スタイリングからクリエイティブまで、あなたの強みを“見える化”する、
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

ワードローブカウンセリングに伺うと、口を揃えておっしゃいます。

「服はあるのに、着るものがない」

と。
そうなんです。
みなさん、わかっていらっしゃいます。

 

着るものがないのではなく、組み合わせがわからないことを。

 

組み合わせがわからないので、セットアップで買う。
すると、それ以外はどう組み合わせていいかわからない。
そして、ワンパターンしかコーディネートできない服が増えていく・・・

そういう悪循環になってしまうんですね。

新しい服を買う前に、試していただきたいことがあります。
ワードローブカウンセリングに伺ったら、必ずお願いすることでもあるのですが。
洋服だけでなく、スカーフを出していただくんです。

 

宝の持ちぐされになっていたら、もったいないですよね。サロンでは教材としてスカーフ類をご用意しています。

シャツとデニムだけのシンプルな組み合わせも、

ピンク系の無地のスカーフか、
ブルー系のプッチプリントのミニスカーフか、
エルメスのオレンジベースの馬車柄か、
どのスカーフを合わせるかで印象が変わります。

合わせるスカーフで、バッグや靴を変えるとまた印象が変わります。
エルメスだからハイヒールで決める方法もあります。
あえてスニーカーでくずす方法もあります。

 

 

同じ結びかたをプチスカーフ、45×45cm、90×90cmと大きさを変え、色や柄を変えて試してみました。1枚のシャツもこんなに印象が変わります。

 

 

どっちが正解じゃなく、どっちも正解なんです。

どう見せたいか。
誰に会うか。
どこに出かけるか。
どんな気分か。

 

それで使い分ければいいんです。
コーディネートについては、あとはバランス。
ワードローブカウンセリングなら、その場でご提案させていただきます。

数パターンの結びかたをマスターできるだけでも、着こなしの幅がひろがります。
新しい服を買う前に、まず、スカーフをチェックしてみてくださいね。

 

同じ白シャツに同じスカーフを結びかたを変えて。ブローチのような飾りはじつはピアスです。一対の片われをなくすことはよくあります。こんなふうに使えばお気に入りを諦めなくても大丈夫。

 

じつは、ワードローブカウンセリング後にオプションのコーディネートブックをオーダーいただいた方にだけ、スカーフのテキストをサービスでおつけしていました。

このテキストをアレンジして、1月、2月に開催するワークショップご参加のみなさまにもお渡しします。
この機会をお見逃しなく。

 

① 2016年1月のファッション・ランチョン
1月26日(火)10:00~12:00
定員:7名
会場:天満橋アワヒニ
会費:6,000円(税込)
軽食、スイーツ、ドリンクつき
※今回よりテキストを配布します。
※お誕生月の方にはプレゼントがあります。
お申し込みの際にお知らせください。
もちもの:スカーフ、ストール、お顔が写る大きさの鏡

②ワンパターンは卒業!
スカーフ&ストールで新しい魅力発見
2月3日(水)13:00~14:30
定員:6名
会場:心星ポラリス
会費:5000円(税込)

もちもの:スカーフ、ストール、お顔が写る大きさの鏡

※両日とも、基本編、実践編の2部構成です。
 基本編の内容は同じですが、
 実践編は参加者にあわせて内容が異なります。


お申し込みはいますぐ、
こちらから。
①、②いずれかをお書きください。

 

ワードローブカウンセリング(3〜4時間、30,000円税・交通費別、時間が超過しても追加分はいただきません)については、メールのみの対応とさせていただいています。
お申し込み、お問い合せはこちらから。

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。