エルメスの90cm四方のスカーフを別名でなんというでしょう。

a.カレ

b.ソレ

c.コレ

 

第2問 エルメスの創業は1837年。

スカーフ第1号の発表は創業から100年後の1937年。

以来、毎年新作を発表しつづけています。

では、現在何種類のデザイン(色違いを含む)があるでしょう。

a.約380種類

b.約500種類

c.約850種類

 

第3問 新作が発表されると、ひとつの原画をもとにカラーバリエーション(色違い)が制作されます。 

1点の原画につき、平均何点作られるでしょう。

a.4種類

b.8種類

c.12種類

 

下は1996年大阪サントリーミュージアム『シルクの織りなす夢』展、上は97年東京セゾンミュージアム『不思議の国、エルメスへの旅』展のカタログ。どちらも会場の空間演出はヒルトン・マコニコ。ファンタジーあふれる世界観を表現した。

 

第4問 エルメスのスカーフには1点1点名称があり、物語があります。

実際に存在するスカーフはどれでしょう。

a.風をあつめて

b.風が吹くとき

c.風にまかせて

 

第5問 以下の日本人デザイナーのなかで、エルメスのスカーフをデザインしたことがあるのは誰でしょう。

a.川久保玲(コム・デ・ギャルソン)

b.山本耀司

c.三宅一生

 

第6問  正しいものには◯、間違っているものには×をつけなさい。

(  )銀座エルメスビル屋上の騎士像が手にしているのは、エルメスのスカーフである。

 

スライド1

 

(  )世界一売れたスカーフとして、ギネスグックに認定されているのは「ブリット・ド・ガラ(式典用馬勒)」である。

(  )「ブリット・ド・ガラ(式典用馬勒)」には、約60色のカラーバリエーションがある。

(  )スカーフの4隅の柄は、すべて異なっている。

(  )縁かがりをしているほうが表面である。

(  )2009年、エルメスが初めてコラボした日本映画は『東京島』である。

 

 

 

スカーフのワークショップは、単に結びかたをレッスンするだけではありません。

スカーフにちなんだ話題や意外な小ネタも紹介しています。

ファッションって、知れば奥が深い。

とくにエルメスのスカーフは、1枚に壮大なストーリーがこめられていたり。

 

「そんなことがあったんだ!」

 

みたいに思わず誰かに話したくなったり、ひとりで思い出してニンマリしたり。

楽しいことは身近に感じられるから、スカーフをどんどん使ってみたくなるでしょう。

どんどん使うことがアレンジ上手になる近道だから!

 

正解は明日、発表。

おたのしみに♪

 

ワンパターンは卒業!
スカーフ&ストールで新しい魅力発見
2月3日(水)13:00~14:30
定員:6名
会場:心星ポラリス(阪急御影駅前)
会費:5000円(税込)

もちもの:スカーフ、ストール、お顔が写る大きさの鏡

※基本編、実践編の2部構成です。
 実践編は参加者にあわせて内容が異なります。


お申し込みはいますぐ、
こちらから。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

※参考文献:

「カレ物語 エルメススカーフをとりまく人々」婦人公論編集部編 中公文庫

「エルメススカーフを華麗に結ぶ!」光文社ポケットムック

「四季のおしゃれスカーフ」光文社ポケットムック

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。