こんにちは。
アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

YouTube Preview Image

 

 

10月29日。
ファッション・ランチョンが近づいていきました。
今回はメイク特集。
初のワークショップ形式になります。

 

 

コンサルをしていて、いちばん驚かれるのはメイクなんですよね。

 

 

「えー、こんなの初めて」

 

 

と言われることが多いです。

ほとんどは外資系化粧品会社時代に、現場で身につけたことです。

 

当時、わたしは30代なかば。

40代後半以降の方と20代の方とでは、おなじメイク方法ではうまくいかないことに気づきました。
美容部長や上司が40代、50代。

お手本はすぐそばで見つかりました。

そのとき知ったことがいま、役立っています。
もちろん自分自身にも。

 

時間の関係でポイントメイクが中心になります。
きょうはひとつだけご紹介しますね。
これも当時の先輩から教わった方法です。

女性にとって、チークは必須です。
血色を与え、肌をいきいきとして見せます。

 

なのに、チークは使わない、または持っていても使わない方が多いアイテムです。

入れ方がわからないというのもありますが、それ以前に選びかたがわからない方も多いようです。

 

パーソナルカラーを知らなくても、自分に似合う色が見つかる、カンタンな方法。
それがこれ。

 

 

IMG_2313

 

指の第一関節を強く押さえてください。

肌を通して見える血色の色、これが似合うチークの色です。
ピンク系の口紅やグロスの色としても使えますね。

あまり長時間押していると色が悪くなってくるので気をつけて。

 

爪の赤みも同系色ってわかりますよね(というわけでエナメルを塗っていません)。

 

ワークショップでは、みんなで見比べてみましょう。
一人ひとり違うので、おもしろいですよ。

つづきは、会場で。

 

今月から、お誕生月の方をいっしょにお祝いします。
新たに参加される方で、該当される方はお知らせくださいね。

 

ファッション・ランチョン、お申し込みはこちらから。

 

お問い合せはこちらからどうぞ。

 

 



では、本日もアドバンストな一日を。

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。