あなたの強みを“見える化”する、
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

大阪のひとは、よく“しゅっとした”と言います。
ほめ言葉です。

標準語には翻訳しにくいのですが・・・

スマートな
スタイリッシュな
垢抜けた
洗練された
今ふうの
カッコいい
颯爽とした

・・・そんなニュアンスでしょうか。

セミコングランプリのエンディング・ムービーの編集をしたことは前にも書きました。

明解!誰にでもできるエンディングムービーの作りかた(1)
明解!誰にでもできるエンディングムービーの作りかた(2)仕込み編
明解!誰にでもできるエンディングムービーの作りかた(3)現場編

時間の関係で3回めの休憩以降を反映できないんです。
授賞式や記念撮影のシーンを当日は入れられませんでした。
そこで、一部を差し替えたディレクターズ・カット版(←言ってみたかった。笑)を、facebookのグランプリ交流のグループにアップしました。

それで思ったんですけど。

最後の記念撮影が、まさにその“しゅっとした”感じ。

撮影:かんばやしちあきさん

みなさん、とても舞台映えしますよね。

これはとても大事なことです。

池上晋翔さんの衣装を担当させていただいたことは前にも書きました。
金井みちよさんは敗者復活戦と懇親会の衣装を。

最初から、全国大会を視野に入れて選ばせていただきました。
おふたりとも、その方向で進めようと話し合いました。

これからの時代、人前に立つひとにとって、舞台映えはますます重要な要素になるでしょう。

Skitterphoto / Pixabay

講師であれ、プレゼンターであれ、コンテンツを磨くのは当然です。
教えかた、伝えかた、話しかたなど、パフォーマンスがよければ、もっといいでしょう。
でも、コンテンツもパフォーマンスもおなじくらいよかったとしたら。

ダサい人とカッコいい人、どちらから話を聞きたいですか。

外見と社会的地位の関係について研究したノースカロライナ大学の論文によれば。
ダサい人よりカッコいい人のほうが有能と判断されやすいという結果が報告されています。

おなじお金を払うなら、カッコいい人がいいということですね。

誤解しないでいただきたいのですが。
イケメンや美女がいいということじゃありません。

“しゅっとしてる”—まさにそこなんです。

セミコンに参加する方のレベルは年々上がっています。
プレゼンもTEDなどが各地で開催されることで、スキルがとても向上している。
同時に、観る側の眼も肥えてきています。

となると精度や完成度の高さが求められるようになりますよね。
コンテンツはもちろん。
パフォーマンスやルックスを含む“見せかた”—
あるいは“魅せかた”が問われる時代に入ったということです。

自分をどう見せるか。
つまり、セルフプロデュースですね。

Unsplash / Pixabay

レベルが上がるほど。
ステージの規模が大きくなるほど。
人前に立つひとには、セルフプロデュース力が求められるようになるでしょう。

このブログでは、そういう方のために、装いや見せかたのヒントを紹介しています。
お役立ていただければ幸いです。

自力で確信がもてないなら、センスのいい友人、知人に相談なさってください。
よく買い物をされるショップに信頼できるスタッフがいれば、力になってもらいましょう。
専門家が必要でしたら、わたしたちのようなスタイリングのプロをお訪ねください。

そのとき、どうか思い出していただきたいんです。

明日のセミナー、明日のプレゼンではありません。
めざしている、いちばん大きなステージにふさわしい衣装、という視点を。

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。