もしも私が死んだら あなた
きっと涙を流して あなた
見えなくなった 私の眼も
涙を流すでしょう
白い絹をまとい 白い花にだかれ
ひとり眠る私だけれど
誰よりきれいと
誰よりきれいと
あなたに言われたいの
(『私が死んだら』より
作曲:なかにし礼 作詞:川口真
歌:弘田美枝子)

 

 

 

こんにちは。
アドバンスト・スタイリストの
やまだみゆきです。

 

以下にあげるみなさんには
共通点があります。

 

さて、なんでしょう。

 

浦沢 直樹
ナスターシャ・キンスキー
清水 ミチコ
アンソニー・ロビンス
銀色 夏生
野宮 真貴
柘植 伊佐夫(ビューティーディレクター)
石田 衣良
ダニエル・カール
ロジャー・テイラー(デュラン・デュラン)
ボノ(U2)
松尾 貴史
庵野 秀明 
水沼 貴史
荒木 飛呂彦
浅野 ゆう子
美保 純
角松 敏生
サラ・ブライトマン
サンプラザ中野
ショーン・ペン
三池 崇史
カル・リプケン Jr.
野田 聖子
紺野 美沙子
辻 慎吾(森ビル社長)
涼風 真世
氷室 京介
真田 広之
生瀬 勝久
九代目 中村 福助
ディエゴ・マラドーナ
ティム・クック (Apple CEO)
ティルダ・スウィントン
ダンプ松本
ジョン・ガリアーノ(ファッション・デザイナー)
ジュリアン・ムーア
佐藤 浩市
宮部 みゆき

 

 

・・・そして・・・

 

 

川島 なお美

 

 

 

いやー、
すごい面々・・・
経営者からオスカー女優まで。
宝塚大劇場からサンプラザ中野まで(違)。

 

 

もうおわかりだと思いますが、
みなさん1960年うまれなんですよ。

 

ごっつ若い(ように見える)方から
ごっつ貫禄ある方まで。

 

どなたにもお会いしたことないですが

・・・あ、U2のライヴには行ったし、
野宮真貴さんはパーティで
何度もお見かけしているし、
福助さんが出演された歌舞伎と
第三劇場やそとばこまちの芝居と
キッチュはモンティ・パイソンがらみのイベント、
あと宝塚も何度も観に行ってたんだった

 

・・・というわけで。

 

どなたにも面識はありませんが、
みなさん1960年うまれ。
つまり、ワタクシめと同い年ですので、
好き嫌いは別にして、
勝手にシンパシー抱いてますの。

 

だって、同じ時代を生きてきてるから。

 

9代め中村福助さんは誕生日もおなじ。
マラドーナはその翌日。

若くして頭角をあらわしたマラドーナが
スキャンダルを起こすたびに、なぜか心が痛む。

あの福助さんが大のウルトラマンファンであるとか、
タカラヅカのファンでもあって、
涼風真世さんにカツラを借りて
オスカルのパロディ劇をやったとか聞くと、
すごくうれしいし、なんかわかる気がする。

 

だって、同じ時間を生きてきてるから。

 

同時代に生きる、
同い年うまれの活躍もスキャンダルも。
そして鬼籍に入られたという報道も。

 

ぜんぶ、自分を見つめ直す機会です。

 

川島なお美さんのことは
よく知りません。
特段ファンではなかったし、
女子大生ブームの頃から
ずっと同世代女性の先頭を走ってるという
印象だけはあったというくらい。

今井雅之さん
(1961年うまれだから1歳下ね)の
ときも感じたけれど、
俳優や女優という
ルックスを最大の“売り”にする職業の方が、
闘病する姿を見せるということ。

 

その勇気と決意に対して、
どれだけの覚悟をもって臨んだのか。
それを考えると言葉が出ない。
言葉の代わりに涙が出てくる。

 

川島なお美さんのことは
よく知りません。
だけどわたしだったら、
病気をおしてがんばってた姿より
元気だった頃の顔を
覚えておいてほしいなー、と思う。

 

誰かに覚えておいてほしいとき、
自分のどんな顔を覚えておいてほしいですか。

 

その顔で、
その心で、
まいにち生きていたいよね。

 

川島なお美さんのご冥福をお祈りします。

 

stevepb / Pixabay

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。