エチケットは他者への思い やりに基づく行動の規範であり、良いマナ-とは、この規範に則って生活をしようという人々の温かい心 や善意である。
―エミリー・ポスト
(『Emily Post’ s Etiquette』より)

 

 

スタイリングからクリエイティブまで、あなたの強みを“見える化”する、
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

11月20日(10:30~)のスタイリング・グループレッスンに1席キャンセルが出ました。
年内のグループ・レッスンは、これで最終です。
迷っておられる方はこの機会にいかがですか。
お友だちとお二人でのお申し込みでもだいじょうぶ。
お申し込み・お問い合せは、こちらから。

 

 

 

日本パーソナルメイク協会(JPM)パーソナルメイクコンテスト グランプリ&クリスマスランチパーティに参加しました。

 

JPMさんには、認定証をデザインさせていただきました

 

スライド1 スライド1

 

この認定証をお持ちの卒業生のみなさんは、わたしにとって娘の嫁ぎ先のような気持ちがちょっぴりあります。

 

15111705

 

コンテストは山口あゆ美さんが優勝。
競技ですから順位はつきますが、参加された7名全員が輝いていました。
メイクのすばらしいところは、お客さまを輝かせて、じぶんもまた輝くところですね。

 

 

宮脇さん(中央)と中村さん(右)と

 

 

コンテストに果敢に挑戦された、おなじパーソナルコーディネーター協会のメンバーである宮脇由美子さん、そして国際スタイリングカウンセラー協会の仲間でもある中村さゆりさんと。
さゆりさんは由美子さんのモデル役を務めました。

 

コンテストの後のランチパーティは、審査員でもあったmodel & beautyschoolセンス校長で美容作家の豊川月乃さん、社)JPN美容矯正セラピスト協会代表理事の山口勝美さん、アイブロウ王子こと木梨純平さんのミニセミナーあり。
ペネロペ・ヨハンソンのファッションショーありと華やかです。

 

 

15111502

 

ショーにはセンスのプレミアムコースで同期の松原立恵さん、山岸加代さんやスタンダートコースでお世話になった優子先生、悦子先生、中井真実先生も登場。

 

ちょっとした同窓会の気分。

 

パーティはお昼の開催でした。
ときどき、相談を受けることがあります。

 

お昼のパーティに背中が大きく開いたロングドレスを着てもマナー違反にならない?

 

厳格なフィニッシングのマナーブックには、たしかにNGと書いてあります。
キラキラ光るジュエリーも毛皮も、蛇革なんてとんでもなーい!
・・・とかね。

 

 

センスでお世話になっている月乃先生と。

 

でも、このパーティは女性を輝かせる協会が、輝く女性を応援するための集い。
お互いの輝きを讃えあうためにも、最大限に美しく装うことが、いちばんのマナーです。

 

マナーの語源(manners)の語源の正確なところは定かではありませんが、有力なものとして2説あります。
ひとつはラテン語で「手」を意味するマヌス(manus)。
これにいろいろな単語が結びついて派生したのが、

manus(手)+ cure(世話する)→manicure(マニキュア)
manus(手)+ fendere(打つ)→manifesto(マニフェスト)

manage(マネージ=運営する)、manual(マニュアル=手動、手引き書)、manufacture(マニファクチャ=工場制手工業)など。

相手に対して気遣いをし、手を尽くすことを形式化したのがマナー、ということなのでしょう。

 

もうひとつはラテン語の「滞在する」という意味のマナー(manēre)から派生したという説。
中世イギリスの「荘園・領地(Manor)」に、地域の紳士が集うコミュニティとして建設されたマナハウスで、文化的素養や振舞、博愛精神を磨いたことから関係があるのではないか、といわれています。

 

マナーは“コミュニケーション”を円滑にするための手段。
とき、ところ、状況によって、柔軟に解釈したいもの。

 

「マナーを理解しない人を排除する基準」にするのが最大のマナー違反なんです。

 

だけど、ここにはそんな人、いません。
素敵なおとなの女性が集まりました。
“一人ひとりの女性が自分らしく輝く”という美余さんの想いが伝わっているからだと思います。

 

JPM理事長の福井美余さんと。輝く女性のお手本です。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

 

クリスマスから年末年始にかけて、ドレスアップの機会が増えますね。
自分らしく輝くドレスアップについて、ヒントをお伝えします。

 

 

ファッション・ランチョンについて、くわしくはこちらから。
お申し込みはこちらからどうぞ。

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。