スタイリングからクリエイティブまで、あなたの強みを“見える化”する、
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

セミコングランプリ出場にあたり、もうひとり、衣装を担当したのがみっちょんこと金井みちよさんです。

 

みっちょんからはご依頼が2点ありました。
ひとつはグランプリ出場をかけた、予選大会の衣装。
もうひとつはロータリークラブの講演用です。

講師として登壇するという意味ではおなじ。
美脚づくりが健康でしあわせな人生へのパスポートであることは、みっちょんの一貫したテーマです。
が、対象者や目的が違います。

まず、ロータリークラブの衣装について。
講演会の会場や会員の方が講師に期待されることなどを実際にクラブのメンバーの方にリサーチしました(地域は違いますが)。

健康、美脚というテーマなら、スーツだとちょっと堅苦しい。
スポーツウェアはデモンストレーションをしないので、方向が違う。
若々しく、華があるスタイルのほうが好まれるようでした。

 

そこでご提案したスタイルです。
みっちょんのアスリート的な体型を美しく見せながら、イキイキと活動的で、いまという時代の最前線を(美脚で)歩いている女性のイメージ。

 

 

ライダーズジャケットは、上半身優位のV型体型と骨格にぴったり。
カジュアルなアイテムですが、きれいめのボトムスやドレスと合わせれば、きちんとした印象をつくれます。
今回選んだタイトスカートは、ジャン=ポール・ゴルチェのコレクションから。
ファスナーで前スリットの長さを調整できるのがポイント。
講演では下までおろし、グランプリの懇親会などパーティでは少し上げて、きれいな脚線を見せることができます。

講演は好評で、別のロータリークラブからもご依頼があったとか。

 

グランプリ予選用には、これまでのみっちょんのイメージとはすこし違うものを選びました。

ヒアリングの段階で、セミナーのコンテンツはまだ決まっていませんでした。
みっちょんは優勝者の部にエントリーしています。

 

第27回大阪セミコンにて

 

優勝したときのコンテンツで、充分、横綱相撲がとれるんです。

あ、みっちょんは柔道だから黒帯試合か?

でも、もっと磨きをかけたい。
もっと上をめざしたい。

優勝者としてではなく、挑戦者としてグランプリをめざしてるんですね。
その気概がすごいと思いました。

 

みっちょんにとって“美脚”は入口にすぎません。
美脚は健康でしあわせな人生の象徴なんですね。

 

健康は美しい。
美脚で一生元気に生きる。
それって、とてもしあわせなこと。

 

運、不運のように他力に影響されない。
自分の努力でつかめるしあわせ—それが美脚になることです。

 

そういうことを考えて、指導している人です。
そんな考えの持ち主で、自分で理想の体型をつくりあげたみっちょんだから着こなせるものを選びました。

 

 

「着たい服NG」の時代があったからこそ美脚になりたい人の気持ちがわかるんでしょうね。

 

テーラードジャケットとショートパンツのセットアップは、パリコレのデザイナーズブランドを扱っているセレクトショップのオリジナルブランドです。
国内でも数点しか流通していません。
カッティングが美しい構築的なシルエットです。

インナーにデザイン性の高いトレーニングウェアのトップスを着れば、ジャケットを脱いでデモができるようなコーディネートにしました。

 

靴はノーネームのインヒールスニーカー。
長い脚がますます長く見えて、かつスポーティです。

この衣装は、みっちょんにとっても冒険だし、挑戦だったと思いますが、予選を2位通過し、グランプリに進出されました。

 

 

ブログ用にみみっちを撮影中。

 

 

コンテンツが明確になったみっちょんは、衣装について再考し、ポートレートに使っているスポーツウェアに変更したいと申し出がありました。

 

「いちばん自分らしいと思うスタイルにしたい」

 

気持ちと衣装が合っていることはとても大事です。
グランプリのコンテンツづくりを通して、自分らしいスタイルを再確認できたんですね。
靴を新調されたいとのことで、ショートパンツに合わせ、濃いピンクのスニーカーをおすすめしました。

 

じつは、セミナーのスライドにもこのスタイルで撮ったポートレートが使われています。
スライドで着用している服装とその横で話している本人が同じ服装をしていることは、オブザーバーにとって違和感がありません。
一貫性を見ためで伝える有効な手段のひとつです。

 

10259098_1015630355149485_7747083523521559839_o

結果、みごと3位に入賞されました。

 

 

これからの高齢化社会、みっちょんのようなトレーナーは待ち望まれているはずです。
グランプリという大舞台を経験して、来年はさらに活躍の場を広げていかれるでしょう。

みっちょんが伝えたい「美脚で健康としあわせな人生」を手に入れる女性(男性も)が増えるよう、わたしも応援していきたいと思っています。

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。