クリエイターと呼ばれる人は、みんなを幸せにしないといけないんだ。

—マシュー・レインハート(ロバート・サブダ共同経営者)

 

こんにちは。

アドバンスト・スタイリストのやまだみゆきです。

 

9月24日に第4回ファッション・ランチョンを開催します。

 

今回のテーマは“きれいに効く、読む美容液・おしゃれ本”と題しまして、おすすめ、おしゃれ本の特集です。

 

おしゃれ本とは・・・

・日々のおしゃれに役立つノウハウがある

・おしゃれが楽しくなるヒントがある

・おしゃれに対する価値観が変わる

・見るだけでセンスアップするデザインや装丁

 

ソンナカンジー。

 

本といえば・・・

 

2011年、東北の震災があったとき、わたくしまだ東京住まいでした。

蔵書約6,000冊がこんな状態に・・・

 

 

いやー、家にいなくてよかった・・・

 

仕事で千葉・海浜幕張の高層ビルにいました。

当然のように帰宅難民になり、翌日、マンションのドアをあけたら・・・

本が好きすぎて。

その後、2度の引っ越しでかなり処分しましたが、新しい本を買った分が増え、5.5帖の倉庫を借りて納めています。

なんとか4帖くらいにしないと・・・

 

小学生の頃、どんな大人になりたいか聞かれて、

 

「好きなだけ本が買える人になりたい」

 

と答えました。

お洋服も大好きでしたが、ファッション雑誌にはすてきなお洋服が載ってますからね。

売れっ子フォトグラファーが撮ったハイブランドをまとうスーパーモデルの写真で、おしゃれ心を満たすことはできました。

だから、ファッション・デザイナーではなく、ファッション広告やファッション・カタログをつくる、クリエイターをめざしたのかも。

 

24日には、着こなしに役立つ実用書だけでなく、おしゃれ心にインスピレーションを与える本を紹介したいと考えています。

ジャンルも写真集、画集、コミック、絵本、エッセイ、洋書など幅広く。

なるべく入手可能なものをご紹介する予定(一部絶版もあります)。

 

きょうはそのなかからひとつだけ。

“紙の魔術師”として知られる、ロバート・サブダのしかけ絵本、『クリスマスの12日』“The 12 Days of Christmas”を紹介します。

 

いまでこそ日本版もたくさん発行されていますが、わたしが初めて入手したときは英語の原書しかありませんでした。

それまでのしかけ絵本にはないシンプルでミニマムな美しさ、モダンな造形感覚にひとめで夢中になりました。

US.amazonで何冊も個人輸入して、どれだけ友人にプレゼントしたか・・・

童話をモチーフにした子ども向けの作品や図鑑シリーズが大ヒットしたサブダですが、わたしはやっぱり“白”を基調としたクリスマス絵本のシリーズが大好きです。

カラーブロックのドレスやトップスが大流行していますが、それに通じる大胆な色づかい。

子どものもの、あるいは一部のマニアのものだったしかけ絵本をおとなの鑑賞にたえうる作品にした功労者のひとりでしょう。

いったいどういうふうにアタマをつかえば、こんなおもしろい立体ができるのか。

つねづね不思議でしたが、サブダの公式サイトには、彼が考案したポップアップカードのテンプレートが惜しみなく公開されています。

こういうの、贈ってもらえたら、うれしいですね。

 

わたしもクリスマスが近くなると、サブダの本のページを開いて部屋に飾ります。

 

見て、読んで、使える1冊です。

 

定員8名ですが、facebook以外でもお申し込みをいただいているため、残席2です。

お申し込みはこちらから。

facebookに登録されていない方は、こちらからお申し込みください。

ご参加表明いただいている方には、本日から明日にかけて改めてご案内をお送りしますね。

 

当日は、みなさんお気に入りの“おしゃれ本”を1冊お持ちいただき、ご紹介いただけるとうれしいです!

 

では、本日もアドバンストな一日を。

 

 

The following two tabs change content below.

miyuqui yamada

講師、講演家、コンサルタントなど人前に立つ人の外見と内面を装いでイメージアップする専門家。 34年間クリエイティブ業界において、アパレル、化粧品、流通大手企業をクライアントに、広告制作・販促・編集企画のディレクターとして、数百回のプレゼンと2500名以上の成功者の取材・寄稿に関わり、「勝つ人」「成功する人」の外見に興味を持つ。92〜95年、外資系化粧品会社にて2000名以上の女性にメイクとファッションのセミナーを実施。2014年STYLE&PLAN設立。自身のプレゼン、講師経験をもとに衣装を担当したクライアントがセミナー講師コンテスト入賞・優勝を続々と果たす。その勝率は8割。「セミナー講師、服装」の検索においてはGoogle検索1位。