自分に似合う服を選ぶとは、「自分を知る」ことにほかならないのです。
—しぎはらひろ子
(『何を着るかで人生は変わる』より)

 

こんにちは。
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

ファッション・ランチョンの後は、「一流セミナー講師の会」へ。

 

ファッション・プロデューサーで服飾戦略家のしぎはらひろ子先生の「セミナー講師のための服飾戦略講座」に参加。

 

 

ずっとお目にかかりたいと思っていた、しぎはら先生にようやくお会いすることができました。

 

しぎはら先生は、多くのブランドの立ち上げや成功に寄与してこられました。
広告・販促業界からファッションと関わってきたわたしには、業界のゴッドマザーという感じ←すごく尊敬しているという意味。

 

近刊の2冊は、出版されたその日に書店に走り(ほんとうに走った。笑)、その日のうちに読了しました。

 

 

昨今、パーソナル・スタイリストという職業の認知度が高まってきたせいか。
それとも「なりたい人」が増えてきているせいか。
ファッション本の出版がさかんです。

仕事柄、ファッション本が出ると必ず目を通します。

 

が。

 

しぎはら先生の本は、いわゆるファッション本とは違います。

 

この本の画期的なところは、ファッションについて書かれた本だけれど、“おしゃれ”の本ではないこと。

これは、「おしゃれじゃない」ことに引け目を感じているひとにとって福音でした。
だって、おしゃれじゃなくても、センスがなくても素敵になれるということだから。

 

ファッションはこれまでセンスや感性などで捉えられがちでした。

 

p08L

於鹿鳴館貴婦人慈善会之図 (早稲田大学図書館所蔵)

 

それは洋装は日本人にとって異文化からの“輸入品”だったからです。

装いは、固有の民族性やその文化を背景にうまれるもの。
日本では、その部分が抜け落ちたまま、モノとしての洋服が普及していきました。
だから表面的なこと、感覚的なものとしてしか捉えられなかったのではないか—

 

単に防寒、カラダの保護、みだしなみとしてなら、誰でも服を着ることができます。
でも、洋装にはポケットの雨蓋やジャケットのボタンの位置といった細かいことにも、すべてルーツがあり、理由があります。
洋服や革ものの老舗ブランドにも歴史と格があり、使うべきとき、使うべき人に暗黙のルールがあります。

 

そこを知らないで、日本人がかつてパリの本店に押しかけて。
ネクタイやらスカーフを旅行土産に大量買いし、眉をひそめられた時代がありました。

 

「おしゃれでなくてもいい」
というのは、センスもファッションに関する教養も造詣もなくていい。
本に書かれているロジックに従って装えば、実際にそれらがなくても「あるように見える」から、ということです。

 

image_s2_2_02

貴女裁縫之図(東京古典籍資料室)

 

わたし自身は、おしゃれな人とそうでない人の違いは「服に対する経験値の違い」だと思っています。

歴史や文化にはじまり、デザイン、素材、カッティングから製造、流通の行程、そして販売の現場にいたるまで。
どれだけ服を知っているか
—そこに尽きます。

 

一般の人にとって、そのあたりはブラックボックスです。
だからセンスとかトレンドという表面的なところから先に進めなくなってしまう。

 

プロはそれを知っています。

 

プロ中のプロは、その知識を戦略的に使って、装いの力で人を「なりたい人物」にします。

 

しぎはら先生の洋装に対する広範囲な経験と人間に対する深い洞察があるからこそ、「おしゃれでなくてもいい」と断言できる。

ふつうの人が本を読まないまま、おしゃれをやめたら、ただのダサい人になってしまうので、くれぐれも早とちりしないでくださいね。

 

セミナーでは首がもげるくらい頷いていたらしく。
後ろに座っていた泡盛マイスターの伊藤薫さんはその振動を感じていたそうです(ごめんなさい)。

 

服飾戦略とは、服装によって、その個人資産=魅力を最大限に有効活用すること。
魅力を知るとは、自分を知ることにほかなりません。

 

おしゃれに見える人、素敵な人、その魅力の理由は、自分を知っていて、うまく表現できているから。
その表現がビジネスにベクトルが向くと「稼げる」「成功する」に変わります。

 

 

来春は3冊めを出版予定とのこと。
待望の男性版だそうです。

 

わたしもまた書店に走ります。

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

 

=information=

11月のスタイリング・レッスン(全1回:2時間30分)
・11月20日(金)10:30〜

男性にも対応しています。お問い合わせください。
※パーソナルレッスンは、上記以外の日程での別開催日も可能です。
※グループレッスンは2名以上からの開催となります。
 2名揃えば上記以外の日程での別開催日も可能です。
    ご相談ください。

【会場】
ワンストップ・ビジネスセンター心斎橋


【コース

a.グループ・ワークショップのみ
b.グループ・ワークショップ+ショッピング・クルーズ

いずれかをお書き添えのうえ、送信願います。
お申込はこちら

 

受講料】(価格はすべて税込)
a. スタイリング・グループレッスン(10,800円
b. スタイリング・グループレッスン+ショッピング・クルーズ(21,600円
※希望者が定員を超えた場合は、改めて追加日程を検討いたします。

※ショッピング・クルーズはオプションです。
(トレンド・ミニセミナー付き約2時間)
スタイリングレッスンで学んだことを試着を通して実感していただけます(購入の必要はありません)。
学んだことが「肚に落ちる!」「納得できる!」、これから自信をもって服を選べると大好評。
あわせて受講されると、捨てる前の“選ぶ力”がつきます。

※途中、ランチをはさみます。

 ランチ代は別途(1,500円程度)となります。

===========================

イメージ・コンサルティングは
現在、メールにて随時応対しています。
お気軽にお問い合わせください。

 
===========================

ファッション・ランチョンも受付中です。
くわしくはこちらから。
お申し込はこちらか、
facebookのイベントページからお願いします。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。