スタイリングからクリエイティブまで、あなたの強みを“見える化”する、
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

ファッション・ランチョンも毎回、新しいスライドをつくってます。
今回はかなりパワーアップ。
クリスマス映画ベスト5、お楽しみに。
11/27、ファッション・ランチョン、お申し込みはこちらから。

 

プレゼンやセミナーを見ていて、「あ、ここちょっと惜しい!」と感じることがあります。
小技なんだけど、知ると知らないとでは説得力が違います。

とくにまだ資料づくりに慣れなくて、

・ひととおりつくってみたけど、改善ポイントがわからなくて不安

・あと数時間しかないけど、手っ取り早く見栄えをよくする方法を知りたい

・なんとなく物足りない、インパクトが弱い気がする

そんな資料に効果的。
小さな違いが大きな結果の違いをうむことがあるんです。
カンタンなわりに効果が大きい画像の扱いかたについて、ヒントを3つ。
プレゼンまであと3時間あればできる、見直しポイントです。

 

1)寄る!
1スライドに1画像でいいんだけど、なんか弱い。
それは寄ってないからです。
グッと寄ると、押し出しが強くなります。
たとえば対面して話していても、身を乗り出すときってありますよね。

 

あれをスライドでもやりましょう。
こんな感じ。

ヒトサマの顔の前に顔を突き出すのは勇気がいります。
引かれちゃったらどうしよう、なんて。

スライドの文字や画像を大きくするのも、案外勇気がいるんです。
肚が決まってないとできません。
それは資料からオーディエンスに伝わります。

文字、画像の大きさは、プレゼンターの覚悟の大きさに比例します。

あまり大きいと下品だし、なにもかも大きくすればいいわけではありません。

 

でも!

 

デザインのバランス的なことは、あと3時間の段階で考える余裕はないはず。

なので、「なにか物足りない」スライドについて、とにかくギリギリのところまで寄っていく。
書体もできる限り大きくしてみる。

インパクトが足りない、と思ったらぜひお試しください。

 

2)引く!
プレゼンでもセミナーでも事例としてよくあげられるのが「ビフォー/アフター」です。
これを見せて会場から「おお〜」と声が上がれば、勝ったようなもの。

 

残念ながら、実物を見れば「かなりの」変化でも、写真にすると「???」ってことが結構あるんです。
「ビフォー/アフター」は劇的でなければ逆効果。

 

でも、ちょっとした工夫で改善は可能です。
それは写真の上から補助線を入れること。

スライド2

スライド3
「ほら〜、こんなに変わったでしょ?」

と、多少強引ですが、自信満々に口頭でもフォローしてくださいね。

 

 

3)透かす!
なーんかゴチャゴチャしてるぞ!
というときは、とりあえず透明化してみる。
写真はもちろん、図形とかテキストボックスの背景とか。

透明化できることを知らない人、案外多いのです。

 

 

Mac版だとここにあるんだけど、windowsの方は「図の書式設定」とかを探してみてください。

 

スライド3

スライド4

 

もちろん。

これらはみんな小手先です。
プレゼンで重要なのは当然ですが、なかみです。
それをふまえたうえで、

レイアウトが、
色彩構成が、
書体の選びかたが、
写真が、
図解が、
チャートが、
意味のある動きが、
それらすべての見せかたが、

効いてくるわけです。

んなことわかってるけど、時間がないんだい!
ってときは、せめて小手先くらい押さえましょう。

できることはやっておくのが、オーディエンスへの配慮です。

 

さらに!
あともう1時間しかない!
でもなんとかしたい!そんな方には、こちらをおすすめ。

手っ取り早くスライドをパキッとする方法♡

 

われらがパワポ隊長・市川真樹さんのブログです。
とても勉強になりますが、あと残り1時間なら、プレゼン終わってからゆっくり読んでくださいね。

健闘を祈ります。

では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。